« (更新 100万ではなく120万!!) Nutanixは単一仮想マシンで100万IOPSを達成 - HCIでは世界初! | メイン | バックアップアプライアンスのHWスペックを調べてみた »

2017/12/28

IBMでコンテナ化されたクラウドに力を~IBM ITインフラブログより引用~

本記事のIBM社のPower Systems Cloud Offering ManagerのAlise Spence氏によってIBM IT Infrastructure Blogに投稿されたものからの引用です。

原文を参照したい方はPower your containerized cloud with IBMをご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

Fig348

先月、IBMは新たなオンプレミス用のIBM Cloud Privateを発表しています。

このIBM Cloud Privateについては以下のように表現されています。

An innovative and revolutionary platform-as-a-service (PaaS) offering, IBM Cloud Private incorporates the best of open source tools, including Kubernetes container orchestration, with the unique IBM values that enterprises need to be confident in a secure, compliant and performant private cloud platform.

革新的かつ革命的なプラットフォーム-アズ-ア-サービス(PaaS)製品で、IBM Cloud PrivateはKubernetesのコンテナオーケストレーションを含む最高のオープンソースツールをIBMの付加価値である企業に求められるセキュアでコンプライアンスを満たし、パフォーマンスについても確信を持って利用できるプライベートクラウドプラットフォーム上で動作させることができるようになっています。

IBM Power Systemsをネイティブにサポートしており、競合との差別化は以下のような点があげられます:

  • Developers can create blazing-fast apps by deploying cognitive services on hardware optimized for the work at hand, for higher container density and better throughput.
  • Apps that integrate new cloud-native apps and services with core business data on enterprise systems can be co-located with near-zero latency.
  • Data center administrators can deploy Cloud Private on their choice of Power servers including the IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanix, LC servers and enterprise servers with PowerVM.
  • 開発者は高いコンテナの統合率と優れたスループットのためのハードウェアに最適化されたコグニティブサービスを展開することで、非常に高速なアプリケーションを作成することができる
  • 新しいクラウドネイティブなアプリやサービスを統合するアプリケーションとエンタープライズシステムのコアビジネスデータをほとんど遅延のない場所に共存させることができる
  • データセンタ管理者はCloud PrivateをIBM Hyperconverged Systems powered by Nutanix、LCサーバ、そしてPowerVMを搭載したエンタープライズサーバを含むPowerサーバの中から選んで展開することができる

それぞれを詳しく見ていきましょう。。

Want to accelerate the speed of your apps? Our optimized hardware puts you in the driver’s seat with higher container density and better throughput.(アプリのスピードを高速化したい? 最適化されたハードウェアがより高い統合率のコンテナ、より良いスループットへと皆様をお連れいたします。)

A properly configured cloud environment delivers efficiency–a huge benefit to any business, especially when delivered by platform performance. Optimized for cognitive services, Power Systems can deliver insights faster. How? Because of fewer systems and improved horizontal and vertical scalability. The IBM POWER9-based AC922 delivers 3.8 times the reduction in AI model training times[1]. Other Power System servers deliver similar performance gains, all leading to faster and more accurate results for next generation deep learning workloads.

And with multi-architecture support for Docker containers, developers can easily control and automate which platform to deploy specific containers to for best results.

適切に構成されたクラウド環境が効率性を提供します ー あらゆるビジネスにとって巨大なメリットです、特にプラットフォームにパフォーマンスがもたらされた場合には。コグニティブサービスに最適化されたPowerシステムは知見をより高速に提示します。どうやって? 選りすぐったシステムと改善された水平、垂直の拡張性によって、です。IBMのPOWER9ベースのAC922はAIモデルの教育時間を3.8倍も削減することに成功しました(*)。他のPowerシステムサーバも同様のパフォーマンス向上を示しており、全ての次世代のディープラーニングのワークロードをより早く、正確な結果へと導いています。

Dockerコンテナをマルチアーキテクチャでサポートすることで、開発者は最良の結果のためにどのプラットフォームへどのタイプのコンテナを展開するかということを制御、自動化することができます。

Integrate modernized cloud-native apps and services with core business data(コアビジネスデータを最新のクラウドネイティブアプリと統合)

Top enterprises use Power Systems for their most critical business data. Frequently, industry or government regulations are forcing them to find ways to make data more accessible while maintaining their required data security and availability. IBM Cloud Private on IBM Power Systems enables enterprises to create or modernize applications while providing tight integration with the critical data that applications require. By co-locating apps and data, clients will see near-zero latency when integrating with data stores managed in Linux, AIX, or IBM i environments.

