*CommVault Feed

2018/01/05

【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

こんにちは。

CommVault v11 の最新サービスパック(SP10) がリリースされました。

CommServe の内部データベース Microsoft SQL Server バージョンのアップデート (バージョン 2014) などが更新されておりますので、ご興味のある方は、CommVault 技術ドキュメントのサイト(こちらをクリック)をご覧ください!

さて、今回は、CommVault のバックアップ保存先としてクラウドの活用をご紹介します。

CommVault では、バックアップ先として、さまざまなクラウドサービスをサポートしていますが、サポートするクラウドベンダーの詳細は、CommVault のサイトで公開されていますので、下記の URL を参照ください。

◆Cloud Storage - Support◆
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=features/cloud_storage/cloud_storage_support.htm

バックアップ先のクラウドストレージライブラリに対して、直接バックアップする場合、重複排除機能を利用すること*ができます。重複排除は、バックアップから冗長なデータセグメントを排除し、バックアップデータのサイズが削減されますので、クラウドへ効率的にデータを転送することができます。
* 一部のクラウドサービスでは、重複排除機能がサポートされないため、ご注意ください。

【Direct Deduplication to Cloud Storage】

1_3

また、2次バックアップ先としてクラウドを使用する場合、CommVault の Storage Policy に Copy Policy を追加設定することで対応できます。以前、Media Agent 間で重複排除済みバックアップデータをコピーする機能「DASH Copy」をご紹介しましたが、クラウドストレージに対しても同機能を使用することができます。

【Deduplication in Secondary Copies】

2


クラウドストレージを使用する前に、接続性のチェックなどを実施するツール「CloudTestTool」が提供されています。CloudTestTool は、CommVault のインストールパスに格納されていますが、Amazon S3、Microsoft Azure、Google Cloud Storage など、クラウドベンダーを指定して確認することができます。

CloudtesttoolCloudTestTool の起動画面


◆Cloud Storage - Tools◆
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=features/cloud_storage/cloud_storage_tools.htm#Cloud_Test_Tool

今回、Amazon S3 をバックアップ先として設定する手順を簡単にご説明します。CommVault 管理コンソールを起動し、「ストレージリソース」-「ライブラリ」-「追加」-「Cloud Storage ライブラリ」の順にクリックします。「Cloud Storage の追加」画面が表示されますので、Amazon S3 へのアクセス情報など必要な情報を入力して設定します。

Cloudstorage_1_2Cloud Storage の追加



「Cloud Storage の追加」が完了した後、CommVault のライブラリに Amazon S3 のクラウドストレージがバックアップ先として追加されます。

Library_2

CommVault ライブラリ



いかがでしたか。

バックアップ先としてクラウドストレージを使用する設定は、簡単に実施することができます。災害対策や長期保管の目的などクラウドを活用するケースが増えていますので、ご検討ください。

CommVault 社で Amazon S3 にバックアップする手順でビデオで公開されていますので、こちらも併せてご参考ください。

◆参考情報◆

http://www.commvault.co.jp/products/documentation/video/backup_to_aws/

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2017/07/21

【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?

こんにちは。

先月、CommVault v11 の最新サービスパック(SP8) がリリースされました。

Salesforceデータのバックアップなど機能追加されておりますので、ご興味のある方は、CommVault 技術ドキュメントのサイト(こちらをクリック)をぜひご覧ください!

 

さて、今回は、CommVault 管理サーバ "CommServe" のデータベースのバックアップについて、ご紹介したいと思います。

 

CommVault では、通常のバックアップジョブとは別に "管理者ジョブ" というジョブのカテゴリが実装されております。CommServe のインストール後、"管理者ジョブ" はスケジュール化されて定期実行されていますが、以下、代表的な管理者ジョブの一部をご紹介します。

 

  • Data Aging (保持期限切れのデータを再利用するため削除処理するジョブ)
  • Data Verification (取得したバックアップデータの有効性をチェックするジョブ)
  • Disaster Recovery Backup (CommServe上で構成されるデータベースのバックアップジョブ) 
  • Report (バックアップジョブのサマリーやストレージ容量のレポートを出力するジョブ)

 

管理者ジョブの中でも重要なのが "Disaster Recovery Backup" ですが、CommServe の有事の際に CommVault 環境を復旧するために必要なバックアップデータを定期的に取得しています。"Disaster Recovery Backup" は毎日 10:00 AM に実行されていますが、バックアップ運用の状況に合わせて一日数回実行することにより、CommServe を最新の状態に近い状態に復旧することができます。

 

"Disaster Recovery Backup" のステップについて、以下の順で実行されています。

 

Commservedr

 

【CommServe DR バックアッププロセス】

  1. 1.CommServe DR バックアップ処理がデフォルトで毎日午前 10:00 に実行 
    CommServe のインストールパス配下の CommServeDR フォルダに SQL DB がダンプファイルがエクスポートされます。

  2. 次に CommServe のインストールパス配下の CommServeDR フォルダの SQL DB のダンプを、Standby CommServe またはネットワーク共有の UNC パスにコピーします。
    (デフォルト: 5世代フル保持)

  3. 最後に、SQL DB のダンプをストレージポリシー CommServe DR のバックアップ先のライブラリにバックアップを取得します。
    (デフォルト: 60日間、60サイクル(フル)保持)

 

SQL DB のダンプファイルは、CommServe のスタンバイ機が準備されている環境があれば、そのスタンバイ機のローカルディスクにコピーする設定を行うことにより、本番機の CommServe の有事の際に、後述で説明する "CommServe Recovery Assistant" (v11 SP6以降で提供) ツールを使用して復旧を行うことができます。

 

"CommServe Recovery Assistant" は、CommServe のインストールパス配下に存在しております。今回は、CommServe の再構築(同じホスト名) を想定した環境にて、事前準備が完了した後の "CommServe Recovery Assistant" の操作をご説明します。

"CommServe Recovery Assistant" の事前準備では、CommVault 関連のサービス停止などが必要になりますので、製品版の実装後、実際に"CommServe Recovery Assistant"を実施される場合、必ず保守窓口に手順をご確認ください

 

【CommServe Recovery Assistantの実行手順】

  1. CommServe 環境にて、Windows エスクプローラを起動し、インストールパスに移動します。移動後、CSRecoveryAssistant.exe をダブルクリックします。
  2. CommServe Recovery Assistant ウィザードが起動します。[Select the operation type] のオプションで [Recovery] を選択し、[Next] ボタンをクリックします。 

    Csdra1_2

  3. [Enter the path to the database dump folder] - dump ファイルが格納されているフォルダの選択し、[Next] ボタンをクリックします。

    Csdra2_2

  4. [Enter the path to extract the database files] - CommServe データベースの dump ファイルの展開先を指定します。

    Csdra3

  5. [Summary] - リカバリ内容を確認して、[Start Recovery] ボタンをクリックします。

    Csdra5_2

  6. CommServe データベースのリカバリタスクがすべて成功(チェックマーク)で完了したことを確認し、[Next] ボタンをクリックします。

    Csdra6

  7. [Provie a license file (Optional)] - デフォルトのまま [Next] ボタンをクリックします。

    Csdra7

  8. [CommServe recovery completed successfully!!] の表示画面を確認し、[Finish] ボタンをクリックしてウィザードを終了します。

    Csdra8  

"CommServe Recovery Assistant" での CommServe データベースをリストアした後、CommValt 関連のサービスを再開し、各 Media Agent 重複排除データベースの再同期(詳細は、こちら) を行って、CommVault のバックアップ環境の復旧は完了です。

  

"CommServe Recovery Assistant" の操作は、いかがでしたか。

CommServe の有事の際は、バックアップ・リストアを行うことができませんので、SQL DB のダンプから CommServe を復旧する際には、"CommServe Recovery Assistant" をご使用ください。

 

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2017/04/18

【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?

こんにちは。

先月、CommVault v11 の最新サービスパック(SP7) がリリースされました。

CommVault v11 SP7 の新機能概要は、CommVault 社の技術ドキュメントのサイトで公開されていますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください!SP7 の適用により、Virtual Server Agent での VMware vSphere 6.5 環境の仮想マシンの保護がサポートされました。技術ドキュメントのサイトは、こちらをクリックしてください。

 

さて、今回は、ちょっとした技術的な Tips を紹介したいと思います。

製品のご提案の際に、お客様から管理コンソールは日本語で対応しているの?ということをよくご質問をいただくことがありますが、CommVault 管理コンソール (CommCell Console) は、もちろん日本語に対応していますので、ご安心ください。

 

CommVault 管理コンソールは、通常、管理サーバ CommServe 上に一緒に導入します。国内のユーザー様の多くは、日本語 OS 環境で CommServe を導入されていると思いますので、CommVault 管理コンソールの言語表示は、日本語がベースとなります。

 

実は、CommVault 管理コンソールの言語表示は、日本語の他に、様々な言語に対応していて言語を切り替えて表示することができます。サポートする言語については、以下の言語となります。

 

  • English (United States)
  • Chinese (Traditional)
  • Chinese (Simplified)
  • French (Canada)
  • French (France)
  • German (Germany)
  • Italian
  • Japanese
  • Russian
  • Korean
  • Portuguese (Brazil)
  • Spanish (Mexico)
  • Spanish (Spain)

 

既にユーザー様の中には、管理コンソールの言語表示を切り替える方法をご存じの方もいらっしゃると思いますが、以下の手順で言語表示を切り替えることができますので、試されたことが無い方は、お試しください!

 

  1. CommServe のデスクトップ上に [CommVault CommCell Console] のショートカットのアイコンをコピーします。
    (ショートカットのアイコンは、C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Commvault\Instance001 に格納されています)

  2. ショートカットのアイコンを右クリックし、プロパティを表示します。

    1_2

  3. リンク先のパスの -jar の前にCommVault がサポートするISO言語と国コードを追加し、[OK]をクリックします。

    [リンク先(Default)]
    %JAVA_HOME%\bin\javaw.exe -jar cv.jar commserve_host.company.com 8401 -oemid= 1

    [リンク先の追加例:英語表示]
    %JAVA_HOME%\bin\javaw.exe -Duser.language=en -Duser.country=US -jar cv.jar commserve_host.company.com 8401  -oemid= 1

    [リンク先の追加例:スペイン語表示]
    %JAVA_HOME%\bin\javaw.exe -Duser.language=es -Duser.country=MX -jar cv.jar commserve_host.company.com 8401 -oemid= 1

    その他の言語のISO言語と国コードは、Can I launch the CommCell Console in different languages? (英文) を参照ください。

  4. ISO言語と国コードを追加した[CommVault CommCell Console] のショートカットのアイコンをだダブルクリックして管理コンソールを起動します。英語とスペイン語の管理コンソールの表示例は、以下のダウンロードリンクをクリックしてご確認ください。

    CommCell Console 英語表示ログイン画面

    2

    CommCell Console 英語表示

    3

    CommCell Console スペイン語表示ログイン画面 

    4

    CommCell Console スペイン語表示 

    5


CommCell Console の英語表示は、CommVault 社の Documentationサイト での設定手順の確認 KBサイト のエラーなどの検索の際に役立つと思いますので、活用してみてください!

 

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1


2016/07/29

【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました!

こんにちは。

今回は、CommVault 最新バージョン V11 の国内提供が開始されましたので、ご紹介します。

最新バージョン V11 のリリース以降、製品名が CommVault Simpana から会社名と同じ "CommVault" に変わりました。Simpana (シンパナ) という製品の名称に慣れていましたので、CommVault社の CommVault と呼ぶにはまだ時間がかかりそうです(苦笑)。

 

2014年 4月 1日の初回のブログでもご紹介しましたが、今年のガートナー社「データセンター バックアップ/リカバリ ソフトウェア」のマジック・クアドラントで、バックアップ/リカバリ分野で6年連続「リーダー」に選ばれており、ワールドワイドで変わらず高く評価されています。

 

Commvault、ガートナー社「データセンター バックアップ/リカバリ ソフトウェア」のマジック・クアドラントで、「ビジョンの完全性」と「実行能力」においてリーダーとして最高評価の位置付け

※「データセンター バックアップ/リカバリ ソフトウェアのマジック・クアドラント」の完全版および詳細は、こちら (英文) をご覧ください。

 

V11 の新機能、V10 からの強化機能など、今後のブログで順次ご紹介していきたいと思いますが、V11では、インストーラー(CommServe インストール手順例:CS_Installtion.pdfをダウンロード )が変更されました。基本的なインスール手順は変わりませんが、インストール先のデフォルトのパスなど変更がありますので、V11 の製品評価の際にご確認ください。

 

CommVault V11 - 新機能
http://documentation.commvault.com/commvault/v11/article?p=new_features/new_features1.htm

 

また、これまでご紹介しておりませんでしたが、"Early Release Features" という将来のバージョンで搭載予定の機能が試験的に搭載され提供されています。V11 の Early Release Features の機能一覧は、こちらのサイトでご覧いただけますが、CommVault 社に Early Release Features の機能の利用を事前に申請して承認を取れば、正式リリース前でもサポートを受けることができます。

 

V10 の Early Release Features (機能一覧はこちら) の中で "Live Sync Replicaiton of Virtual Machines (VMware) (以下、Live Sync)"という災害対策用の機能が正式にサポートされました。

 

Live Sync は、仮想マシン(Source VM) のバックアップから同期先の仮想マシン(Destination VM) に対して、変更ブロック(増分)のデータ転送を可能にします。また、Live Sync は、ベストプラクティスとして、DASH Copy のブロックベースのバックアップ機能と併用する構成になりますが、同期先の仮想マシンに対して最後の同期点以降のソースからの変更ブロックのバックアップを適用します。

 

[Live Sync 機能の利点]

  • 本番環境の仮想マシンへの負荷が最小限(バックアップデータから仮想マシンを複製)
  • リモートサイトへのデータ転送は、重複排除と圧縮機能により最小限
  • ハードウェアに依存しない(災対環境での元のハードウェア環境と同一構成は不要)
  • リストア操作が不要(基本、災対環境上の仮想マシンのパワーオンのみ)
    ※災対環境での新たなネットワーク設定(IPアドレス)を事前に設定しておく機能(設定画面:LiveSync_Settings1.JPGをダウンロード)が提供されています。

  

続きを読む »

2016/07/04

CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

バイナリを集め、カスタムのパッケージを作り、いよいよインストールです。

MacユーザならおなじみのDMGファイルをクリックすることで、スムーズにアプリケーションがインストールされていきます。


それでは、始めます。


①カスタマイズ編で作成したSimpana.dmgファイルを対象のMacintosh端末にコピーして、クリックします。

Installmac01


②表示された画面のSimpanaのアイコンをダブルクリックします。

Installmac02red


③インストールを許可する為に、ログインアカウントのパスワードを入力します。

Installmac03red


④パッケージのインストール状況が表示されます。

Installmac04


⑤パッケージのインストールが完了します。

Installmac05_2


⑥次に、Process Managerが起動されます。[Countinue]ボタンを押して続けます。

Installmac06red


⑦次の設定画面で、対象PCのComputer Name、CommServe、UserName、Passwordを確認、入力します。

Installmac07red


⑧次の画面で、[Register]ボタンを押します。

Installmac08red


⑨設定を許可する為に、ログインアカウントのパスワードを入力し、「OK」ボタンを押します。

Installmac09red


⑩設定が進みます。

Installmac10


⑪以下の画面表示で完了となります。[Close]ボタンを押して終了です。

Installmac11red


⑫アプリケーションフォルダ内に、Process Manager.appとLaunchBackupMonitor.appが存在することを確認します。

Installmac12


以上で、アプリケーションのインストールとSimpanaへの登録が完了です。
後は、サーバ系のバックアップと同様に操作できます。

クライアントPCのバックアップの番外編はこれで終了です。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2016/05/09

CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編

前回、クライアントPCのバックアップのバイナリ収集のところまで実施しました。
今回は、そのバイナリのカスタマイズの実施です。
共通のインストール・バイナリを作成して簡易なインストールを目指します。

WindowsPCは、サーバ系と大きく変わらないので、本編ではMac OSを対象としたカスタマイズを行います。


①バイナリ:CVDownloads.tarをMac OS環境にコピーして、tarファイルを展開します。

Simapanacustom01


②展開したフォルダ:CVDownloads内に、Simpana.appが存在するので、こちらをダブルクリックします。 赤枠内を選択してクリックしていきます。

Simapanacustom02red


③次に、Licenseに関する同意に応じ、パッケージを選択します。

Simapanacustom03red


④次に、クライアントOSで、Firewallを使用している環境があればチェックを入れます。 CommServeのサーバ名を入力します。

Simapanacustom04red


⑤先に進めて、Configuration画面で、予め設定しておいた、Client Group、SubClient Policy、StoragePolicyを入力して、Createボタンを押します。

Simapanacustom05red


⑥カスタムパッケージを生成している画面が続き、MacOS用のDMGファイルが作成されます。

Simapanacustom06


⑦その後、インストーラ画面が表示されるのでクローズして、完了を待ちます。 [Done]ボタンを押して終了です。

Simapanacustom07red

"Welcome to Simpana"の左の画面は、作成したパッケージのインストール画面で、この場ではインストールしないのでクローズします。


⑧デスクトップ上に、以下のSimapana.dmgファイルが存在するのを確認します。

Macoscustom13_2


これでクライアントPCへ配布できるパッケージが完成しました。

今回はここまで、次回いよいよインストール編です。


Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田



【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2016/04/01

CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編

エンタープライズ向けであるバックアップ製品のSimpanaは、サーバ系OSのバックアップを得意としていますが、表題にあるようなクライアントPC、例えばWindows10や7、8、MacintoshといったPC向けのバックアップも管理できます。


今回は、クライアントPCのバックアップについて、取り上げてみます。

サーバ系と大きく違うのは、クライアントPCの動作しているのは人が使っている時間、日昼にしか電源が入っていないことが異なる点です、その点に考慮する必要が出てきます。

