« なぜなに Data Domain - 第十一回 - 物理DD、DDVE機能比較してみました | メイン | AFSはパートナーエコシステムの拡充を通じて新しい機能を追加 »

2017/10/04

本当のHCIのマーケットリーダーさん、立ち上がってもらえますか?

本記事はNutanix社のオフィシャルブログの翻訳版です。原文を参照したい方はWill The Real HCI Market Leader Please Stand Up?をご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

著者: Greg Smith, VP of Product Marketing

IDCは最近、最新の「コンバージドインフラストラクチャ」のマーケットシェアの統計を公開しました。その中には急速に成長するハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)市場が特別カテゴリとして含まれています。見出しにはDellがHCIでNo.1になったと謳われています。しかし、この見出しは多くの複雑なパートナーシップが蠢く複雑な市場についての真実を言い表しているのでしょうか?

DellのHCIの売上の多くはNutanixソフトウェアの販売によるものです ー Dell EMC XCシリーズアプライアンス(「NutanixのOEM」)という方法です。これはNutanixソフトウェアをプリインストールしたDell PowerEdgeサーバです。Dell XCはデルハードウェア上で100% Nutanixソフトウェアを動作させているものです。 ー 100%です。

ですから、疑問が生まれてきます。「本当のHCIのマーケットシェア統計はどうなんだ?」もしもNutanixがすべてのNutanixによるHCIソリューション、ハードウェア、そしてソフトウェアという票を得られたとしたら、市場においてどれだけの存在感を持つのか? 同じIDCのレポートのデータを利用して実際に計算してみることができます。

結果は特段驚くことはありません : Nutanixは明らかなHCIマーケットシェアのリーダーとして残っています。最新のクオーターである2017年のQ2には、Nutanixの売上はきっかり46%もDellのそれを上回っています。別の言い方をすると、NutanixのHCIマーケットシェアはデルを10ポイント以上も上回っています。これはIDCのデータを利用しており、想定や予測を交えたものではありません。

もちろん、DellはHCIビジネス全般において積極的であり、Nutanix OEM製品はそれに大きく貢献をしています。このTechTargetのインタビューでDellのConverged PlatformsのVice PresidentのDan McConnell氏はXCシリーズは第二クオーターにおいて$100M以上の売上をもたらしているとしています。この記事は「・・・Dell EMCの全体のHCIによる売上は$220M規模である」と予想しています。結局のところ、ほぼ半分のビジネスがNutanixソフトウェア経由のもので、それは我々自身の理解と一致しています。

Dellは素晴らしいパートナーです。そして、我々はNutanixソフトウェアがDell社のハードウェアビジネスを加速させ、FBIやNasdaqを含む素晴らしいお客様を勝ち取ったことを喜ばしく思っています。いずれの会社もIT市場を革新的なソフトウェアによるHCIソリューションによって変革しています。そして、更に重要な事には我々はこの先もパートナーシップを継続し、お客様をデジタルイニシアティブに於いてサポートしていくことにしています。今後も継続的にさらなる成功を重ねることでしょう!

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

皆様からいつもHCIのマーケットはどうなっているのか?というご質問をいただきます。IDC社より最新のマーケットシェアの統計が公表され、それについてのNutanixのオフィシャルブログが出ましたので、タイムリーに和訳しています。

IDC社の見出しではDell社がNo.1になったということですから、Dell社のポートフォリオである、XCシリーズ、VxRailシリーズ、そしてそれ以外にもvSANであったり、Scale IOであったり、今後はAzure Stackも・・・と様々なポートフォリオを総合したものです。一方でXCはNutanixソフトウェアを利用していますので、Nutanixは一体どうなんだ?という疑問が生まれます。今回の記事はまさにその疑問に答えたものでした。

IDCのカウントは「ハードウェア≒アプライアンス」観点で、「ソフトウェア」という観点で捉えた時のシェアはまた異なります。Nutanixは100%ソフトウェアソフトウェアカンパニーであることを表明してビジネスの転換を勧めていますので、Nutanixとして目指しているポジションにしっかりと到達しているということですね。