« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/29

第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

5週に渡り、毎週Simpanaの機能について公開してきましたが、Simpanaを使ってみたくなりましたか?

今回は、Virtualizationについてです。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=virtualization.html

VMwareMicrosoft Hyper-V、UnixのVirtualization(Solaris、AIX、RedHat)などに対応しています。

仮想化といえばVMwarevSphere/ESXへの対応について、解説します。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/vs_vmware.htm

ESX/vSphereの対応は、 4.x, 5.0.x, 5.1.x, 5.5.x と幅広くより最新の環境についても素早く対応しています。
2013年の秋にリリースされたvSphere 5.5に対してもいち早く対応し、他メーカよりも早く対応表明がされました。

仮想環境用のモジュールは、VSAVirtual Server Agent)と呼ばれます。

Guest OSに、iDAをインストールして物理サーバと同じ方式でのバックアップにも対応していますが、vSphere/ESXの機能であるVADPvStorage APIs for Data Protection)に対応しており、環境に合わせた転送方式(SAN、Network、HotAdd)でのバックアップが可能となります。

仮想化といえば、最近流行りのクラウド。 クラウドについてはこちらを

ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ
YouTube: ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ

ごらんください。

今回で一旦の区切りとなります、補足などがあれば不定期で記事にして行きます。

それではまた、次回!!

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

CommVault Simpana:番外
クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?

2014/07/28

SSDについてはコントローラのキャッシュ(現金)が全てではない

本ブログエントリーはPernixData社のブログのAndy Daniel氏のブログの翻訳版です。

本記事の原文はWith SSD, controller “cache” is not kingで閲覧可能です。
ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら

PernixDataはフラッシュ仮想化のソフトウェアイノベーションを常にリードすることだけでなく、サーバサイドフラッシュハードウェアの情報源となることでお客様を手助けできればと考えています。そう考えた上で、この投稿は適切なサーバハードウェアの構成について、本シリーズでの最初の投稿になります。

続きを読む »

2014/07/25

7月31日と8月1日でEMC Forum 2014が開催されます!

お久しぶりです。EMC担当の石塚です。
ここ1か月ほどVNXパートナー様向けの設計・導入トレーニング企画の対応でテンパっておりました。
製品概要から見積もり作成、パラメータの決定や導入手順のオーバービューなどを含めた2日間分のトレーニングです。
興味を持たれた方は是非弊社営業もしくは弊社公式サイトからお問い合わせ下さい!

7月31日と8月1日はEMC Forum 2014です!

EMC FORUM 2014
REDEFINE ~新定義~

 http://japan.emc.com/campaign/global/forum2014/event.htm?reg_src=newtop

 

Redefine2

 EMC Forumは毎年開催しているユーザー様、パートナー含めたEMCジャパン全体のイベントです。 基調講演では米国のEMC社本体からエライ人が来て方向性やロードマップなどを説明したり、ゲストを呼んでトークがあったりする「お祭り」です。 今年の基調講演では小泉純一郎元総理大臣が登場!? 何を話すのやら??? 

 このイベントの注目は基調講演ももちろんそうですが、やはり技術者としては新製品の情報/アップデートにあると思います。 少し前に海外でも似たようなイベントがあり、そこで話題になったいくつかの製品が日本国内でもリリースされるのではないかと予想しています。 オールフラッシュなあれとか、スケールアウトな新モデルとか云々・・・ 

 そして、このイベントにはEMCジャパンに協力しているパートナーも出店側で参画します! もちろん我らネットワールドEMCチームもセッションとブースで参加します!! セッション、ブースどちらもVNXe3200を一面に押し出して色々考えています。

 セッションではパフォーマンス検証結果や設計・導入のポイントなどについてアツく語ります。
スピーカーは日本で一番VNXe3200に詳しい弊社ストラテジックプロダクツ営業の藤本と、日本の枠を飛び越えアジアで一番VNXe3200を弄り倒したであろう渡会の2人でお送りします。 このセッションのために新たにパフォーマンス検証を行い、仮想デスクトップ環境向けの現実的な設計のための『真のアーキテクチャ』に迫る予定です。

