« どうしてNutanix AHV(旧称 : Acropolis Hypervisor)は次世代のハイパーバイザーなのか? パート5 - 信頼性 | メイン | どうしてNutanix AHV(旧称 : Acropolis Hypervisor)は次世代のハイパーバイザーなのか? パート6 - 性能 »

2017/12/20

Nutanix Marketplaceはどのように開発者とIT部門を一緒にするのか?

本記事はNutanix社のオフィシャルブログの翻訳版です。原文を参照したい方はHow Nutanix Marketplace Brings Developers and IT Togetherをご確認ください。情報は原文の投稿時のままの情報ですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が出ている場合があります。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報はぜひ以下のポータルから取得ください(初回はID、パスワードの取得が必要です)。

ニースにおいて、我々は新しいエンタープライズのための先進的なパブリッククラウドのような消費モデルの開発者中心のサービスを発表しました。この記事では開発者とITをより緊密にするという我々の見通しを共有させていただきます。そこではよりよいコラボレーションが育まれ、アプリケーションの俊敏性が増すことになります。これによって組織に劇的な効果が上がることになるでしょう。

開発者とITに共通して必要とされる一般的な目的には市場への迅速な投入の加速、対応時間の短縮、インフラストラクチャの問題の解決に費やす時間の最小化などがあります。しかしながら、開発者は最新の技術の取り込みとオンデマンドなリソースの提供に目を向けがちで、IT側はアプリケーション開発者を手助けする適切なツールの必要性についてはしばし目を伏せがちです。Nutanixは既に管理、アップグレード、ITリソースの拡張のシンプル化などの優れたプラットフォームを提供することで市場への投入時間を短くするという部分については提供をしてきています。しかし開発者は本当にサービスの提供についてNutanixプラットフォームを利用していることの価値を感じているのでしょうか?例えば、コンテナの世界に置ける最先端のイノベーションを活用できているでしょうか?開発の業務に集中できるようにするために自動的にコンテナプラットフォームが展開される様になっているでしょうか?ここにNutanix Marketplaceが登場してきた意味があります。

セルフサービスのちからを与える ー ワンクリック、エニークラウド

Nutanix Marketplaceは我々の2017年Q4でのリリースを予定しています。開発者に一箇所からただのワンクリックで必要なアプリケーションリソースを瞬時に利用開始できるようにします。チームにとっては自身のための特別オーダーメイドとなる様々な展開オプションをユーザーの役割とグループに応じて手に入れることができるようになります。Nutanix Marketplaceからアプリケーションの1つを起動するということは、MarketplaceやまたはカスタムのITが事前に作成した、事前に定義された全体が自動化された手順のフローをインスタンス化するということです。これには仮想マシン、バイナリ、必要なアプリケーション構成が含まれています。これを利用することで開発者は自分自身の必要とするスピードで完全にセルフサービスの状態でサービスを利用することができます。

ITの観点からは、単により良く、迅速なサービスを提供できるということだけに留まりません。アプリケーションはマーケットプレイスからいつも実行可能ですし、再現性があり、数日もしくは数ヶ月のアプリケーションの展開や管理の提携作業を取り除くことになります。すべてのユーザーのアクティビティはエンドツーエンドで追跡可能で、トラブルシューティングや互換性のニーズを解決することにも役立ちます。

マーケットプレイスは我々のオープンなアプローチということを前提に設計されています。開発者はアプリケーションをオンプレミスに、もしくはパブリッククラウドにもしくはその両方にまたがっても展開するということを選択することができます。結果としてITはマルチクラウド戦略を実現しながら、その利用状況やクラウドをまたいだリソースのコストについても可視性を手に入れることができるのです。

Fig319

事前統合のBlueprint

開発者は常に新たな開発、検証、コード投入の新しい考え方やツールを取り込むことで開発のプロセスを改善しようと考えています。これを最終目標として、Nutanixは事前に統合され、検証の済んだblueprintを提供し、ITチームが新しいテクノロジーを自身の環境に迅速に導入できるようにします。これらの事前統合されたblueprintを用いることでIT部門は開発者とともに新しいツールを迅速に試験導入し、共同でそれを利用するかどうかの決断をすることができます。この能力は新しいツールの実権を育むということだけではなく、チーム間のコラボレーションを生み出すことにもなります。

上のスクリーンショットではJenkins、Puppet、Hadoop、そしてMySQLなどの事前統合されたblueprintを確認することができます。NutanixはGoogleとのパートナーシップの中でコンテナのオーケストレーションプラットフォームであるKubenetesのblueprintも提供します。このblueprintではNutanixのオンプレミスとパブリッククラウドの両方へKubernetesクラスタを展開することができます。以下のスクリーンショットでは35ページにも及ぶガイドが必要なほど複雑で、多くのコンポーネントと様々なスクリプトが必要になる厄介な手順がシンプルなblueprintへと翻訳され、マーケットプレイスからワンクリックで利用可能になるということを確認できます。

Fig320

まとめると、Nutanix MarketplaceはIT部門に対し、開発者のための優れたセルフサービス環境を実現するための素晴らしい方法をご提供しながら、より良い統制とマルチクラウド戦略への簡単な道筋を提供します。Nutanixでの自動化についてもっとよく知りたいですか? Nutanix CalmのページまたはCalmの技術メモをダウンロードして下さい。

Forward-Looking Statements Disclaimer

This blog includes forward-looking statements, including but not limited to statements concerning our plans and expectations relating to product features and technology that are under development or in process and capabilities of such product features and technology, our plans to introduce product features in future releases, product performance, competitive position and potential market opportunities. These forward-looking statements are not historical facts, and instead are based on our current expectations, estimates, opinions and beliefs. The accuracy of such forward-looking statements depends upon future events, and involves risks, uncertainties and other factors beyond our control that may cause these statements to be inaccurate and cause our actual results, performance or achievements to differ materially and adversely from those anticipated or implied by such statements, including, among others: failure to develop, or unexpected difficulties or delays in developing, new product features or technology on a timely or cost-effective basis; delays in or lack of customer or market acceptance of our new product features or technology; the introduction, or acceleration of adoption of, competing solutions, including public cloud infrastructure; a shift in industry or competitive dynamics or customer demand; and other risks detailed in our Form 10-K for the fiscal year ended July 31, 2017, filed with the Securities and Exchange Commission. These forward-looking statements speak only as of the date of this presentation and, except as required by law, we assume no obligation to update forward-looking statements to reflect actual results or subsequent events or circumstances.

© 2017 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix, AHV, Acropolis Compute Cloud, and the Nutanix logo are registered trademarks or trademarks of Nutanix, Inc. in the United States and other countries. All other brand names mentioned herein are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s).

記事担当者: マーケティング本部 三好哲生 (@Networld_NTNX

Ntc2017_2

今回もニースで発表になった内容の記事となります。Nutanix Calmはマルチクラウド環境に置けるオーケストレーションを実現するのみならず、スケールアウト、アップグレードなどのアプリケーションライフサイクル全体をコントロールする意欲的なプラットフォームです。

このCalmを最も簡単に利用できるようにするのがこのNutanix Marketplaceです。ワンクリックとある通り、Nutanixの上にこのマーケットプレイスのアプリケーションを展開するのは本当に簡単で、新しい技術を少し試してみようというところから、その先に本格的に導入しようという場合、そしてその環境をパブリッククラウドへと移行させようという場合、様々なライフサイクルの局面で利用することができます。

自動化って・・・開発者のものだよねもしくはDev/Opsだよね、というちょっと大変そうな道ではなく、ワンクリックで簡単な道を用意してくれています。閉ざされた自動化が少しでも開ければと思い、私も期待しています。登場が待ちきれません。(翻訳時には登場が待ちきれませんでしたが、なんとリリースされています!)

アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム