« Unity OE5.0 新レプリケーションを試してみた!! | メイン | Nutanix Era でDBサーバ運用を自動化くん »

2019/11/20

Unity XT480 パフォーマンス検証

皆様こんにちは!

今回はUnityの新ハードウェア(ソフトウェアは変わりません)であるUnityXTの情報です。ついに検証機がNetworld社にも届きました!!!本記事ではUnityXT480のパフォーマンス検証を実施し公開していきたいと思います。

4_2

大きく変わった点としては、Skylake&Dual CPUに対応(ただしXT480以降でXT380はSingle CPU)になります。かなりパワフルなハードウェアになりましたね!

2

もちろん、アーキテクチャーはそのままなので今までのUnityと操作感も変わらずシンプルに設定することが可能です。重複排除率もより高まり、性能も大きくアップしています。

それが本当かどうかを確かめるために、実際にベンチマークをやっています!今回もネットワールドではおなじみになりつつある、以下の複数のIOパターンでストレージに負荷をかけていきます。

4

テスト結果については逐次報告できればと思います。以下のDell EMCストレージWikiのブログで3~4週程度に渡って公開していきますのでこうご期待!!!

ではまた。

<Unity XT480 パフォーマンス検証>

<UnityXT480 パフォーマンス検証 実際にやってみた編>