« 2019年10月 | メイン | 2019年12月 »

2019年11月

2019/11/20

Unity XT480 パフォーマンス検証

皆様こんにちは!

今回はUnityの新ハードウェア(ソフトウェアは変わりません)であるUnityXTの情報です。ついに検証機がNetworld社にも届きました!!!本記事ではUnityXT480のパフォーマンス検証を実施し公開していきたいと思います。

4_2

大きく変わった点としては、Skylake&Dual CPUに対応(ただしXT480以降でXT380はSingle CPU)になります。かなりパワフルなハードウェアになりましたね!

2

もちろん、アーキテクチャーはそのままなので今までのUnityと操作感も変わらずシンプルに設定することが可能です。重複排除率もより高まり、性能も大きくアップしています。

それが本当かどうかを確かめるために、実際にベンチマークをやっています!今回もネットワールドではおなじみになりつつある、以下の複数のIOパターンでストレージに負荷をかけていきます。

4

テスト結果については逐次報告できればと思います。以下のDell EMCストレージWikiのブログで3~4週程度に渡って公開していきますのでこうご期待!!!

ではまた。

<Unity XT480 パフォーマンス検証>

<UnityXT480 パフォーマンス検証 実際にやってみた編>

2019/11/12

Unity OE5.0 新レプリケーションを試してみた!!

ちょっと疲れたので、皆様こんにちは!

今回も恒例でDellEMCコミュニティのストレージWiki(ブログ)に連載し情報を提供しています!今までUnityOEでは1つのファイルシステム、LUNを対象に1対1のレプリケーショントポロジしか対応していませんでした。弊社開催のハンズオンなどでも1つのデータを複数のサイトにレプリケーションをしたいという要望を多々いただいていましたが今はまだ未対応です。。。と答えていましたが、ついに2019年の6月リリースのOE5.0で複数のレプリケーショントポロジに対応しました!

One to Manayトポロジ

1tom

Fan-Outトポロジ

Fanout

Cascadeトポロジ

Cascade

今回はUnityの筐体内レプリケーションからUnityVSAへのカスケードレプリケーションを試していますので、是非、ご覧ください!

<Unity OE5.0 新レプリケーションを試してみた!! >

2019/11/01

Avamar Virtual Edition最新版を入れてみた!

ヘローワールド!! 皆様こんにちは。

HCIと言えば、現在はAvamar VE(バーチャルエディション)によるデータプロテクションの連携ブームがきてます!きてます!

今回は、実際に公開されている記事も少ないAvamarVEの最新版の構築をやってみたという話題です。

実際に、HCIのバックアップ提案で今もっとも熱い構成です。ユーザーにとって非常にメリットのある製品サポート窓口の一括化の提案もでき、VxRail+Avamar VE+Data Domainのバックアップ連携は非常にホットになっています。

1

また、AvamarのプラグインをインストールすることでvSphere上で利用できるAvamar AUI(Avamar User Interface)にも要注目です!

今後はAvamar Administrator(管理GUI)ではなく、下記HTML5ベースでAvamarの管理設定をしていくことになりそうです。

Photo

今回も、本家であるDellEMCコミュニティのストレージWiki(ブログ)に連載し情報を提供していますので是非ご覧ください!

<Avamar Virtual Edition最新版を入れてみた!>

ではまた、お会いしましょう!