« バックアップアプライアンスのHWスペックを調べてみた | メイン | 【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1 »

2018/01/03

コンピューティングクラウドによる柔軟性と拡張されたアプリケーションのサポート(Nutanix Acropolis Computing Cloud AC2)

本記事はNutanix社のオフィシャルブログの翻訳版です。原文を参照したい方はFlexibility and Expanded Application Support with Compute Cloudをご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

ここ数年に渡って、Nutanix エンタープライズクラウドOSは驚くべき進化を遂げてきており、7000社を超えるお客様がそれを採用するに至っています。2つのことが明らかとなりました :

  • お客様はハイパーバイザーの埋め込まれた、パブリッククラウドと同様の利用体験をもたらすインフラストラクチャのスタックに価値を感じておられます。我々は2017年度の第4四半期の会計レポートで、4四半期の移動平均を取った場合に24%ものノードがAHVで展開されているとしました。これは従来型の仮想化ソリューションの代替として強い関心があるということを示しています。
  • Map-Reduceアルゴリズムを活用して常に実施される圧縮、インテリジェントな重複排除、EC-Xによるイレイジャーコーディングで最適化されるお客様のストレージキャパシティといったストレージレベルでの継続的なイノベーションによって、ストレージ層が逼迫するということは殆どありません。こうした診断結果は組み込みのPulse HD診断ツールとクラスタ利用率計測のコールホーム機能によってもたらされたものです。

Fig327: Nutanix Prism がお客様の高いストレージキャパシティ最適化率を示しているところ

我々はマイクロサービスベースのアーキテクチャを採用して優れた俊敏性と拡張性を実現しているアプリケーションの萌芽を感じています。クラウドと等しい効率性を真に開放し、こうしたアプリケーションの利用に必要とされるものは、適切な量のキャパシティが必要な一方で、アプリケーションチームが追加してほしいと言うものを必要なだけ追加しなくてはなりません。

必要とされる追加リソースの提供

我々の仮想化ツールであるAHVはPrismに含まれるX-fitマシンインテリジェンスと一緒に使うことで、キャパシティの見通しやワークロードベースのWhat-if分析によって、適切なリソース利用率を実現し、キャパシティ不足による抑圧を避けることができ、また、拡張に際しての推奨構成も提示することができます。Nutanixは全てが選択と自由からなっています! 我々は多くののCPU、メモリ、そしてストレージタイプ(ハイブリッドとオールフラッシュ)の組み合わせから様々なバリエーションでのコンピューティングとストレージのキャパシティを実現することができます。もちろん、アプリケーションの成長(例えば、Citrix XenDesktopまたはXenApp、Cloudera等)のシナリオや、アプリケーションが追加のリソースを必要とするということもありましたが、基本的には1次元での話でした。

ストレージについては、問題は我々の「ストレージヘビー」構成によって解決することができました。この構成ではストレージリソースを柔軟に拡張することができ ー コンピューティングを追加すること無く ー 最大で60TBを追加することができます。我々は「コンピューティングヘビー」の構成でIntelのCPUの最も大きなコア数を利用することもできます、ですが、こうしたノードは常にいくらかはストレージも搭載していなくてはなりませんでした。

Nutanix Acropolis Compute Cloud (AC2)の登場

もしも、Nutanixクラスタにコンピューティングのリソースのみを追加することができたとしたら? そして、運用の手間については一切変える必要がないとしたら? これが我々がNutanix Acropolis Compute Cloud (AC2)でアナウンスしたもので、Nutanixクラスタをコンピューティングのみで拡張できるようにするものです。

AC2はNutanixのお客様にストレージとは独立してコンピューティングキャパシティを拡張することを通して、インフラストラクチャの利用率をさらに高めることができます。要件の高いビッグデータや機械学習のアプリケーションを含むアプリケーションワークロードをサポートするために、柔軟なコンピューティング「サービス」を提供できるのです。

Fig328図: 既存のNutanix環境内のコンピューティングを拡張する

“ワンクリック” での利用

AC2はコンピューティングキャパシティをPrismの「ワンクリック」操作を利用して簡単に拡張できるようにし、瞬時にNutanix エンタープライズクラウドOSの提供するインフラストラクチャとストレージサービス(ADFS ー Acropolis 分散ファイルシステム、 Acropolisブロックサービス、Acropolis ファイルサービスなど)に完全なアクセスを実現させます。AHVをベースとする仮想化のメリットの全てが一切の設定抜きで利用できるようになります :

  • 常に利用できる高可用性
  • 自動的なCPUの互換性
  • ライブマイグレーション、Acropolisダイナミックスケジューリング(ADS)によるリソース競合の解決(コンピューティングとストレージの両方)

AC2コンピューティングサービスは利用できるユースケースの幅を拡張させてくれます。これはNutanixが継続的にその旅路でマルチクラウド管理のOSをシンプルなワンクリックの操作で実現し、IT担当者があらゆるクラウドであらゆるアプリケーションを提供していく手助けをしていくからです。

製品の提供時期

AC2は現在開発中です。価格の詳細は適切なリリース日が近くなってからアナウンスされます。

新しいAC2機能についてもっと詳しく知りたいですか? プレスリリースもご参照下さい。

Forward-Looking Statements Disclaimer

This blog includes forward-looking statements, including but not limited to statements concerning our plans and expectations relating to product features and technology that are under development or in process and capabilities of such product features and technology, our plans to introduce product features in future releases, product performance, competitive position and potential market opportunities. These forward-looking statements are not historical facts, and instead are based on our current expectations, estimates, opinions and beliefs. The accuracy of such forward-looking statements depends upon future events, and involves risks, uncertainties and other factors beyond our control that may cause these statements to be inaccurate and cause our actual results, performance or achievements to differ materially and adversely from those anticipated or implied by such statements, including, among others: failure to develop, or unexpected difficulties or delays in developing, new product features or technology on a timely or cost-effective basis; delays in or lack of customer or market acceptance of our new product features or technology; the introduction, or acceleration of adoption of, competing solutions, including public cloud infrastructure; a shift in industry or competitive dynamics or customer demand; and other risks detailed in our Form 10-K for the fiscal year ended July 31, 2017, filed with the Securities and Exchange Commission. These forward-looking statements speak only as of the date of this presentation and, except as required by law, we assume no obligation to update forward-looking statements to reflect actual results or subsequent events or circumstances.

© 2017 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix, AHV, Acropolis Compute Cloud, and the Nutanix logo are registered trademarks or trademarks of Nutanix, Inc. in the United States and other countries. All other brand names mentioned herein are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s).

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

年が明けてからもまだニースネタがいっぱいですよ。ニースネタはビジョンのほうが豊作でしたが、One more thingで2つの新機能が発表されています。この2つの機能を連投していきます。OSSのほうが発表的には先でしたが、個人的にはこちらのAC2のほうが(深読みできて)面白いと感じていますので、こちらから先に翻訳しました。

マイクロサービスベースのアーキテクチャを採用したアプリケーション・・・という記載も読み取れるように、このAC2は単純に他社のHCIが提供しているコンピューティングキャパシティOnlyをターゲットとしている製品ではないように思います。注意してみていただきたいこととして、AHVのみのサポートであり、ここで動かすワークロードは一般的なワークロードでは無いように思います。

AHVであれば基本はKVMですから、マイクロサービスで利用されているようなOSSをベースとしたテクノロジーとも相性が良いため、何らかもう一つ裏に仕掛けが隠れているような気がしてなりません。(もちろん、もう一つの新機能であるOSSもその一つかもしれません)

ハイパーバイザーとしても一つ大きな一歩を踏み出すぞ、というそんなメッセージにも取れましたので、2018年最初の記事で取り上げさせていただきました。