« ONTAP8.3降臨編 これであなたも!ONTAPシミュレーターマスターだだだっ!!③ | メイン | VUMを利用してFVPをアップグレードする »

2015/07/03

VIC VIC VIC

 

皆さんこんにちは、ネットワールドSI技術本部DSG SEの小野(み)dogと申します。

Cisco UCS(Unified Computing System)を担当しております。宜しくお願い致します。

 

Cisco UCSチームは初ブログの投稿となりますが、記念すべき第一回目は
UCSの顔とも言えるUCS専用AdapterのVIC(Virtual Interface Card)について書いてみようと思います。

VICというのは、いわゆるNIC(Network Interface Card)とは似て非なるものす。

VICはこのような姿をしております。 

Vic2_2


うーん、このの感じ!!基盤フェチには堪らない!

 

さてこのVICですがサーバにこのように挿してあげます。

Img_6310_4

 


・・すると、驚くべき力を発揮します。

 

その1penEthとFCの両方の通信を可能とするCNAカード

はい、まず最初のお話です。

VICというのはこの1枚でEthとFC両方の通信できる所謂CNAカードです。

そう、この1枚で二役かって出てくれる優れもの。

PCIスロットを節約できて設計に柔軟なアーキテクチャを兼ね備えているんですね。

 

その2pen論理的にNIC/HBAを合計256個まで作成できる

どういうこと?って思われる方たくさんいらっしゃると思います。
そーなんです!!これが凄い機能なんです!!

UCS+VICのサーバ構築は、NICやHBAを論理的に作るです。
VIC上に作成された論理NICはOS上からはあたかも物理NICが挿さっているかのうように見えてきます。

コレコレ↓

Os_3

しかも論理NIC/HBAは合わせて256個まで作成することができるんです。
ただし、OSが認識できるNIC/HBAというのは限りがあるので、256個作りきることはありません
従来のサーバはネットワークの役割の数、そして冗長化なども考慮するとたくさんのNICやHBAを挿す必要がありました。
PCIスロットの枯渇により、無駄に大きなServerを用意しなければならなかったりといった、多種多様な問題をVICは解決します。すばらしい。

 

その3penSR-IOVも実現する

SR-IOVというのはSingle Root I/O Virtualizationの略で、PCIデバイスの仮想化をサポートするための規格です。

物理NICの内部をPF(Physical Functions)と、VF(Virtual Functions)という形で分割し、VFを直接GuestOSのPCIデバイスとして割り当てます。

これにより、GuestOSはハイパーバイザーを介さずネットワーク通信を行うことができるので、パフォーマンス向上が期待できます。

 

この機能を実装するためには通常SR-IOVに対応したNICを用意する必要があります。

Cisco VIC、これまた対応しているんです。


しかも他社さんのSR-IOVをサポートするNICと差別化として一番強調したいのが、

shineVMのマイグレーションができるshine

他社さんのNICでSR-IOVを実現したとしても、VMのマイグレーションはサポートされていません。
これはネットワーク屋さん最高峰、Ciscoさんだからこそ成せる技なんですね。

 

■まとめ■


1枚でEth、FC両方おしゃべりできるし、256個までの論理NICを作成できてSR-IOVまでサポート!!

多機能で高性能なCisco VICの魅力を十分ご理解していただけたところで、UCSチームの初ブログは以上となります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。