*IBM Feed

2015/06/26

本邦初公開!! V9000性能検証結果!!!

はじめまして FlashSystem V9000 検証担当:稲場です。


さて、先日は日本初上陸を果たしたV9000がネットワールドにやってきた!!
という記事をご紹介いたしました。

今回は、ついにその性能のベールを脱ぐ!!

という事で、
FlashStorageを検討する際に一番気になるポイントかと思いますが
FlashSystem V9000の性能検証の結果をご紹介致します!

Flashの性能ってどの位なのかっ!? 

FlashSystem V9000の実力は!? 


◆検証環境について

検証構成図

注:本構成ではAC2コントロールエンクロージャとAE2ストレージエンクロージャ間はそれぞれ8G x 4本で物理結線を実施しましたが、本来はAC2、AE2間は6本ずつでの結線が推奨されます。

Topology

◆検証機器
 FlashSystem V9000
  モジュール:2.9TBモジュール x 12

 サーバは、ベアメタルサーバを2台用意しました。それぞれのスペックは以下になります。
 Server_A
  OS:Windows2008R2 SP1 x 2台
  CPU:Intel Xeon CPU E5-260 v3 2.6GHz x 20CPU
  MEM:64GB
  Disk:RDM接続(500GB x 20) ※1:File Systemは経由しない

 Server_B
  OS:Windows2008R2 SP1
  CPU:Intel Xeon CPU E5-2660 v3 2.6GHz x 24
  MEM:96GB
  Disk:RDM接続(500GB x 24) ※1:File Systemは経由しない

 ※1:V9000の領域をOSにマウントさせオンライン状態にした状態であり
    ファイルシステムでのフォーマットは実施していない状態

◆チューニング設定
 ベアメタルサーバ(Windows2008R2 SP1)
  電源オプション バランス⇒ 高パフォーマンス
  SDDDSMインストール ※2
  ※2:MicrosoftのMPIOテクノロジーに基づきマルチパス入出力サポートを提供するためのモジュール

 FlashSystem V9000
  ボリュームキャッシュモード: 使用不可(キャッシュ無効)
  ボリュームサイズ:500GB
  ボリューム数:Server_A用:20※3 Server_B用:24※3 
  ※3:ボリューム数は使用するサーバのCPUコア数と合わせる

 

◆負荷ツール(IOmeter)設定
 IOmeter設定
 ・Worker数 :それぞれのサーバのCPUコア数で設定(Server_A:20,Server_B:24)
 ・Targets  :各Worker毎に1つずつVolumeを指定
 ・of OutstandingI/Os:32 per target
 ・試験パターン  :4k Read 100% rondom 0%
負荷実施端末:Server_A,Server_B Total:2台


◆検証結果
 FlashSystem V9000 のパフォーマンス結果

Graf_3

 

◆まとめ

53万IOPSを処理していても遅延はほとんど発生せず、

 常に遅延はms以下!!

・今回の構成ではRead処理のみを実施したが、
 Write処理であれば、
 より大容量のモジュールタイプを使用する事で、
 IOPS処理性能を向上させる事ができる!

 

Hyou_6

今回は、簡単なIOmeterを使用した性能検証の結果をご紹介させて頂きました。

今後のFlashSystem V9000 検証予定としては以下を考えております

 ・今回と同様の性能試験をV7000で実施し
  Disk vs Flash , SSD vs Flash の性能比較を実施

 ・DB環境での使用を想定したパフォーマンス検証を実施

 検証終了後またBlogにアップさせて頂きたいと思います!
  (頑張れV9000検証担当!って俺か。。。)

 

2015/06/25

MobileFirst Protect (MaaS360) (2) MDM編

レビューって大事ですよね♪ こんにちは、鈴木です。

昨日の記事をアップして事後報告したところ、ナニコレ?な誤字がありました。(修正済みです)

今後は気を付けます。。。きっと

今回は、(2)ということで機能の話をしていきます。ただ、弊社のWebを見ているとそこそこ細かく説明している内容ががが

http://www.networld.co.jp/ibm/mfprotect/main.htm

・・・そういえば作ったと聞いたような聞いていないような・・・

ですので、文言だけでわからないちょっと細かい部分を書いていきたいと思います。

今日は↓このあたりを。

Emm_mdm

「Mobile Management」一般的にはMDMと呼ばれる機能の部分です。
この機能ですが、この製品独自の特徴はあまりなかったりします。

特徴がないものを勧めるとかどうなの?と意見をいただくかもしれませんが機能の部分でのネックとしてOS側の制限があります。特に最近ですとiOS系デバイスの利用が多いので、話としてもそのあたりの話になるのですが、正直なところiOSの制限でできることが限られてきます。ですので、他社製品であっても機能の○/×表をつけるとほぼほぼ同じになってきます。

特徴的なこととしては、複数OSにまたがってデバイスの管理ができることです。対象OSとしては、iOS, Android, Windows Phone, BlackBerry, Windows PC & Mac になります。ただ気を付けてほしい点としては各OSによって制御できる内容は異なるので事前に使用するOSを確認し、なにができるかは調査する必要はあります。

そのほかとしてはMAMの部分も機能としては入ってきます。機能としてはアプリケーションの配信はもちろんできますし、企業用のアプリストアの設定など、必要とされる設定はそろっています。それ以外のおすすめとしてはコンプライアンス・ルール設定です。

コンプライアンス・ルール設定では、ポリシーに違反したデバイスについてアクションを行うことができます。なにがどこまでできるかについてはきっとそのうち書きますが、一例としては、会社として認めていないアプリをユーザーがインストールした場合に、デバイスをワイプしてしまったりできます。(ワイプ=初期化なので基本はやらないですが・・・)

こういったポリシー違反に対する操作系は設定が面倒なイメージがありますがこの製品はさくっと動かすことができます。

今回はこれくらいで!次回はProductivity Suiteについてご紹介したいと思います!

鈴木(け)

2015/06/22

IBM IPS製品ブログ開始のごあいさつ

みなさん、はじめまして。

IBM IPS製品技術担当の小室です。

今回、新たにIBM IPS製品に関するブログを開始する運びとなりました。

IBM IPS製品に関するさまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

初回の今回は、IBM IPS製品のラインナップについてご紹介します。

以下が、IBM IPS製品のラインナップです。

  1. IBM Security Network IPS アプライアンス GXシリーズ(旧名称:IBM Proventia Network IPS)

    ・X-Force(民間企業最大のセキュリティ研究開発組織)による研究結果の活用
    ・独自のプロトコル分析モジュール(PAM)による脆弱性分析
    ・脆弱性に対する事前防御を実現するVirtual Patch Technology

    Gx_3

     

  2. IBM Security Network IPS 仮想アプライアンス GVシリーズ(旧名称: IBM Proventia 仮想化ネットワーク・セキュリティー・プラットフォーム)

    ・実績のIBM Security Network IPS アプライアンスを仮想化
    ・仮想環境内にIBM Security Network IPSを実装可能

    Gv_3

     

  3. IBM Security Network Protection XGSシリーズ NEW!!

    ・次世代型IPSで求められる機能を搭載
    ・IDやアプリケーションによるコントロールを提供
    ・IPレピュテーションやSSL Inspection

    Xgs_3



過去に、インターネットセキュリティシステムズ社からProventiaというIPSが販売されていましたが、2007年に経営統合が行われ、現在はIBMブランドとして開発・販売を行っているのが、IBM Security Network IPSになります。

IBM Security Network IPSには、物理アプライアンスモデルのGXシリーズと仮想アプライアンスモデルのGVシリーズがあります。

IBM Security Network Protection XGSシリーズについては、IBM Security Network IPSの機能を継承しつつ、IPレピュテーションやSSL Inspectionなど、次世代型IPSに求められる機能を搭載した最新モデルになります。

現状、物理アプライアンスモデルのみの販売となりますが、今後、仮想アプライアンスモデルがリリースされる予定です。

製品のおおまかな棲み分けですが、純粋なIPS専用装置をお求めのお客様には、GXシリーズ、仮想環境の保護を行いたいお客様にはGVシリーズ、IPレピュテーションや暗号化通信の検査など、より高度なセキュリティチェックを行いたいお客様には、XGSシリーズのように棲み分けしていただければと思います。

以下は、IBM IPS製品で行える対策になります。

レガシーOSの保護と延命

※直近のOSとアプリケーションのサポート終了状況

  • RedHat Enterprise Linux 3(2014年1月サポート終了)
  • Windows XP/Office2003(2014年4月サポート終了)
  • RedHat Enterprise Linux 4(2015年2月サポート了)
  • Windows Server 2003(2015年7月サポート終了)
  • RedHat Enterprise Linux 5(2017年3月サポート終了)


直近では、2015年2月に、RedHat Enterprise Linux 4のサポートが終了しました。また、2015年7月にはWindows Server 2003のサポートが終了しますので、OSサポート切れ対策にIBM IPS製品をご利用いただけます。

突発的に発生する広範囲への脆弱性対策

2014年に世間を騒がせた、OpenSSL、Apache Struts、IEなどの突発的に発生する広範囲への脆弱性対策にIBM IPS製品をご利用いただけます。

標的型メール等による情報漏えい対策

実在の組織や活動内容を騙って、特定の企業や組織を対象とした悪意あるメールの送信が増えています。ウイルスの侵入や感染を防ぐためのネットワーク監視やウイルスに感染したPCによる外部との通信を検出し、ウイルスが窃取した情報を外部へ送信することを防ぐ対策としてIBM IPS製品をご利用いただけます。


以下の弊社WebページにもIBM IPS製品のラインナップについて記載がありますので、ご覧ください。

http://www.networld.co.jp/ibm/hw.htm

それでは次回もよろしくお願いします。

担当:小室

MobileFirst Protect (MaaS360) (1) 基礎編

こんにちは。

数年前にモバイル関連製品であれこれ見たり触っていたりしたらいつのまにか担当になっていた鈴木です。

あれやこれやいろいろと触っているので毎回違う製品の話になったりするかもしれませんが、まず最初はちょっと連載ちっくにやっていきたいと思ってます。(途中で人が変わるかもしれませんがフフフ)

ところでみなさんの会社ではスマートフォンは支給されていますか?また、メールとかも見れたりしますか?スマートフォンを落としたら初期化されるような話を聞いていたりしませんか?

と、いうことで今回は「スマートフォン」というキーワードがある通り、モバイル系の製品のお話しになります。

ご紹介する製品名は

       MobileFirst Protect (MaaS360)

                                           death。

この製品 IBM社 の製品になります。

個人的な感覚(偏見)ですとIBMさんの製品はむずかしくて・・・グフッ と思っていたのですがこの製品でかなり印象が変わりました。

ではでは、実際の製品について。

製品正式名称は「 IBM MobileFirst Protect 」で旧名称は「 MaaS360 」となります。

なぜ旧名称が?という点ですがこの製品IBM社が買収した製品になります。

買収元の会社は「 FiberLink 」という会社になります。まだ、買収して日が浅いのでWebのドメインやメール等にいろいろと痕跡が残っています。ちなみにまだ新名称はそこまでなじんでおらず、「 MaaS360 (まーすさんろくまるorまーずさんろくまる) 」と言ったほうが通じたりします(笑)

また、この製品ですが、「 Complete Enterprise Mobility Management 」と呼ばれています。おそらく大半の人がナニソレ?おいしいの?状態かと思うのでちょっと補足します。

最近のモバイル関連製品のくくりとして「Enterprise Mobility Management」というものが出てきています。このくくり、ざっくりいうとMDMとMAMとMCMの機能が含まれたモバイル製品になります。絵的にはこんな感じです↓

Emm_2



IBM的には「CompleteされたEMM」とか、ちょっと前だと「Totalな」とか言っていました。そうなるとこの製品的にはどんなことができるのか?ということになりますが機能的にはCompleteとかTotalとか言ってしまう感じなのでいろいろあります(笑)

これも図でざっくり表しているものがあります

Emm_maas360

6つの機能のくくりがありそれぞれのくくりの中にも細かい機能があります。この記事で機能まで書いてしまうとかなりぐったりするのでまた今度・・・

では、この製品の何がよいのか?というところですが3つあります。

  1. 簡単
  2. 早い
  3. 安い(かも)

「1.簡単」ですがこの製品基本マニュアルがいりません。理由としてはコンソールがすべて日本語化されていて且つ各設定に設定の内容が記載されています。

「2.早い」ですが、あとでこっそり書きますが弊社のトライアル申込みサイトから登録してもらうとすぐに使えるようになります。環境にはいって単純な端末管理であれば30分~1時間で設定できます(経験談です)ですのでさあやってみよう!と始めれば1日である程度動かせるようになります。

最後に「3.安い(かも)」ですが、この製品は各機能ごとにライセンスが販売されています。具体的には↑にある6つのくくりだけでなく、その中の各機能単体での購入もできます。あーんど実は1ライセンスからも買えます!

そんなこんなでこの製品、いろいろと面白い話もありますし、勝手に宿題にしている機能の説明の話もありますので次回をご期待いただければと思います。

☆宣伝

この製品のトライアルは弊社Webサイトから開始できます。

http://www.networld.co.jp/ibm/mfprotect/trial.htm

お時間のある方、興味のある方は是非!

鈴木(け)

2015/06/05

IBM V9000 GARAGEに立つ!!(日本初上陸!!)

皆様、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

はじめまして、ネットワールドのオールバック IBM担当の森(純)です。

 

先日、期待の新製品として産声を上げました、

FlashSystem 900、FlashSystem V9000というオールフラッシュストレージですが、、、

その内、、、、、

SVC、RtC等、機能が詰まったハイエンドマシンであるV9000が、、、、

なんと!!

日本初上陸した、まさに1台目が!!!

ネットワールドにやってきました!!

 

早速、先日ラッキング & 初期設定を実施しました。

『こいつ、、、うごくぞ、、、!(当たり前)』

『すごい、、、4倍以上のアップリンクの帯域がある、、、!(16G FC x 8 port)』

※ガ○ダ○風に言いたかっただけです。構成によります。

 

気になるパフォーマンス検証、機能検証は鋭意実施中なので、

またこのブログでもアップロードしようと思いますが、

私の一押し機能はコレ!!!

 

おもむろにベゼルに付いたUSB・・・・20150605_172104
コレは、コントローラー筐体前面のUSBポートに接続します。

コレをつけるとなんと・・・・・

 

V9000_3

 

今後も鋭意作成中の動画コンテンツと連動して、情報配信していきます!!

■直近の予定

・V9000  ラッキングもラックラック(楽々)!ラッキング手順公開!!

 (母さん。ダジャレも厭わない、おっさんに成長しました。)

・V9000 通常メーカーSEさんがやる初期設定作業やってみました!!

  (公開していいか、メーカーに確認中!)

・V9000  とにかく速いぞV9000!パフォーマンス速報!!

 (がんばれ!検証担当!!)

・V9000  光るロゴの明るさ測定!気になる結果は、漬け麺!イケメン!!何ルーメン!?

 (母さん。ダジャレも厭わな(ry)

 何ルクスかルックする!とどっちが良かっただろうか・・・



最後のはネタですが、ご要望が多ければ本当に調べます!!

今後のコンテンツも乞うご期待!!!

 

新しい案件を作るのは、メーカーの皆さんと検証をする我々、、、

そして、モニターの前のあなたたちです!!

、、、何人がお笑いオンエアバトルをしっているだろう。。。

日本初のV9000成約を心待ちにしております!!

 

IBM担当:森 純也 (最近はまっているもの:ヨーグルト培養)