« VMware ESXiのロック機構とフリーズした仮想マシンの強制停止方法 | メイン | Nutanix 5.0の機能概要(Beyond Marketing) パート3 »

2016/12/12

最新鋭、IBM FlashSystem A9000を大解剖!

IBMの最新鋭の超高速フラッシュストレージ FlashSystem A9000をお借りしちゃいましたっ。


驚きのデータ削減!あらゆる電力喪失に対応する究極の電源機構!
何処をとってもワンランク上のA9000ですが性能も機能も一味違います!!
その噂の真相を確かめるべく、検証も次のステージへっ。

7vocbqxlurq9an61481180153_148118042


ここからはお待ちかねのA9000の持つ機能や性能について
さらに切り込んでいこうと思うっ♪


で、今回はズバリ QoS ですっ♪

クラウド基盤好きには、ハズせないマストアイテムがこのQoS
このA9000!、次のスケジュールもパンパンで、お借りできる期間もあとわずかっ!
限られた時間内(いろいろな検証の合間を縫ってこっそり決行っ!)に出来る限りの検証をおこなってみたよっ♪

ちなみにQoSってなにっ?って人もいると思うので簡単に説明しようっ。
QoSとは Quality of Service(クオリティ・オブ・サービス) の略でザックリ言うと
その名の通り、「サービスの品質!」 要は「ユーザーを満足させられる度」みたいな意味になりますっ。

したがって、ここで言うQoSは「ストレージアクセスの品質」ですねっ♪
例えば、「社内で野放しのワークロードが蔓延りクリティカルアプリケーションに影響がでてる!」のような
他の利用者の大きなI/Oに影響を受けるいわゆる“ノイジーネイバー”問題っ。
QoS 機能はこういった問題を解消するために無くてはならない機能っ!。

A9000/A9000Rの
QoS機能は、接続先ごとのプライオリティーに応じて
柔軟できめ細やかな設定が可能ですっ。
例えばこの図ように「帯域」または「IOPS」を設定したり、また「その両方」を設定することもできます。
もちろん単一ボリューム単位だけでなく、複数のボリュームでシェアしたり
ストレージプール単位での設定だって出来ちゃいますっ♪

A9000qostest001


更にA9000/A9000Rは管理アカウントまで独立したマルチテナンシー機能も搭載され
クラウド基盤、クラウドサービス、そして流行のVDI環境にも最適な一台です!!

それでは、A9000の QoS機能の検証結果をご覧くださいっ♪

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

検証が進むにつれ

筆者はこの「グリッドコントローラー」の完成度の高さに驚いているっ。
特にパフォーマンスに関しては、驚きの結果(本当に想定外です。)を次々とたたき出してますので

そのへん、次回にでもお見せできればと思いますっ。


                        by:まいけル