« Citrix Synergy 2018 キーノートまとめ | メイン | Azure 上で SharePoint Server 2016 をオフラインインストールしてみよう!(後編) »

2018/05/23

Nutanix Kubernetes Volume Plugin For On-Demand Choice

本記事の原文はSr Technical Marketing Engineer であるDwayne Lessner氏によるものです。
原文を参照したい方は <こちら > をご覧ください。
情報は原文の投稿時のものですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が生じている場合があります。
当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら
ネットワールドのNutanix関連情報は、ぜひ当社のポータルから取得ください。
(初回はIDおよびパスワードの取得が必要です。)

F833137caf334861998c7efd697f061c_th

NutanixはDocker Volume Pluginを長い間提供してきました。そして今Kubernetes Volume Pluginを利用するための新しいプラグインオプションを追加します。

Nutanix Kubernetes Pluginは多くのオプションをKubernetesの自動化の選択肢として利用したいユーザに提供します。

Docker Incのように 私たちは会社内での異なる部門、または個々の開発者の方々でさえもどんなソリューションにも縛られたくないと実感しています。

NutanixはStaticとDynamic Provisioning の両方のPersistent Volumeをサポートします。

以下はKubernetes Documentationより

  • A PersistentVolume (PV):

管理者によって提供されたクラスタ内のストレージの一部で、 ノード = クラスタのリソースと同じようなクラスタ内のリソースです。

PVsはボリュームの様なプラグインですが、PVが利用する個々のPodでは独立したライフサイクルを持もっています。

このAPIオブジェクトはストレージ(NFS, iSCSIまたはCloud-provider-specific)の実装の詳細を取得します。

  • A PersistentVolumeClaim (PVC):

PVCはユーザからのストレージリクエストで、podに似ているものです。

Podはノードリソースを消費しPVCはPVリソースを消費します。Podは特定のリソース(CPUやmemory)を要求し、Claimは特定のサイズとアクセスモードを要求します。

Nutanix Kubernetes Volume PluginはABSストレージベースのiSCSIを利用しており、NFSv4の追加でさらに多くのオプションの追加がされる予定です。

高度なデータ配置を行うNutanix Enterprise Cloud OSはすべてのAll Flash , Hybrid , All Flash & Hybrid のmixed上で実行する事が出来き、さらにストレージオンリーノードの追加で様々なニーズに対応する事が出来ます。

次の例では、お客様は仮想マシン群とコンテナを動作させている8つのAllFlashノードと4つのストレージオンリーノード(Hybridタイプ)を拡張ストレージとして持っているとします。

他のリソースがビジーとなる場合にNutanixABSからストレージオンリーノードを含むすべてのノードからストレージ利用が出来ます。

305dd57a7f2c43ea9e51a3a523b5b090

新しいPluginを試すために、SwarmとKubernetesの両サポートのベータ版である最新のDocker Datacenterを利用してテストを行いました。そこで、

4つ無効なIPを持つワーカーノードとすべてのノードは同じiSCSI イニシエーター名が実装されていました。iSCSIイニシエーター名は /etc/iscsi/initiatorname.iscsiで定義する事が出来ます。(defaultはiqn.1994-05.com.nutanix:k8s-worker)

ローカルクライアント上のkubectlを設定しないでいくつかのマネージャーのコマンドを実行してみました。

画像はDDCのアカウントセットアップを始めたものです。

この方法で気に入っているものはDDCへのログインするセキュリティです。他のエントリーポイントを持っていません。

C8c3121a22b4427da35c357249987d05Nutanix Pluginで最も興味のあることは開発者がPersistentStorageのサービスレベルを選べる事であると考えました。

プラグインをセットアップする際はStorage Classを作成する必要があり、クラスはゴールドとシルバーの2つです。

ハイブリットクラスタの環境ではお客様はGold Tierを選択する事ができ、Gold Tier では自動的にvDiskをSSDTierに配置されます。

ピンニングされるため、Ultimateのライセンスが必要となります。

Metadata内の名前フィールドでお客様がしなければ行けないことはGoldまたはSilverのどちらのサービスレベルを利用したいかを選択するだけです。次はどのようにNutanixのStorageClassを作成するかのサンプルです。

code:

kind: StorageClass
apiVersion: storage.k8s.io/v1
metadata:
name: class_type provisioner:
nutanix/abs parameters:
prismEndPoint: prism_ip_address:port
dataServiceEndPoint: data_service_ip_address:port
user: user_name
password: password
secretName: kubernetes_secret_name
storageContainer: storage_container
fsType: file_system_type
chapAuthEnabled: "true_or_false"
iscsiSecretName: iscsi_secret_name
defaultIqn: kubernetes_worker_node_iqn

All Flash でテストではストレージをSSDへ固定する必要ありませんので、Silverのストレージクラスを選択しまし、その為には、ストレージクラスを利用するためにのPersistent Volume Claimを作成しなければいけません。

Dynamic Persistent Volumeを作成するとPlug-inは自動的にボリュームを提供します。PVC APIsはストレージ要求で利用され、PVCによってサイズとアクセスモードを指定できます。

Podが削除された際は、ボリュームがリリースされたと判断されてその後に削除されます。デフォルト動作はReclaimPolicy からRetainにすることで変更が可能です。

65d08fac1b8c4c75a38607aa72d324b8

上の図のVolume Group detailsではFlash modeが無効かされています。PolicyがGoldだった場合はFlash Modeが有効化されます。

NutanixとDockerのご利用にあたってはSwarmとkubernetesを同じクラスタ上で実行する事が可能となることは、開発者にとっては非常に喜ばしいことではないでしょうか

41f9d485816d4deabff49f22c902e76c

Nutanix Kubernetes volume pluginの詳細なドキュメントはポータルサイトよりご覧ください。

このようなプラグインを利用する場合などは機能とライセンスをきちんと確認する事が大切です。

Forward-Looking Statements Disclaimer
This blog includes forward-looking statements, including but not limited to statements concerning our plans and expectations relating to product features and technology that are under development or in process and capabilities of such product features and technology. These forward-looking statements are not historical facts, and instead are based on our current expectations, estimates, opinions and beliefs. The accuracy of such forward-looking statements depends upon future events, and involves risks, uncertainties and other factors beyond our control that may cause these statements to be inaccurate and cause our actual results, performance or achievements to differ materially and adversely from those anticipated or implied by such statements, including, among others: failure to develop, or unexpected difficulties or delays in developing, new product features or technology on a timely or cost-effective basis; delays in or lack of customer or market acceptance of our new product features or technology; the failure of our software to interoperate on different hardware platforms; failure to form, or delays in the formation of, new strategic partnerships and the possibility that we may not receive anticipated results from forming such strategic partnerships; the introduction, or acceleration of adoption of, competing solutions, including public cloud infrastructure; a shift in industry or competitive dynamics or customer demand; and other risks detailed in our Form 10-Q for the fiscal quarter ended October 31, 2017, filed with the Securities and Exchange Commission. These forward-looking statements speak only as of the date of this presentation and, except as required by law, we assume no obligation to update forward-looking statements to reflect actual results or subsequent events or circumstances.

■フィードバックセミナーのご案内

.NEXT 2018 ニューオリンズの最新の情報をフィードバックセミナーを通して共有させて頂きます。

是非こちらもご参加頂ければ幸いです。

大阪: 2018.05.25(金) 14:00~17:25
東京:2018.05.29(火) 14:00~17:25


お申し込みはこちらから

記事担当者 : SI技術本部 カッシー @Nutanix_NTNX

アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム