« 本当のHCIのマーケットリーダーさん、立ち上がってもらえますか? | メイン | Nutanix エンタープライズクラウドの最大の導入効果(みなさんが思っているものと違うハズ・・・) »

2017/10/11

AFSはパートナーエコシステムの拡充を通じて新しい機能を追加

記事の原文はNutanixコミュニティのブログNutanix Connect Blogの記事の翻訳ヴァージョンです。原文の著者はNutanix社のSr. Product Marketing ManagerのShubhika Taneja氏、Principal Product ManagerのShubhankar Chatterjee氏によるものです。原文を参照したい方はAFS Adds New Capabilities Through An Expanding Partner Ecosystemをご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

Fig282

Acropolis ファイルサービス(AFS)はエンタープライズクラウドのために最高のNASの特性とパブリッククラウドサービスの特性を同時に提供するために、根本から考え直したファイルサービスです。AFSによって、お客様は仮想マシンと非構造化データを統合することができ、よりシンプルなインフラスタックを手に入れることができます。これまでにないシンプルさ、拡張性、柔軟性、そして継続的なエンタープライズグレードの機能の追加によって、AFSは例えばAmazon社のイラスティックファイルサービス(EFS)のようなパブリッククラウドソリューションの良い特性と従来型のNASの良い特性を同時に提供することができるのです。

AFSはあらゆるNutanixクラスタ内に我々の統合管理プレーンであるPrismから数クリックで展開することができます。AFSはその機能をNutanix APIを利用して豊富なエコシステムパートナーを統合することで拡張していきます。これらのNutanix APIはNutanixコンポーネントをパートナーのコンポーネントにインストールしたり、その逆を行ったりする必要を廃し、エコシステムパートナーがNutanixエンタープライズクラウドプラットフォーム上にソリューションを統合、作成することを驚くほどシンプルに実現してくれます。

こうした今後提供される機能について幾つか以下でご紹介いたします :

インライン アンチウィルス スキャン

お客様は会社の重要なデータをよく利用されているシマンテック社とマカフィー社のアンチウィルスソリューションを利用したインラインでのウィルススキャンによってセキュアに保つことがっできるようになります。NutanixはICAP(Internet Content Adaptation Protocol)を利用することにしました。このプロトコルは標準プロトコルで、様々なセキュリティベンダーや製品でサポートされています。

Fig283

一度SMBクライアントがファイルアクセスのリクエストを送信すると、AFSはメタデータとウィルススキャンポリシーに基づいてそのファイルをスキャンする必要があるかどうかを決定します。もしもスキャンが必要であればAFSはスキャンのためにそのファイルをICAPサーバへと送信します。ICAPサーバがスキャン結果をAFSサーバに報告すると、その結果を元にしてAFSサーバはSMBクライアントに対してアクセスを許可するか、却下するかを決定します。

高速で効率の良いバックアップ

慣習的に、NASの管理者はNASのバックアップについて、NDMPを利用するための複雑なインフラストラクチャをセットアップしなくてはなりませんでした。この作業の中には複雑なファイバーチャネルのゾーニング構成や他にも多くのものが含まれています。Nutanixのコアとなる基盤はこうしたタイプの複雑さを排除するためのものです。ですから、我々がAFSはNDMPのサポートを実装しないと決めたことに驚きはさほど感じないと思います。

NDMPを利用したくないというすべての環境(我々のお客様の中で多く目にしてきました)は慣習的にバックアップソフトウェアでバックアップしなくてはいけないシェアを直接指定するというもので、バックアップアプリケーションは他のNASクライアントがするのと同様にバックアップするファイルを読み込みます。問題はバックアップソフトウェアがインクリメンタルバックアップを行いたいという際に発生します。これを行うためにはバックアップアプリケーションはファイルシステムのメタデータのスキャンを通じて最後のバックアップ移行に変更されたファイルを検知しなくてはなりません。そして、これは数億ものファイルがあるとしたら非常に時間がかかる実装です。

Fig284

Nutanixは効率よく簡単にAFSファイルシェアをバックアップするためのAPIを用意して、道を舗装しておきました。これらのAPIによってバックアップアプリケーションは最後のバックアップ移行に変更されたファイルのリストを受け取ることができます。ですから、ファイルシステムをスキャンして変更を検出する必要はありません。これはNDMPが提供している効率性と同様ですが、NDMPを利用したときに発生する複雑さと制限はありません。発表を行う直前にNutanixはComtrade社とRubrik社にこのAPIをサポートするように働きかけを始め、他のベンダーとも積極的な意見交換を行っています。

グローバル/マルチーサイト ネームスペース

AFSをリリースして以降、我々は頻繁にお客様から2つのユースケースについて耳にする用になりました:

  • 2つのサイトの間で負荷分散を行っているVDIインスタンスがあるVDI環境のユーザーのホームディレクトリをAFSで利用するにはどうすればよいのか?
  • 地理的に分散したオフィスに居るユーザーが同じプロジェクトでコラボレーションを行う際に、WAN越しにファイルにアクセスしたり、所有権のやり取りなどを行わずに済ませる方法はないのか?

このいずれのケースもお客様はこれまでMicrosoft社のDFS-RをWindowsファイルサーバとともに利用してこれに近い機能を実現していました。しかし、これは日常的に発生してしまうファイルの競合とその解決を管理しなくてはならないという悪夢となってしました。この問題を見た時、我々はAFSにDFS-Rのサポートを追加するということは意味をなさず、お客様に同じ問題を発生させてしまうと思いました。本日、我々はPeer Software社とのパートナーシップを発表できることを嬉しく思います。PeerLink製品との統合によって、上のいずれのお客様のケースにおいても課題を解決した上で、AFSのメリットをすべてのサイトで活用頂くことができるのです。

Fig285

これを利用するためにはお客様はPeer Software社からPeerLink製品を購入して、そのソフトウェアを上の図にあるように展開しなくてはなりません。

それぞれのサイトがプロジェクト(もしくはVDIの負荷分散の際には2つのサイト)でコラボレーションすることができ、AFSのネームスペースは独立しています。AFSのネームスペース内で変更が生じる度にPeerLinkソフトウェアはその変更についての通知を行います。PeerLinkはその後、この変更をすべての「Peer」となるAFSネームスペースへとレプリケーションします。これにはファイルロックも含まれるため、ネームスペースは同期され続けます。これによって2箇所、もしくはマルチサイトでの双方向でのプロジェクトのコラボレーションが実現するのです。

ファイル監査

データの汚染は近年当たりのようになってきました。多くのお客様がAFSへのすべてのアクセス・更新監査ログの保存の機能を求めていました。この機能があればAFSへの全てのアクセスについて必要な履歴を保存できるのですが、現在の監査アプリケーションはそれ以上を行っており、監査の情報を保存するだけでなく、リアルタイム分析で何らかおかしな活動が検出された際には警告をおこなう機能なども付属しています。本日、Varonis社とSTEALTHbits社のそれぞれ DatAdvantage と StealthAUDIT® という強力な監査ソリューションとのパートナーシップを発表できることを誇らしく思います。

統合ソリューションを利用ために、お客様は監査アプリケーションを選択することができ、それによって非高増加データに対して適切なセキュリティとデータの統制を行うことができます。

こうした全てのパートナーシップをアナウンスできることを嬉しく思う一方で、同様に重要なポイントはこうした機能はすべて標準のREST APIで実現されているということです。現在我々はこうした選抜したベンダー様と活動を行っていますが、我々は今後我々のAPIが一般公開のステータスになれば全てのパートナー様に公開します。RESTフレームワークを活用し、これらのAPIを誰もが簡単に利用できるようにする予定です。お客様にもこうしたAPIを利用し革新的な利用方法を見つけていただきたいと思っています。我々はこうしたユースケースをもっとよく知るためにも世界中に共有します。

これはまだ始まりにしか過ぎません、AFSの今年の後半の素晴らしい機能にご期待ください!以下はAFSのパートナーシップについて取り上げたプレスリリースで、AFS関連での我々の動きについても触れています。

Disclaimer: This blog may contain links to external websites that are not part of Nutanix.com. Nutanix does not control these sites and disclaims all responsibility for the content or accuracy of any external site. Our decision to link to an external site should not be considered an endorsement of any content on such site.

© 2017 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix and the Nutanix logo are registered trademarks or trademarks of Nutanix, Inc. in the United States and other countries. All other brand names mentioned herein are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s).

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

久しぶりにテッキーな内容だったかもしれません。AFS、素晴らしいスピードで進化していますし、AFSのREST APIも公開され様々なパートナーシップが結ばれつつあります。インラインウィルススキャン、インクリメンタルバックアップなどここは必ずいるでしょう!という定番やコラボレーション、監査などまで幅広く対応しています。しかもこれほどの統合が実現できるのに、標準APIしか使っていない、とのことですので強力かつ柔軟なAPIのようですね。今後様々な製品が対応してくることが期待できます。

Nutanixはプラットフォーム、これはネットワークソリューション、(仮想マシンの)バックアップソリューションだけではなく、AFSも加わってより強力なものになっていっています!