*Microsoft Feed

2016/01/01

【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

明けましておめでとうございます。本年も Simapan 関連の連載を続けて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。第5回では、Simpana の重複排除機能を利用した手法と、VMware 仮想マシンのリストア手法をご紹介しました。今回の第6回では、Simpana のデータアーカイブ機能をご紹介します。

 

今日、データの飛躍的な増大によって、企業は、いかにして日々増え続けるデータを管理するか様々な課題を抱えています。日々増加するデータに対して、従来の方法でバックアップを続けていけば、バックアップの取得に必要な時間と保管媒体の容量も同様に増え続けることは明らかです。

 

【データの増大に伴う管理者の課題】

  • 運用管理の複雑化
  • バックアップ時間の増加
  • データ復旧時間の増加
  • システム性能低下への懸念
  • コンプライアンス対策

 

増え続けるデータに対して、データ保護のために取得している定期的なフルバックアップは、更新頻度の低いデータを繰り返し保存することになり、非常に効率が悪いバックアップ運用を実施することになります。更新やアクセス頻度の低いデータに対して、アーカイブの仕組みを実装することによって、稼働系システム上のストレージからアーカイブ先となる 2次ストレージに対象データを移動し管理されますので、その結果、稼働系システム上のストレージ容量が削減されて、バックアップ時間の短縮が図れるようになります。

 

Simpanaのデータアーカイブ機能では、1つのタスク(ジョブ)の中で、バックアップおよびアーカイブの両方を定義することができます。保護対象のデータは、Simpanaの重複排除ディスクライブラリにバックアップされて、その後、アーカイブルールの条件に合致するデータが移動(削除)されます。アーカイブ後に生成される「スタブ」アイコンをダブルクリックすることにより、いつでもデータにアクセスすることができます。

 

【ストレージ有効活用のための Simpana データアーカイブ環境】

Archive002_3

 

【アーカイブデータにアクセスするための「スタブ」の表示】

Archive001_2

 

Simpana のアーカイブ対象には、ファイルシステム、メールボックス、及び VMware 仮想マシン等が含まれていますが、ここでは、NAS のデータアーカイブを説明させていただきます。NAS のアーカイブ方式としては、次の2種類が提供されています。

 

  • NAS ベンダー提供の API と連携した方式 (NetAppおよびEMC)
  • NAS ベンダー提供の API とは連携しない方式 (Isilon、HDS、等)

 

続きを読む »

2015/06/01

Microsoft Ignite 2015 に行ってみた①

みなさん、こんにちは!


ネットワールド Microsoft 担当SEの M です。


今回初めてブログ記事を投稿させていただきます。

これから少しずつではありますが、Microsoft の情報、ネットワールドとして取り組みをこのブログで発信していきますね!


今回最初の投稿ということで、

今年の5月4~8日に開催されたMicrosoft Ignite 2015

への参加のため、アメリカ シカゴに行ってきたお話をさせていただきます。

シカゴといえば、こちらが有名です!

 

シカゴピザ!!

20150509_051750_3

肉厚パリパリジューシーでおいしいですhappy01

シカゴ・カブス!!

20150504_023810_2

歴史を感じる ザ・ベースボールでしたconfident

と関係ない話はさておき、


Microsoft Igniteは今年初めてのシカゴ開催にもかかわらず、

全世界から約20000名、日本からは約40名の方々が

参加されました。


私自身も初めてのこのような大規模な海外イベント参加でしたが、

この人の熱気!!

20150504_230322_6

20150504_230910_2

初日から大盛り上がりでした!


本当にこれだけの方々、キーパーソンたちが一同に介している

というエネルギーに圧倒されました。

 

今回、Microsoft CEOのサティア・ナデラ からも述べられていましたが、


「クラウド・イノベーション」


今後はこれがMicrosoft の進む方向性といえそうです。

 

keynote セッションや詳しい内容については確認したい場合は、

こちらから確認することができます。

ぜひ見てみてくださいね。


次回からは内容についても詳しく載せていきますのでお楽しみに。

 

Microsoft 担当SE M