アクセスランキング

フォトアルバム
お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp

« 2019年9月 | メイン

2019年10月

2019/10/09

【速報 Keynoteレポート】 .NEXT 2019 in Copenhagen

こんにちは。
ネットワールドでNutanixを担当している松本です。

10月8日からコペンハーゲンで開催されている Nutanix年次イベント「.NEXT 2019 in Copenhagen」に参加しています。

8日はパートナー向けセッションのみとなり、本日9日からメインイベントとなっています。
このエントリーでは、先ほど Keynoteで発表された内容を速報ベースでお伝えします。

20191009_064915899_ios

◆HPE ProLiant DX SolutuionsとGreen Lakeのリリース

改めてProLiant DX Solutionsの販売開始とGreen Lakeの提供開始の発表がありました。

*Nutanix社のプレスリリース「Hewlett Packard Enterprise and Nutanix Announce General Availability of GreenLake and ProLiant DX Solutions」
https://www.nutanix.com/press-releases/2019/hpe-and-nutanix-announce-general-availability-of-greenlake-and-proliant-dx-solutions

*Nutanix社のブログ「HPE GreenLake with Nutanix is ready!」
https://www.nutanix.com/blog/hpe-greenlake-with-nutanix-is-ready

*Nutanix社のブログ「Nutanix and HPE Team Up Together to Deliver Cloud Simplicity On-Premises」
https://www.nutanix.com/blog/nutanix-and-hpe-team-up-together-to-deliver-cloud-simplicity-on-premises

*現在提供されているDX Soltuionsの製品ラインアップ
https://www.nutanix.com/viewer?type=pdf&path=/content/dam/nutanix/resources/datasheets/ds-nutanix-hpe-dx.pdf

◆ServiceNow IT Operations Managementとの連携の発表

国内でも話をよく聞くServiceNow社の統合管理ソフトウェアとの3つの機能の連携が発表されました。

  1. ServiceNowのCMDBでNutanixのインベントリを管理可能に!
  2. ServiceNowのイベント管理でNutanix Xplay経由でNutanixのアラートを一元管理が可能に
  3. ServiceNowのセルフサービスポータルでNutanix Calmのカタログの統合が可能に!

*Nutanix社のプレスリリース「Nutanix Announces New IT Automation for Private Clouds」
https://www.nutanix.com/press-releases/2019/nutanix-announces-new-it-automation-for-private-clouds

*Nutanix社のブログ「Nutanix Integration with ServiceNow」
https://www.nutanix.com/blog/nutanix-integration-with-servicenow

◆Calm 2.7のリリース

上で紹介したServiceNowとの連携もあり、それに合わせて既に8月にリリースされているCalm 2.7のアップデート内容についても紹介されています。

*Nutanix社のブログ「Calm 2.7: ServiceNow integration, Easy Single VM Operations, Variable Validation and More!」
https://www.nutanix.com/blog/calm-2-7-servicenow-integration-single-vm-operations-variable-validation-more

◆Xi Beamのセキュリティ監査機能のプライベートクラウド対応

意外と知られていませんが、2018年3月にMinjar社を買収し、その後マルチクラウド管理SaaSとして提供されているXi Beamがあります。そのXi Beamが、SaaSとPrism Centralの間にBeam VMを展開することによって、プライベートクラウドのセキュリティを監査ができるようになりました。

Xi Beamは他社のマルチクラウド管理SaaS製品と比較してもセキュリティ監査に強みがあり、ベンダーのベストプラクティスだけでなく、PCIDSSやHIPAAのような業界準拠が要求される監査に対応しています。紹介記事を見るところ、ハイパーバイザーはAHVに限らず他のハイパーバイザーもサポートするようです。

Fireshot_capture_192_nutanix_inc_be

*Nutanix社のブログ「Introducing: Security Compliance for Nutanix Private Cloud」
https://www.nutanix.com/blog/introducing-security-compliance-for-nutanix-private-cloud

それ以外にも、Nutanixの新しいキャンペーン「All Togher Now」ビデオが流れ、HCIベンダーとして統合してきた コンピュート/ストレージ/サーバ仮想化 のみならず、アプリケーションやデータベース、仮想デスクトップに加えて、クラウドもすべて1つにしていく、というNutanixのメッセージが示されました。

https://www.nutanix.com/together

Xi Leap のライブデモでは、オンプレミス環境の災害を想定したアプリケーションの GCP上 Nutanix環境へのDR移行が行われ、会場からは大きな拍手が送られました。

Xi Clustersデモでは、数クリックでユーザのAWSアカウントに Nutanixクラスタを構築するデモが行われました。実際のUSリージョンにある環境で ネットワーク負荷テストを行い、AWSネイティブに迫るスループットをたたき出すことで、オーバーヘッドのない環境を利用できることが示されました。

Xi Clusters は環境を停止するハイバーネーション機能を備えており、従量課金のコストを抑えて運用することができます。現実的なハイブリッドクラウドソリューションとして期待が高まりますね。

Img_7856_3

◆まとめ

創業から10周年を迎えた Nutanix は、そのソリューションの幅を大きく広げユーザのニーズに答えるため前進し続けています。HCIのリーダーとして NVMe、SPDK、Optaneなど新しい技術にも着実に対応しながら、ハイブリッドクラウドへと舵を切り様々なサービスを提供しようとしています。

Nutanixの動向に今後も注目したいと思います。

2019/10/07

Arcserve UDP Cloud 技術支援セミナー、まもなく開催です!

クリックして申し込む!

バックアップ担当SEの宮内と申します。

先日のブログ記事をご覧くださった皆様、ありがとうございました!

早いもので、Arcserve UDP Cloud HybridArcserve UDP Cloud Directをご紹介するセミナーの開催日も今週末に迫ってきました。まだ参加の準備ができていない方はぜひ、こちらからお申し込みくださいませ!

僭越ながら私も当日少し登壇させていただきます。セッションで使用する資料も一生懸命準備中!

…なのですが…ちょっとページ数を多く作りすぎてしまいました…すみません、慣れないもので…

発表資料のダイエットをしつつ、この場を借りて没になったネタを宣伝がてら供養させていただきたいと思います!せっかくですからね。

それでは、明日人に教えたくなる(かもしれない)知識を2つほどご紹介します!

一身上の都合により、いずれもArcserve UDP Cloud Directのネタとなります。


没ネタ① Arcserve UDP Cloud Direct のDRaaS用仮想基盤はHyper-V

Arcserve UDP Cloud Directは、BaaSとDRaaSという2つのサービスに大別されます。

このうち、DRaaSはArcserveのクラウドの上に仮想マシンを復旧させて、災害時などにも迅速に業務を再開できるようにするためのサービスです。

特に公開情報があるわけではないのですが、この災害復旧用VMはHyper-V基盤上で動いています。

ちなみに、判断ポイントはいくつかあると思うのですが、個人的にはデバイスマネージャーを見ると分かりやすいかなと思います。

1

ちなみに、Hyper-Vの場合はゲストOSからホスト名や仮想マシンの名前なんかも見ることができます。興味がある方は調べてみてくださいね。

2

なんとなく隠してみました。


没ネタ② 仮想アプライアンスの初期セットアップは途中で引き返せる!

Arcserve UDP Cloud Directでは、物理サーバーも仮想マシンもバックアップできます

仮想マシンのうち、vSphere基盤はESXiホスト上に仮想アプライアンスを建てることでエージェントレスバックアップを実現できます。

基本的にはGUIのセットアップウィザードに従って次へ次へと進めていくだけで3ステップくらいでセットアップできるのですが、実はこのセットアップウィザードは途中で引き返すことが可能です。

最初に設定したときと引き返したしたときで画面が違うので、ちょっと面白いですよ!

(と個人的には思ったのですが、説明が複雑な割にそんなに共感してもらえなさそうなので没にしました…)

4

ただし、アカウント(メールアドレス)との紐付けやシステム名などは変更できないので気をつけてくださいね。


それでは当日お会いできることを楽しみにしています。

小ネタにお付き合いいただきありがとうございました!

1

書いた人:宮内