トップ企業がそのもっとも重要なビジネスデータのためにPowerシステムを利用しています。よくあることとして業界や当局が標準仕様としてデータに必要なセキュリティと可用性を維持しながら、一方でデータへのアクセス性をより高めるような方法を探すべし、としていることがあります。IBM Powerシステム上のIBM Cloud Privateは企業がアプリケーションが求める重要なビジネスデータの緊密な統合を実現しながら、企業がアプリケーションを作成、もしくは近代化することができるようにします。アプリケーションとデータを同一の場所に格納することで、クライアントからはLinux、AIXもしくはIBM iの環境に管理保管されているデータと連携する際もほぼ遅延のないアクセスを実現することができるのです。

Deploy new cloud native apps on choice of infrastructure, including IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanix(IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixを含むインフラストラクチャから新たなクラウドネイティブアプリを展開先を選択できる)

IBM Cloud Private runs across the entire IBM Power Systems portfolio, POWER8 or above, requiring a little endian partition running any flavor of Linux. Clients wishing to leverage existing systems or skills can deploy Cloud Private into PowerVM LPARs. Clients looking to maximize performance for AI or data scientist workloads can opt for bare metal support on OpenPOWER systems. And clients looking to build out new infrastructure in support of new services can get the fastest time-to-value with minimal effort using IBM Hyperconverged Systems powered by Nutanix.

IBM Cloud Private for Power Systems Starter Kits makes it quick and easy to get started. These kits offer implementation guidance that helps organizations to get up and running quickly on their choice of Power Systems infrastructure: OpenPOWER scale-out, enterprise servers, or hyperconverged. When ready, clients can leverage a choice of service-optimized Power Packs, which are Reference Architectures to expand compute capacity and deploy production-ready HA clusters.

Click here to learn more about IBM Cloud Private and try the software, or click here to learn more about cloud solutions like IBM Cloud Private on IBM Power Systems and download a solution brief.

IBM Cloud PrivateはIBM Power システムのPOWER8以降のリトルエンディアンのパーティショニングを稼働させているあらゆるLinuxのすべてのポートフォリオで動作します。既存のシステムを活用する事もできますし、もしくはスキルさえあればCloud PrivateをPowerVM LPARS内に展開することもできます。AIやデータサイエンティストのワークロードの性能を最大化したい場合にはOpenPOWERシステムのサポートの元ベアメタルを利用することもできます。そしてもっとも価値創出までの時間の短い、新しいインフラを最小の労力で作成したいという場合にはIBM Hyperconverged Systems powered by Nutanixをつかうとよいでしょう。

IBM Cloud Private for Power Systems Starter Kitsを利用すれば、素早く、簡単に始めることができます。こうしたキットは実装のガイダンスが記載されており、ご自身の選択したPower システムインフラストラクチャ(OpenPOWERのスケールアウト、エンタープライズサーバ、またはハイパーコンバージド)の稼働開始、稼働の手助けとなります。準備ができたら、サービスに最適化されたPower Packを選び活用することもできます。これにはコンピューティングキャパシティの拡張や本稼働系を展開する際の高可用性クラスタのためのリファレンスアーキテクチャが含まれています。

IBM Cloud Privateについてより詳しく学ぶ、もしくはソフトウェアの試用については こちら をクリック。または こちら をクリックして、IBM Cloud Private on IBM Power Systemsなどのソリューションについて詳しく調べたり、ソリューションブリーフをダウンロードして下さい。

もしもアプリケーションの近代化でどれほどスピードが上がるのかを知りたいのであれば、以下のライブウェブキャストにもご参加下さい :

Bring the Changes Your Customers Want: application modernization and agility with IBM Cloud Private on Power Systems(お客様の要求に変化をもたらす : IBM Cloud Private on Power Systemsでアプリケーションの近代化と俊敏性を)

Time and Date:  11:00 AM EST, January 11, 2018 (日本時間 :2018年11月12日1:00 AM)

Register here. https://event.on24.com/wcc/r/1560084/CF1B4670D48B2BAD72B54C8CD25C8A83

(*) •Results are based IBM Internal Measurements running 1000 iterations of Enlarged GoogleNet model (mini-batch size=5) on Enlarged Imagenet Dataset (2240×2240) .

  • Power AC922; 40 cores (2 x 20c chips), POWER9 with NVLink 2.0; 2.25 GHz, 1024 GB memory, 4xTesla V100 GPU ; Red Hat Enterprise Linux 7.4 for Power Little Endian (POWER9) with CUDA 9.1/ CUDNN 7;. Competitive stack: 2x Xeon E5-2640 v4; 20 cores (2 x 10c chips) /  40 threads; Intel Xeon E5-2640 v4;  2.4 GHz; 1024 GB memory, 4xTesla V100 GPU, Ubuntu 16.04. with CUDA .9.0/ CUDNN 7 .

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

本当は年明けに・・・と思っていたのですが、1月12日の深夜1時からのIBMさんのウェブセミナーの告知も含まれていたので、こんな日にも記事を出しております、ゴメンナサイ。

Nutanix担当の目線でいくと、Nutanix on Powerの上で、IBM Cloud Privateを動作させれば、「Googleのようなウェブスケールなインフラ上でIBMのクラウドが動く」という事になります。重要なデータをAIやコグニティブサービスを使ってビジネスに活用していく、こうした世の中だからこそのプラットフォームだと思います。

アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム