« Nutanix on HPE® ProLiant® is NOW AVAILABLE | メイン | NVMeについて従来からのストレージベンダーがあなたに知ってほしくない5つの秘密 »

2017/08/02

敢えて言おう、VeeamはvSANに対応していると!

VMwareのSoftware-Defined StorageであるVMware vSANは、vSphere 5.5 Update1でリリースされて以降、vSphereのバージョンアップに合わせて、何度かバージョンアップが行われています。最近ではvSphere 6.5dのリリースに合わせて、vSAN 6.6がリリースされました。

そんなvSANですが、vSphere6.5対応やvSAN対応を謳っていても、現在はvSAN 6.5以降には完全に対応できていないバックアップソフトが多い状況ではありますが、Veeam Backup & Replication(以下、VBR)は、前回ご紹介したVBR 9.5 Update1で既にvSAN 6.5に対応しており、更に、5月にリリースされたVBR 9.5 Update2でvSAN 6.6にも対応しているのです!

Release Notes for Veeam Backup & Replication 9.5 Update 2

 Platform support
   -VMware vSAN 6.6 support.

そこで、今回は実際に検証環境でVBR 9.5 Update2を使用してvSAN6.6上の仮想マシンのバックアップ・リストアを試してみました。


■検証構成

論理的には下記のような構成になっており、4ノードvSANで仮想マシンとして構成したVeamサーバがvSAN上の仮想マシンをData Domainにバックアップします。

 Config1_3

実際にはESXiはNestされた仮想マシンになっており、Data DomainもVirtual Edition(仮想アプライアンス)のため、全て仮想環境上で動作しています。vSpheer Web Clientで見ると下のような感じです。ESXiのビルドが5310538 になっていることから、ESXiが6.5.0dであること分かります。vSANは全てSSDでオールフラッシュ構成(エミュレーションですが…)で重複排除・データ圧縮が有効になっています。

Vsan1_3

■バックアップ

まずは、バックアップですが、バックアップ対象の仮想マシンの選択では、データストアでvSANのデータストアである[vsanDatastore]がきちんと見えています。

Vsan3_2

下の図がバックアップを実行した結果は下の図になりますが、「hotadd」と表示されていますので、仮想マシンのVeeamサーバがHotaddモードでのバックアップに成功しています。Nest環境のため、スループットが良くない点はご容赦ください。
 

Vsan4_2

■リストア

次にリストアをしてみましょう。リストアのウィザードではvSANデータストアの中に仮想マシンに別途、割り当てている仮想マシンストレージポリシー(Test-VM-Policy)が表示され、ストレージポリシーの情報含めてバックアップしていることが分かります。

Vsan5_2

リストアも問題なく成功しました。「hotadd」を表示され、リストアでもHotaddモードでvSANデータストアにリストアできていることが分かります。

Vsan6_2

リストアされた仮想マシンの仮想マシンの設定を確認してみると、割り当てていた仮想マシンストレージポリシー(Test-VM-Policy)も戻っていました。

Vsan7

仮想マシンストレージポリシーが戻るのは当たり前と思う方もいるかもしれませんが、vSAN対応を謳っているバックアップソフトでもStorage Policy-Based Management (SPBM) には対応できておらず、リストアすると、デフォルトの仮想マシンストレージポリシー(Virtual SAN Default Storage Policy)が割り当てられ、リストア後に手動で仮想マシンストレージポリシーの再割り当てが必要なものが多いのです。

vSAN環境では仮想マシンストレージポリシーで仮想マシンの冗長化を定義するため、バックアップソフトがSPBMに対応しているかどうかは重要です。また、他のバックアップソフトの場合、バックアップベンダーが独自にvSAN環境でテストを行い、vSAN対応を謳っていることがほとんどですが、VBRは独自にテストをしているだけでなく、VMware社のvSAN認定も取得し、VMware社のKBにも掲載されているほどです!

※vSAN データストアを使用した Veeam のバックアップと複製 (2150856) http://kb.vmware.com/kb/2150856


vSphere 6.5でvSANを利用するとなると、今後はvSAN6.6が前提になってきますが、VBRであれば、vSAN環境やvSANベースのハイパーコンバージドインフラ製品でも安心してバックアップできます。vSANの導入を検討している方や既にvSANを導入済みでvSAN 6.6へのバージョンアップを予定している方で、VBRを検証してみたいという方は、是非、評価版でお試しください!

■参考

Veeam Backup & Replication 評価版ダウンロード

VMware vSphere向け簡易手順書(日本語版評価ガイド)

Configuration for VMare VSAN

 担当 臼井