« VMware Cloud on AWS 技術概要 | メイン | HyperFlexのバックアップはVeeamにお任せ!2017 »

2017/09/06

より速く、より高密度に、より良く ー 拡張性による低遅延を再定義(Nutanix G6モデル)

本記事の原文はNutanixコミュニティのブログNutanix Connect Blogの記事の翻訳ヴァージョンです。原文の著者はNutanix社のPurush Lala Balaji氏 Amit Jain氏 そして Thenu Kittappa氏によるものです。原文を参照したい方はFaster, Denser, Better - Redefining Low Latency at Scaleをご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

本日、Intel®社は登場が待ち望まれていたIntel® Xeon® スケーラブル プラットフォームを発表しました ー システムの今後のあり方を変えると我々が信じるテクノロジーのうちの一つが今後組み込まれ、販売されることになります。それと市場をリードするNutanixのソフトウェア定義のインフラストラクチャ組み合わせることで ー 皆様はより強靭なエンタープライズクラウドプラットフォームを手に入れることになるのです。

Nutanixは真のエンタープライズクラウドのエクスペリエンスを提供することで、利用の簡単さ、統制の中でのパブリッククラウドの俊敏で迅速なイノベーションと経済性によるメリット、そしてオンプレミスで近くにおけるメリットを融合させることにフォーカスしてきました。我々はこの旅路をハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)の先駆者としてスタートさせ、それをさらに業界標準のプラットフォーム上へソフトウェア定義のスケールアウトソリューションを提供することでエンタープライズクラウドの提供をリードしています。Intel®アーキテクチャ、インテルのネットワーキング、インテルのソリッドステートストレージそして、オープンな管理によって、過去Nutanixはお客様の求める高い信頼性、堅牢性、そして性能に見合うまでスケールアウトできるソリューションの開発を実現し、それと同時に様々なフォームファクタでのアプライアンスを開発することで対象となるアプリケーションの要件に合うほどまでスケールアップできるようにしてきたのです。インテルとの緊密なパートナーシップとx86エコシステム内へ参加することで、Nutanixはインテルの殆どの新しいアーキテクチャ上の、そして一枚岩のイノベーションを活用できる状況です。

Fig275

我々はIntel® Xeon® スケーラブル プロセッサの初期の登場に立ち会え、さらに将来登場するG6シリーズのアプライアンスがこのプラットフォームをベースとして開発されたものであることを喜ばしく思います。Intel Xeon スケーラブルプラットフォームとIntel® Optane™ SSDをベースにしたストレージは今日のHCIが抱える根本的な問題を解決することができます:

コンピュート:
Intel Xeon スケーラブル プロセッサは最大それぞれのソケットあたり28Cという巨大なコア数(extreme core count - XCC)をもたらし、これによってNutanixは従来からのVDIから高トランザクションのデータベース、そしてインメモリデータベースに至るまでの無数のアプリケーションを対象とすることができるようになります。高密度なVDI、高いスループットのデータベース、低遅延のインメモリDBの動作を妨げる今日の仮想化高速化アーキテクチャをメモリの帯域とスピードを改善することで進化させています。Nutanixのコントローラーはプロセッサの効率性と、ユーザーがアプリケーションを動作させるためのコンピューティング能力をより多く返す先進的な命令セットを利用できるようになります。プロセッサはコンピューティング/メモリの密度というHCIの根本的な課題を解決するのにも役立ちます。

ストレージメディア:

本プラットフォームでは3D Xpoint™テクノロジーをベースとしたIntel Optane SSDと低遅延ストレージを実現するための高速なNVMeインターフェイスを融合されており、これはNutanixのサーバーにフラッシュを接続するというアプローチに合致し、業界最高のアプリケーションのキャッシュと階層化をこれまで以上に改善することができます。

ネットワーキング/インターコネクト:

Intel Xeon スケーラブルプラットフォームとそこに組み込まれたIntel® QuickAssist テクノロジーとDPDKのようなの高速化技術によって提供される広帯域、低遅延のファブリックは俊敏なNutanixのAMF、そして分散ストレージファブリックをより優れたものにしてくれます。

インテルの技術とイノベーションは強力な新しいコンピューティングの機会を提供します。その中にはハイパーコンバージェンスの幕開けの実現も含まれています。エンタープライズクラウドは日に日により多くの会社組織、そしてより多くのワークロードで利用されるようになっており、その成長は継続すると予想されています。この成長はインテルの最新のリリースのようなイノベーションを更に継続的にもたらすことでしょう。Nutanix AcropolisソフトウェアによってIntelのXeonスケーラブルプロセッサとそのプラットフォームが提供するテクノロジーはほとんど限界のないエンタープライズアプリケーションの可能性を提供することになるでしょう。新しいインテルプロセッサプラットフォーム上に構成された我々のG6シリーズのアプライアンスが登場すれば、Nutanixと我々のお客様は膨大なデータとコンピューティングを利用する分析やML/AIのような、更にビジネスクリティカルなワークロードを含む更にビジネスクリティカルなワークロードにも対応ができるようになります。もしもハイパーコンバージェンス上に構成されたエンタープライズクラウドからどのようなメリットを享受できるのかを検討しているものの、まだ踏み出せていない、もしくは更に今日までにやってきたことを拡張していくための追加の要因を探しているのであれば、ぜひ会話に加わって下さい。今こそがインテルの新しいイノベーションと.NEXTで先日発表された Nutanixのイノベーションを融合させてどんな先進的なことができるのかという議論を始めるべきタイミングだからです。

 

Forward Looking Statements

This blog includes forward-looking statements concerning our plans and expectations relating to the development of a new hardware platform, called G6, and the capabilities and features to be included in the platform. These forward-looking statements are not historical facts, and instead are based on our current expectations, estimates, opinions and beliefs. The accuracy of such forward-looking statements depends upon future events, and involves risks, uncertainties and other factors beyond our control that may cause these statements to be inaccurate and cause our actual results, performance or achievements to differ materially and adversely from those anticipated or implied by such statements, including, among others: failure to develop, or unexpected difficulties or delays in developing, new product features or technology on a timely or cost-effective basis; the introduction, or acceleration of adoption of, competing solutions, including public cloud infrastructure; a shift in industry or competitive dynamics or customer demand; and other risks detailed in our quarterly report on Form 10-Q for the fiscal quarter ended April 30, 2017, filed with the Securities and Exchange Commission. These forward-looking statements speak only as of the date of this blog and, except as required by law, we assume no obligation to update forward-looking statements to reflect actual results or subsequent events or circumstances.

© 2017 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix, the Nutanix logo, and the Enterprise Cloud Platform are trademarks of Nutanix, Inc., registered or pending registration in the United States and other countries. All other brand names mentioned herein are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s).

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

今回はインテルとのエコシステムの記事からです。和訳時点では先日となりますがインテルのスケーラブルプラットフォームが発表され、そしていくつかのサーバーベンダーが既にそれをベースとしたプラットフォームを発表しています。Nutanixもその例に漏れず新しいG6プラットフォームをリリースする予定ですが、今回の記事はその新しいG6プラットフォームをちょっと覗き見るような内容になっています。

優れたプロセッサとその内部に融合されたチップセットにより様々な遅延要因が解消されており、メモリの帯域はもちろん、SSD(といってもNVMe接続ですので、実質メモリ扱い)へのアクセスも高速化されています。CPUの直ぐ側にデータを置いて処理するまさにそんなアーキテクチャで、ハイパーコンバージェンスのためのプラットフォームと言えるでしょう。

記事公開時点ではもうリリースされているかもしれませんが、G6プラットフォーム、期待しましょう!