« バルセロナより: Dockerとは? Containerとは? - その1 | メイン | バルセロナより: Dockerとは? Containerとは? - その2 : Copy on Write »

2014/10/23

ネットアップハンズオンセミナー絶賛開催中!

どうも、久しぶりのネットアップブログです。

弊社では定期的に『ネットアップハンズオンセミナー』なるものを開催しております。

講義と実習を通して、パートナーの方にネットアップを知ってもらう本セミナー、内容は...

「講義でネットアップの歴史から基礎的な技術、セールスポイントまで学べちゃう!」

「実習では、System Manager(GUIツール)を使ってCIFS共有までサクッとできちゃう!」

と、旨味たっぷりで毎回パートナーの皆様方に好評をいただいております。

そして2014年8月からは、ついに『Clustered Data ONTAP編(以下cDOT)』もスタートしまして、cDOTが気になっている方に是非ともオススメしたいコースであります。

さて、今回はそんなネットアップハンズオンセミナーのご紹介に加え、ちょっと趣向を変えて...デデンッ!

Tara2_2

セミナーにて教鞭を握るネットアップチーム・マーケティング担当のTさんとネットアップトークをしてまいりました。

---------------------------

――Tさんのネットアップ歴を教えてください。

「2005年からネットアップの保守をやり始めて、そこから僕とネットアップの歴史が始まりました。その当時は、まだFASのモデル名がFAS250など、3桁の時代でしたね」

――ネットアップ歴長いですね! セミナーのトレーナー歴はどれくらいですか?
「トレーナーは5年目で、ネットワールドでやり始めたのは今年の1月からです」

――ハンズオンをやっていて実感する、ネットアップの良い所はどんなところですか?
「ネットアップは簡単セットアップでお手軽構築できるところがいいですね! 他製品のハンズオンだと初期セットアップ込みで2日ほどかかることも多いですが、ネットアップハンズオンは午後から夕方でCIFSファイルサーバの構築を簡単にできちゃいますからね。他にも良い部分はありますが、そこは是非ハンズオンで聞いてください!」

――ハンズオンやってて良い事ありましたか?
「ハンズオンの受講者で、ネットアップにするかどうか迷っているお客様がいらっしゃいまして、構成について色々とアドバイスをさせていただいたところ、結果的にそのお客様に弊社で発注いただけた事です。他のお客様もこのハンズオンをきっかけにして、提案を進めていって頂けると嬉しいですね」

――それだけハンズオンの内容が良いってことですね! 最近『Clustered Data ONTAP編』も始まりましたが受講された方の反応はどうですか?
「cDOTに対するお客様の興味は高いですね。特に受講された後に多い感想は”cDOT、思ったより難しくないね”、”内容を理解すれば分かりやすいね”といった内容が多いです。実際、SVMを作ったら、SVMを一つのコントローラとして扱えば理解も早いのかなと思います。それと、cDOTはセットアップが面倒というイメージを持たれているお客様が多いのですが、ハンズオンではSystem Managerを使うので”System Managerだとそんなに難しくない”、”7モードとそこまで変わらないね”という意見も多いです」

---------------------------

今後受講される方は、上記イラストと実物を見比べてみたりイジッたりしてみるという視点で受講されるのも楽しいのではないでしょうか。

ハンズオンの詳しい情報はコチラまで!(※公開前に変更の可能性あり)

by HalfOpen






アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム