« Container-as-a-Service Platform9 Managed Kubernetes for Docker | メイン | 24時間365日のOpenStackの監視 : アーキテクチャとツール »

2016/07/11

PDキッド エピソード2 : PDキッドがキャパシティの難題に挑む

さて、アメコミファンの皆様、そしてストレージのファンの皆様、前回からわずか一週間。PDキッドの第2話の登場です!

ネットワールドのPernixDataに関する情報はこちら。本ブログのPernixDataの記事のまとめはこちら

個性的な登場人物の詳しいプロフィールはこちら。みんな相当ヤバイ奴らです! PDキッドの行方は果たして!?

Fig415

続きを読むをクリックして進んでください!

Fig416

Fig417

いかがでしょうか? ベンチマークが好きすぎて、「猫カフェ並みに癒やされる」とか「ヘビメタ並みにチョッパヤだ!」とか言ってないでしょうか? 「インビジブルならOK」も一つの回答かもしれませんが、そこで動かすのはやっぱり「自社のデータ、アプリケーション」です。重要なのは「自社のニーズにしっかりと答えられるストレージを選ぶこと」なのです。

どのストレージにすればいいか悩んだら・・・是非PernixData Architectでもっと詳しく見てみることもご検討ください!アセスメントサービスもやっています。

さて、PDキッドまだまだ続きます!乞うご期待!

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@pernixdata_netw)