« AHVのネットワークの新機能 | メイン | より速く、より高密度に、より良く ー 拡張性による低遅延を再定義(Nutanix G6モデル) »

2017/08/31

VMware Cloud on AWS 技術概要

本ブログエントリーはVMware社のR&DでSenior Staff Architectを務めているFrank Denneman氏のブログの翻訳版です。 Frank氏について、詳しくはこちらもご参照ください。

本記事の原文はVMware Cloud on AWS Technical Overviewで閲覧可能です。

ネットワールドのVMwareに関する情報はこちら

昨日我々はVMware Cloud on AWSサービスを立ち上げました。VMware Cloud on AWSはVMware vSphere上で動作するプライベート、パブリック、そしてハイブリッドクラウド環境上でのアプリケーションの稼働ををAWSサービスへの最適化されたアクセスと同時に実現します。このCloud SDDCはvSphere、NSXそしてvSANのテクノロジーによって構成され、みなさんが現状でお持ちのスキルセットで管理、運用できるため、非常に馴染み深いものとなります。AWSインフラストラクチャのベアメタルを活用し、このCloud SDDCはこれまでにない方法で拡張することができます。

VMware Cloud on AWSはサービスです。これはサービスに関して言及する際に製品のヴァージョンを利用しないということを意味します。その代わりに我々はこのサービスが最初に利用できるようになったものをファーストリリースと呼ぶことになります。その後の全てのリリースについてはフューチャーリリースと呼ぶことになります。VMware Cloud on AWSはVMwareによって運用されています。これは短く言うとVMwareがインフラストラクチャリソースに責任を負い、お客様はリソースの消費を担当するということです。この記事は最初に利用時のCloud SDDCのリソースキャパシティを探検するものとなります。

VMware Cloud on AWSのコンピューティング

最初の利用時、VMware Cloud on AWSの構成には4台のホストが含まれています。それぞれのホストは512GBのメモリと2つのCPUで構成されています。これらのCPUはカスタムビルドのIntel Xeon Processor E5-2686 v4 CPUです。それぞれのCPUは2.3GHzで動作する18のコアを内包しています。結果として物理クラスタのコア数は144となります。ハイパースレッディングが有効になっているため、仮想マシンは288のロジカルプロセッサを標準のCloud SDDCの構成として利用ができるようになっています。VMware Cloud on AWSは単一の固定のホスト構成で提供されており、ホスト構成へのコンポーネントの追加オプションは現時点では提供されていないことにご注意下さい。ですがスケールアウト型での拡張が最大で16ホストまで利用できるため、結果として576 CPUコア、8TBまでのメモリを利用することが可能です。

vSphere DRSとvSphere HAが有効になっており、最高の可用性とリソース利用効率を提供します。vSphere DRSは完全自動で、移行のしきい値は標準のvSphere DRSのレベルに設定されており、vSphere vMotion操作が過剰に行われないようになっています。クラスタリソースの高可用性がvSphere HAで提供されており、ハードウェアの自動復帰が行われます。

vSphereの高可用性はESXiホスト障害時の仮想マシンの再起動中にもリソースを保証するためにも利用されます。ESXiホストは監視されており、障害イベント時には障害ホスト上の仮想マシンが代替となるクラスタ内のESXiホストで再起動されます。オーバーヘッドを最小化しながら、生産性を最大化するため、クラスタのvSphere HAの設定は1台のESXiホスト分と等しく構成されています(%ベースのアドミッションコントロールポリシーで25%)。ホスト孤立時の対応は仮想マシンの電源を落とし、仮想マシンを再起動するにセットされています。

Vmcaws_fig1

ホスト障害の修復についてはVMwareが担当します。ホストの障害が恒久的なものであれば、VMwareはESXiホストの交換をユーザーを煩わせること無く行います。障害を起こしたハードウェアの自動的な交換は恒久的なホスト障害による長期間に渡るリソースの減少からの影響を削減します。Cloud SDDCは2つのDRSリソースプールで構成されています。一つ目のリソースプールはCloud SDDCを運用するための管理用の仮想マシンが置かれており、もう一つはお客様のワークロードを管理するためのリソースプールのトップレベルのプールです。お客様は子リソースプールを作成することができます。

Vmcrp720p

VMware Cloud on AWSのストレージ

SDDCクラスタはオールフラッシュのvSANを含んでおり、それぞれのホストは合計で仮想マシンが利用するための10TBの物理キャパシティを供給します。標準のCloud SDDCクラスタでは40TBの物理キャパシティを提供します。仮想マシンのキャパシティの消費は構成されているストレージポリシーに依存します。標準ではRAID-1障害許容の手法が適応されます。ですが、お客様はストレージプロファイルを作成し、よりオーバーヘッドの小さなRAID-5やRAID-6という障害許容手法を利用することもできます。RAID-6の障害許容手法を利用する際には最小でCloud SDDCクラスタ内に6ホストが必要となることにご注意下さい。

それぞれのESXiホストは8つのNVMeデバイスを保持しています。これらの8つのデバイスはvSANディスクグループをまたいで分散されています。単一のディスクグループ内では、1台のNVMeデバイスの1.7TBのストレージがWriteキャッシュ層として利用されます。ストレージキャパシティ層には他の3台のNVMeデバイスが利用され、合計すると5.1TBのストレージとなります。

Vmcaws_fig2

ストレージ暗号化

vSAN暗号化によるデータストアレベルの暗号化またはvSphereの仮想マシン暗号化による仮想マシンレベルの暗号化はVMware Cloud on AWSの最初のリリースでは利用できません。データセキュリティについては全てのストレージNVMeデバイスがAWSによってファームウェアレベルで暗号化されています。この暗号キーはAWSによって管理されており、公開されることも、VMwareやVMware Cloud on AWSのお客様が制御することもありません。

Cloud SDDCの構成

最初のリリースではCloud SDDCはAWSの単一のリージョンと可用性ゾーン(AZ)に限定されています。ハードウェア障害は自動的に検出され、自動修復によって、障害ホストは他のESXiホストへと入れ替えられます。もしも必要な場合にはvSANデータストアがユーザーを煩わせること無く自動的にリビルドを行います。

将来のVMware Cloud on AWSのリリースではVMwareとAWSのパートナーシップを通じてマルチ-AZでの可用性が2つの同一リージョン内の2つのAZをまたいでクラスタをストレッチすることで初めて実現される可能性があります。このまたとない機能によって、従来からのアプリケーションをAWSインフラストラクチャ上で高可用性を得るためにリファクタリングする必要はなくなります。その代わり、同期WriteレプリケーションがAZをまたいで活用されることになり、復元目標点(RPO - recovery point object)はゼロとなり、復元目標時間(RTO - recovery time object)はvSphere HAの再起動時間次第となります。

Spanningaz

VMware Cloud on AWSのネットワーク

VMware Cloud on AWSはNSXを中心として構成されています。このネットワークはCloud SDDC内の仮想マシンのネットワークの提供に最適化されている一方で、Amazon 仮想プライベートクラウド(VPC)ネットワークを抽象化しています。仮想マシンへの論理ネットワークの提供とクラスタスケールアウト時の新しいホストと論理ネットワークVMKernelネットワークとの自動的な接続によって簡単な管理を実現します。最初のリリースではユーザーはVMware Cloud on AWSにレイヤ3のVPN接続で接続します。しかし、将来のリリースのVMware Cloud on AWSではAWSのダイレクト接続とクロスクラウドのvSphere vMotion操作ができるようになります。

オンプレミスのvCenterサーバインスタンスとCloud SDDC内のクラスタ上で動作している管理コンポーネントとの接続にはIPsecのレイヤ3VPNがセットアップされます。またもう一つのIPsec レイヤ3 VPNが作成され、オンプレミスのワークロードとCloud SDDCのクラスタ内で動作している仮想マシンとの接続に利用されます。NSXは全てのネットワークとセキュリティに於いて利用され、Amazon VPCのネットワークから分離されています。コンピュートゲートウェイとDLRは暗黙的なネットワークトポロジの一部として事前に構成されており、お客様が変更することはできません。お客様はご自身のサブネットとIPの範囲を提供するだけです。

Vmcaws_fig4

VMware Cloud on AWSは皆様のワークロードに対応

VMware Cloud on AWSは皆様の現在のスキルセットとツールセットを使いながら利用できるクラウドのリソースを提供します。それぞれのCloud SDDCは今日最も要件の高いアプリケーションを動作できるだけの十分なリソースをご提供します。世界最高のエンタープライズソフトウェアが世界最高のクラウド事業者と融合し、これまでにない方法でデータセンタを稼働、拡張することを実現するのです。

更に詳しくは こちらへ https://cloud.vmware.com/vmc-aws/resources

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@miyo4i

Screenshot20141105at0820381

業界はVMworldで盛り上がっていますね。ちょっと時間がうまく取れなかったのでもっとタイムリーに翻訳記事を公開したかったのですが、少し遅れてのリリースです。これまではあまり語られてこなかった、VMware Cloud on AWSを契約するとどうしたリソースが利用できるのか?今回はこれが明らかになりました。すごいスペック・・・。2TB、288スレッドのクラスタ・・・以上に私がびっくりしたのはNVMeを8本も搭載し、うち2本=3.4TBもをWriteキャッシュに振り当てるという豪華っぷり!

NSXでAmazon VPCのネットワークをきれいに隠してしまうのもVMwareユーザーにはうれしいですね。マルチAZでのストレッチにもチャレンジしていくとのこと、ワクワクします。日本に来るのが待ち遠しいですね!

追記 : お値段は?という方がおられましたので、こちらです。米国の価格なのでそのまま日本に来るとは限りませんが、ご参考まで。 https://cloud.vmware.com/vmc-aws/pricing