 ブースの方ではVNXe3200のセットアップのシンプル&簡単さを体験できるコーナーを設けます。 ディスクを管理したり、ボリュームを作成したり、と基本的な操作を行って頂きつつ、そのタイムトライアルを行って上位ランキングには素敵な賞品を差し上げる予定です。 上位4位までには某高級焼き肉チェーンの商品券や某ネットショップ世界最大大手の商品券なども用意しつつ、もちろん参加賞も準備しています! これらを2日両日それぞれに準備してお待ちしています!! 是非弊社ブースにお立ち寄りください!!!
※大人の事情により内容が変更されることもあります。 変更されていても「約束が違う!」と仰らないで下さいね。

では、また次の投稿で。

2014/07/24

ストレージコントローラーのCPUサイクルを無駄遣いするのは止めよう!

本ブログエントリーはPernixData社のテクノロジーエバンジェリストであるFrank Denneman氏のブログの翻訳版です。

本記事の原文はStop wasting your Storage Controller CPU cyclesで閲覧可能です。
ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら

大抵のストレージのパフォーマンス問題に対処しようとするとき、最初の質問はどのタイプのディスクを使っているの?どのぐらいの速さ?どのプロトコルを使ってる?です。しかしながら、ストレージアレイの入り口に問題があることがあります、つまり、ストレージコントローラーです!

続きを読む »

2014/07/22

第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management

今回のSimpanaは、SnapShot Managementの解説になります。

アレイベースのスナップショット機能と連携し、効率的なバックアップ/リカバリの機能をSimpanaは提供します。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=snapshot_management.html

Simpana0715_image04_2

ディスクメーカ毎に、認定が取られており、動作する機能/方式もメーカ毎に違います。 また各種のiDAに合わせた(DBやApplicationと連携)機能も有しています。

これらの機能は、IntelliSnap技術を活用して、実現しています。

ディスク側のSnapShotの実行と管理、その対象データのバックアップを一連の流れで処理します。  

リストア時にも、バックアップ先(二次コピー)のテープやディスクから、あるいは、バックアップに使用したSnapShotからデータを戻すことも可能になります。 バックアップデータの保存場所を指定して、自由度のあるバックアップ&リカバリを一元的に管理できます。

仮想環境で使われるVMwareのvSphere/ESXのVADP、NAS装置のNDMPなどのその分野で一般的な機能と連携したSnapShotにも対応しており、バックアップの頻度や、保存する世代数、保存期間に合わせて、細かな対応が行えます。

動作については、選択されるメーカのディスク装置と環境毎に、動作する機能の確認が必要となります。

メーカ毎に異なるディスク装置を単一プラットフォームで管理できることから、バックアップ製品としてではなく、データ統合管理ソリューションとしてSimpanaは位置づけられています。

それでは、今回の最後に、こちらを

Show Me Simpana - データ管理編
YouTube: Show Me Simpana - データ管理編

ご覧ください。

今回はここまで、次回はVirtualizationの解説になります。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

CommVault Simpana:番外
クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?

vExpert 2014Q2のメンバーが追加されました

少し前の記事になってしまいますが、vExpert 2014Q2のメンバーが発表されています。

前回のvExpert 2014Q1発表時の内容はこちら

vExpertは今年から各Qごとにエントリーができるようになり、新たなメンバーを加えて892名のコミュニティとなりました。

日本からもまた数名追加されているようですが、当社からも1名が新たに選出されています。

  • 中野裕貴   (SI技術本部 西日本技術部)

これで、以前からのメンバーと合わせて当社にはvExpertが7名所属していることになります。

以前の記事にも書いたとおり、vExpertは

vExpertたちはコミュニティーへの素晴らしい貢献や自身の専門性を他の方々へ惜しみなく分け与えた人達です。

vExpertは技術的な認定ではなく、VMwareについての専門性を図るものでもありません。vExpertに選ばれた人はコミュニティに対して素晴らしい還元を行ったり、自ら構築したしっかりとした人脈を通じてコミュニティへ影響を及ぼした人なのです。VCDX資格をとるようなとってもスマートで、すばらしい成功をおさめた人はたくさん居ますが、今年のvExpertには含まれていません。

という人たちのことで、あくまでコミュニティへの貢献に対して与えられる称号ですので、この名に恥じないよう、精進してまいります。

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@pernixdata_netw)

2014/07/21

PernixData FVPとStorMagic SvSANのユースケース

本ブログはPernixDataのシステムズエンジニアであるTodd Mace氏のブログの翻訳版です。

記事原文はPernixData FVP & StorMagic SvSAN Use Caseにて閲覧可能です。
ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら

PernixData FVPのためのコスト効率のよい「容量のレイヤ」を探しながら、Frank Dennemanと私はFVPのユニークな設計の部分部分を解説する様々な原稿を書いて行こうとおもっています。過去のエントリー(訳註:リンク先は英文)で示したようにFVPは仮想環境のリードとライトを高速化することが出来ます。一方で仮想ストレージ・アプライアンス(Virtual Storage Appliance/VSA)は仮想環境に対して、プライマリストレージやデータサービスを提供するためには優れたテクノロジーです。

このエントリーでは、StorMagicが提供しているiSCSIベースのSvSANというVSA製品にフォーカスしようと思います。このSvSANについて幾つか知ると皆さんはきっと驚くと思いますよ!StorMagicのVSA製品は市場で最も多く展開されたVSA製品の一つです。2013年だけで彼らは800%の成長を記録しています!現在のところホスト孤立状態確認をおこなうために通常必要とされる3番目のホストを必要としない、つまり、2ホストから始められる唯一のVSAであるということも忘れてはいけません(詳しくは後述)。

興味深い機能のいくつかをご紹介します:

  • すべてのVSAを中央から一元管理するためのvCenterプラグイン
  • マルチサイトサポート(ROBO/エッジ)(支店/拠点 企業の出張所)
  • アクティブーアクティブのミラーリング
  • クラスタ毎のストレージとノード数の制限なし

SvSANとFVPのコンビネーションは多くの場合において非常に高いコスト効率をできると考えました。これを示すためにそれぞれのテクノロジーがどのように仮想環境のスタックで動作しているのか、少し深い部分を見ていく必要があります。

続きを読む »

2014/07/15

第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication

Simpanaも第四回目となりました。

画像表示に不具合がありましたので、再度編集をしなおしました。

今回は、Deduplicationの解説です。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=deduplication.html

ここ数年流行りの重複排除dedupe)機能をSimpanaも有しています。

いくつかの方式で重複排除機能をSimpanaは使っています。

まず、基本的構成として、MA(Media Agent)Deduplication DataBase (DDB)を作成し、保管/管理を行います。  ※速いディスクを使うことで性能を発揮します。

MA側(Server Side)でのDedupe方式でバックアップすることが出来ます。

下記の図が、重複排除されたユニークなデータの流れです。

左のClient(iDA)からMAにはすべてのデータが渡され、MA内で重複排除処理がなされ、DDBへの登録とディスクへのデータ保存の流れとなります。2回目以降MA内での処理が多少短縮されますが、全体のバックアップ時間は短くなりません。

Simpana0623_dedupe01_2

次に、Source-Side Deduplicationは、iDA(iData Agent)側で重複排除する方式です。

この方式では、Clinet=iDA内で重複排除処理がなされる為、MAに渡されるデータは少なくなります。 一般的なFull/差分(増分)のバックアップと組み合わせることによりバックアップ時間の短縮が計れるようになります。

Simpana0623_dedupe02

MAを複数台で動作させる場合、重複データの管理は、個々のMAに依存します。

複数MA環境で、重複除外を一元管理したい場合には、Global Deduplicationを使うことで、複数MA間に渡り同一の重複データの管理を実現します。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dedup_global/getting_started.htm

次に、Simpanaの特徴的な機能として、重複排除データのコピー機能があります。その機能の名称をDASH copyといいます。 

DASHとは、 Deduplication Accelerate Streaming Hashの略です。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dash_copy/overview.htm

Simpana固有の機能として、重複排除したデータSizeのままデータをコピーする方式を持っています。

※こちらの機能を使う際には十分な要件確認が必要です。 頻繁なリストアには向いていません。 リストア時には十分な空き容量と時間が必要です。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dedup_tape/overview.htm

Deduplicationについてはここまで、次回は、SnapShot Management機能の解説になります。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

CommVault Simpana:番外
クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?

2014/07/14

FVPのモニター機能を使って、アプリケーションのパフォーマンスを調べる

本ブログエントリーはPernixData社のテクノロジーエバンジェリストであるFrank Denneman氏のブログの翻訳版です。

本記事の原文はInvestigate your application performance by using FVP monitor capabilitiesで閲覧可能です。
ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら

「ストレージパフォーマンスの検証方法は高速化プラットフォームを正しく検証できるのか?」という記事の中で、私は高速化プラットホームを評価する際にはアプリケーションの振る舞いを明らかにすべきであるということを推奨しています。アプリケーションの肝となる部分まで深く潜り込んでいったり、コマンドラインツールの山に手を出すでもなく、様々な記録ツールに試すことなく、これを実現するにはどうしたら良いでしょうか?FVPソフトウェアがあるならば、FVPをモニターとして利用することができるのです。

続きを読む »

2014/07/09

フラッシュハイパーバイザーでVDIをスピードアップする

本ブログエントリーはPernixData社のDirector of Product, Solution & Alliance MarketingであるSushant Rao氏のブログの翻訳版です。

本記事の原文はpeed-up VDI performance with a Flash Hypervisorで閲覧可能です。
ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら

本日はお問い合わせを多くいただく PernixData FVP環境下でのVDIのパフォーマンスについての記事となります。原文の翻訳に加え、原文からリンクされてるホワイトペーパーの内容も含みます。少々長文になりますが、非常に有益な内容ですのでぜひ最後までお付き合いください。

VDIはバランスが要求される仕事です。ユーザーは仮想化デスクトップで物理コンピューターでそうだったのと同じで高いパフォーマンスを要求します。しかし、情報システム技術者はこのパフォーマンスをコスト効率よく提供しなくてはなりません。そうでなければVDIプロジェクトはコストのスパイラルに飲み込まれてバラバラになってしまいます。このバランスをとることは非常に難しいことが実証されており、VDIの展開が行き詰まるか、失敗に終わってしまう際のほとんどの原因を占めています。

一般的に、パフォーマンスのボトルネックは共有ストレージにあります。VDIはI/Oストーム、アンチウィルススキャン、Writeが多く含まれているなどの理由から、膨大とも言える負荷をストレージアレイに対して発行します。加えて、最初にストレージデバイスが問題なくスタートしても、VDI展開が進むにつれ、ストレージアレイのパフォーマンスは対応できなくなっていきます。ストレージアレイにパフォーマンスを追加するには手間が非常にかかる上、高価で、しかもあくまで応急処置でしかありません。

PernixData FVPを導入しましょう。世界で最初のフラッシュハイパーバイザーです。サーバのFlashを仮想化し、高速化層へと変えてしまうことによって、FVPはストレージパフォーマンスとキャパシティの分離を可能にしました。これはストレージパフォーマンスをサーバ層でスケールアウトできることを意味します。ですから、VDIユーザーはI/Oパフォーマンスを必要なときに利用することができ、情報システム技術者はパフォーマンスをコスト効率よく提供することができます。

このホワイトペーパー(ホワイトペーパーの訳は「続きを読む」から)では、PernixData FVPがどのようにVMware Horizon ViewとCitrix XenDesktopをストレージアレイハードウェアを追加することなく高速化しているのかを学ぶことができます。FVPソリューションは各IOPSごとに僅かなコストでI/Oレイテンシを削減します。PernixData FVPでVDIを高速化した会社がどのようなエクスペリエンスを感じているかについても記載されています。

続きを読む »