« SSDについてはコントローラのキャッシュ(現金)が全てではない | メイン | ライフ イン ザ データセンター -愛と裏切りと、そして仮想化の物語- »

2014/07/29

第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

5週に渡り、毎週Simpanaの機能について公開してきましたが、Simpanaを使ってみたくなりましたか?

今回は、Virtualizationについてです。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=virtualization.html

VMwareMicrosoft Hyper-V、UnixのVirtualization(Solaris、AIX、RedHat)などに対応しています。

仮想化といえばVMwarevSphere/ESXへの対応について、解説します。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/vs_vmware.htm

ESX/vSphereの対応は、 4.x, 5.0.x, 5.1.x, 5.5.x と幅広くより最新の環境についても素早く対応しています。
2013年の秋にリリースされたvSphere 5.5に対してもいち早く対応し、他メーカよりも早く対応表明がされました。

仮想環境用のモジュールは、VSAVirtual Server Agent)と呼ばれます。

Guest OSに、iDAをインストールして物理サーバと同じ方式でのバックアップにも対応していますが、vSphere/ESXの機能であるVADPvStorage APIs for Data Protection)に対応しており、環境に合わせた転送方式(SAN、Network、HotAdd)でのバックアップが可能となります。

仮想化といえば、最近流行りのクラウド。 クラウドについてはこちらを

ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ
YouTube: ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ

ごらんください。

今回で一旦の区切りとなります、補足などがあれば不定期で記事にして行きます。

それではまた、次回!!

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

CommVault Simpana:番外
クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?