« ★Unity&Unity VSAリリース★ | メイン | SQLサーバ2005のEOLを黄金に変えるための3つのヒント »

2016/05/09

CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編

前回、クライアントPCのバックアップのバイナリ収集のところまで実施しました。
今回は、そのバイナリのカスタマイズの実施です。
共通のインストール・バイナリを作成して簡易なインストールを目指します。

WindowsPCは、サーバ系と大きく変わらないので、本編ではMac OSを対象としたカスタマイズを行います。


①バイナリ:CVDownloads.tarをMac OS環境にコピーして、tarファイルを展開します。

Simapanacustom01


②展開したフォルダ:CVDownloads内に、Simpana.appが存在するので、こちらをダブルクリックします。 赤枠内を選択してクリックしていきます。

Simapanacustom02red


③次に、Licenseに関する同意に応じ、パッケージを選択します。

Simapanacustom03red


④次に、クライアントOSで、Firewallを使用している環境があればチェックを入れます。 CommServeのサーバ名を入力します。

Simapanacustom04red


⑤先に進めて、Configuration画面で、予め設定しておいた、Client Group、SubClient Policy、StoragePolicyを入力して、Createボタンを押します。

Simapanacustom05red


⑥カスタムパッケージを生成している画面が続き、MacOS用のDMGファイルが作成されます。

Simapanacustom06


⑦その後、インストーラ画面が表示されるのでクローズして、完了を待ちます。 [Done]ボタンを押して終了です。

Simapanacustom07red

"Welcome to Simpana"の左の画面は、作成したパッケージのインストール画面で、この場ではインストールしないのでクローズします。


⑧デスクトップ上に、以下のSimapana.dmgファイルが存在するのを確認します。

Macoscustom13_2


これでクライアントPCへ配布できるパッケージが完成しました。

今回はここまで、次回いよいよインストール編です。


Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

CommVault Simpana:番外
クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
インストール(Mac OS)編



【過去の記事】

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

導入編:
【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

製品紹介編:
第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?