アクセスランキング

フォトアルバム
お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp

« Lenovo ハードウェア管理ソフトウェアXClarityについて (その1) | メイン | Lenovo ハードウェア管理ソフトウェアXClarityについて (その2) »

2019/04/10

Acropolisハイパーバイザーを使用した柔軟なDRとコスト削減

本記事の原文は記事の原文はNutanix Community Blog の翻訳になります。原文を参照したい方は、Flexible DR and Reduce Cost By Using The Acropolis Hypervisor をご確認ください。

当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら

ネットワールドのNutanix関連情報は、ぜひ当社のポータルから取得ください。

(初回はID、パスワードの取得が必要です)


今日のAcropolis 4.5では、Xtreme Computing Platform(XCP)の私たちの非同期レプリケーションのスケールアウトの驚異すべてを楽しむことができます。 VMごとのスナップショットにより、管理者は従来の方法と比較して、数えきれない時間を節約できます。

 

複数のVMをNutanix保護ドメインにまとめて、同じRPOを持つ単一のエンティティとして操作することができます。これは、Microsoft SQL ServerベースのアプリケーションやMicrosoft Exchangeなどの複雑なアプリケーションを保護しようとするときに役立ちます。 VMをグループ化するという保護ドメインアプローチと、異なるVMを単一のLUNに統合するという従来のSANアプローチを使用することの主な利点は、VMのポータビリティです。データを移動またはコピーしたり、ビジネス継続性のデザインを再設計したりする必要なしに、XCP上の異なる保護ドメイン間でVMを移動できます。 従来のSANの場合、VMのSLAを変更するには、おそらくVMを別のLUNまたはボリュームに移行する必要があります。新しいストレージとともに、ハイパーバイザー層も考慮される必要があり、また、設定にかかる時間と労力を考慮する必要があります。

 

NutanixのVM単位のスナップショットでは、プライマリNutanixクラスタから1つ以上のセカンダリNutanixクラスタに個々の仮想マシンを効率的に複製することもできます。XCPは、ファンアウトおよびファンインまたはマルチウェイのレプリケーションモデルをサポートすることで、バックアップおよび災害復旧用の柔軟なマルチマスター仮想化環境を構築できます。多数のリモートオフィスやブランチオフィスへの配備では、柔軟な展開モデルが役に立ちます。

755i05e85a8be17c65eb

柔軟なトポロジオプションは、サードパーティの管理ソリューションに関係しない

 

 

興味深いことに、Acropolisベースのハイパーバイザークラスタは、ESXiのバックアップクラスタにも使用できます。プライマリ側に低い保持スケジュールを設定し、リモートの Acropolis側に大きな保持スケジュールを設定できます。今日では、当社のストレージオンリーノードNX-6035c(※現在は販売終息)を使用して、ストレージとライセンスのコストを節約するためのバックアップクラスタを形成することもできます。 リモートサイトでAHVを使用して、企業でESXi / Hyper-Vクラスタに複製することもできます。

 

もう1つ言及しておく価値があるのは、レプリケーションサービスもスケールアウトされているということです。 Nutanix上でクラスタを拡張しても、レプリケーションがいくつかのノードでボトルネックになることはありません。 すべてのノードはレプリケーションに参加するように設計されています。

 

このオンラインガイドには、当社のSr. Global Servicesのリソースで作成された Asyncレプリケーションの設定までを順を追って説明しています。 概要はvSphereのものですが、プロセスはAcorpolisハイパーバイザーのものとまったく同じです。

 

ここでAysncのセットアップ手順をチェックしてください

-> https://vmwaremine.com/2015/10/26/prepare-for-the-worst-and-oh-no-need-to-hope-for-the-best-part-13/#sthash.WCGgL0nz.3fv5t4WS.dpbs

 

Acroplois HypervisorのDRについての質問 ここにコメントを残すか、@dlink7をツイッターで私を見つけてください。


3年ほど前の古い内容となりますが、Nutanix の機能としてのストレージレベルのスナップショットを利用したバックアップレプリケーション、DRに関する記事を翻訳いたしました。

 

記事担当者 : SI技術本部 キタガワ @Networld_NTNX