« 発想の転換:世界で最も早いストレージを作る! その1 | メイン | 発想の転換:世界で最も早いストレージを作る! その2 »

2015/12/25

clustered Data ONTAPパフォーマンス監視への道のり④

今回はOnCommand Performance Managerの基本設定セットアップ(GUI)を記載します

-------

OnCommand Performance Manager for VMware Virtual Appliances

基本設定 GUI

-------

1.設定した管理IPにWeb browserにアクセス

 例)https://<管理IP>

 サポートブラウザは下記になります。    

 • Mozilla Firefox ESR versions 24 and 31

 • Microsoft Internet Explorer (IE) version 11

 • Google Chrome version 41 and 42

 • Apple Safari version 7.x

2.ユーザ名とパスワードを入力して「Sign in」をクリックしてログイン

00010

3.基本設定の画面が表示されますので必要項目を入力して「Save and go to next step」をクリック

 ・Maintenance User Email Address

 ・SMTP Server

  -Host Name or IP Address

  -Port

   -User Name

   -Password

   -Use STARTTLS(チェックボックス)

  -Use SSL(チェックボックス)

00012


 ・NTP Server

  ※デフォルト「time.nist.gov」が表示されていますので必要に応じて修正して下さい。

00014

---

後で変更可能ですが、未入力の項目があると先進めませんので仮でも入力が必要です。

---

4.AutoSupport設定画面が表示されるので『Yes』を選択して「Save and go to next step」をクリック

00016


5.管理ユーザの変更画面が表示されます今回はそのまま「Save and go to next step」をクリック

00017_2

6.クラスタ追加画面が表示さますので必要項目入力して「Add Cluster」をクリック

・Host Name or IP Address

・User Name

・Password

・Protocol(HTTPS or HTTP)

・Port

00022

追加されると「Cluster Added」に登録されたことを確認して「Save and complete」をクリック

00024_2

---

後で変更、追加可能ですが、最低1Cluster追加しない先進めません。

---

7.完了しますとダッシュボードが開きます。そうしますと下記メッセージが表示されます。

00026_2

どうやら、15分ぐらい待つようなメッセージが出てきますね


次回は簡単ですが操作方法記載したいと思います。

/長谷部(ハセベ)

アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム