« Platform9のOpenStackアーキテクチャの中を覗いてみる | メイン | PernixCloud データ : FVPのレイテンシとSANのレイテンシの比較 »

2016/07/22

[最新鋭、IBM FlashSystem A9000 をこっそりレポート]

最近発表されたIBMの最新鋭の超高速フラッシュストレージ FlashSystem A9000をお借りしちゃいましたっ。

FlashSystem A9000 ってなあにっ??


写真:緊張をしながらA9000に灯を入れたところをパシャ!

_20160617_131927

究極の低遅延を誇る 超高速ストレージ
IBM FlashSystem 900 は爆速街道まっしぐらっ!

A9000は、その超高速ストレージに「IBM XIV」で高い実績の 「IBM Spectrum Accelerate」 を組み合わせた
一言で言うと超高速ミニXIVだっ♪

もちろんリアルタイム圧縮、そしてインライン処理での重複排除機能も標準搭載され、アクセスタイム250usという驚異的な応答速度に、最大500,000IOPSを叩き出し、同時に99.999%を超える可用性をも実現しているっ!
リアル何でもアリなのであるっ。

で、更に
QoS+マルチテナンシー というクラウド環境を意識した機能を併せ持つまさに理想のストレージっ。

ちなみに最大2,000,000IOPSに達するモンスターマシンA9000R にいたっては
複数のフラッシュエンクロージャーによるスケールアップにも対応しているよっ。

 

FlashSystem A9000 中身を覗いてみよう♪


FlashSystem A9000はマイクロレイテンシーフラッシュモジュールを12個搭載したフラッシュエンクロージャー1台にIBM Spectrum Accelerateが実装されたグリッドコントローラー3台で構成され
各筐体同士が超広帯域なInfiniband (FDR/56Gbps)で接続されいるんですっ。凄いでしょ♪
裏にまわって、実際の結線をたぐっていったら、下の図のようになっていました!!。

Infiniband_4

次回は「グリッドコントローラーってなに??」の謎に迫ってみまっしょうっ。

by:まいけル