サーバ系は、夜間に処理が少ない時間帯を見計らってバックアップを取るのが常ですが、クライアントPCは夜間に電源が入っていないことが常となり、サーバ系と同じようなバックアップを仕掛けることが出来ません。 つまり、人が使っている時間帯を使って取ることになります。

これがなかなか厄介な話しになります。


CommVault社のサイトでも同じことを言っています。
第6回 サーバーのバックアップは完璧! なのに、なぜエンドポイント データのバックアップは難しい?
※クライアントPCへの対応をエンドポイントとか、エッジ(Edge)と言いますが、同じものです。


クライアントPCバックアップを利用するにはインストールからですが、サーバ系のように数GBもあるバイナリををコピーしてというのは無駄が多いので、Simpanaの便利な機能を使ってカスタムパッケージを作り、共有のバックアップ環境として統一感のあるインストール操作を提供します。


まずは、インストールバイナリをダウンロードするところから始めます。


①サーバ系のバイナリをダウンロードする際に使用したbootstrapを使います。

SP7以降から2段階の方式になっていて、まずOS毎に容量の少ないインストールバイナリ:bootstrapを入手し、その後必要なインストールバイナリを入手する方式です。

Simpanapackage01


※バイナリのダウンロードに関しては、下記を参考にしてください。
【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編


②SetupAllをクリックして、表示されるGUIに合わせて、[次へ >(N)]ボタンを押していきます。

Simpanapackage02_5


③パッケージのダウンロードを選択し、ダウンロード場所を指定して、[次へ >(N)]ボタンを押していきます。

Simpanapackage03_3


④Windows(32ビットのWin32/64ビットのWinX64)とUnix/Liunxが選択できます。 今回は、Unix/Liunxを選択し、Mac OSXを選択して、[次へ >(N)]ボタンを押していきます。

Simpanapackage05


⑤パッケージを選択を選び、”ダウンロード・・・”にチェックを入れ、パッケージリストから必要なパッケージを選択して、[次へ >(N)]ボタンを押していきます。 クライアントPCのファイルバックアップだけであれば、File System Coreのみの選択で対応可能です。

Simpanapackage06


⑥選択したパッケージの確認後、ダウンロードが始まります。

Simpanapackage07


⑦以下の表示で終了です。

Simpanapackage08_2


指定したフォルダに、CVDownloads.tarが存在することを確認します。


今回は、バイナリを集めたところで終了です。

次回は、そのバイナリからインストールするパッケージのカスタマイズを行います。

お楽しみに!!


Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田



【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2016/01/01

【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

明けましておめでとうございます。本年も Simapan 関連の連載を続けて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。第5回では、Simpana の重複排除機能を利用した手法と、VMware 仮想マシンのリストア手法をご紹介しました。今回の第6回では、Simpana のデータアーカイブ機能をご紹介します。

 

今日、データの飛躍的な増大によって、企業は、いかにして日々増え続けるデータを管理するか様々な課題を抱えています。日々増加するデータに対して、従来の方法でバックアップを続けていけば、バックアップの取得に必要な時間と保管媒体の容量も同様に増え続けることは明らかです。

 

【データの増大に伴う管理者の課題】

  • 運用管理の複雑化
  • バックアップ時間の増加
  • データ復旧時間の増加
  • システム性能低下への懸念
  • コンプライアンス対策

 

増え続けるデータに対して、データ保護のために取得している定期的なフルバックアップは、更新頻度の低いデータを繰り返し保存することになり、非常に効率が悪いバックアップ運用を実施することになります。更新やアクセス頻度の低いデータに対して、アーカイブの仕組みを実装することによって、稼働系システム上のストレージからアーカイブ先となる 2次ストレージに対象データを移動し管理されますので、その結果、稼働系システム上のストレージ容量が削減されて、バックアップ時間の短縮が図れるようになります。

 

Simpanaのデータアーカイブ機能では、1つのタスク(ジョブ)の中で、バックアップおよびアーカイブの両方を定義することができます。保護対象のデータは、Simpanaの重複排除ディスクライブラリにバックアップされて、その後、アーカイブルールの条件に合致するデータが移動(削除)されます。アーカイブ後に生成される「スタブ」アイコンをダブルクリックすることにより、いつでもデータにアクセスすることができます。

 

【ストレージ有効活用のための Simpana データアーカイブ環境】

Archive002_3

 

【アーカイブデータにアクセスするための「スタブ」の表示】

Archive001_2

 

Simpana のアーカイブ対象には、ファイルシステム、メールボックス、及び VMware 仮想マシン等が含まれていますが、ここでは、NAS のデータアーカイブを説明させていただきます。NAS のアーカイブ方式としては、次の2種類が提供されています。

 

  • NAS ベンダー提供の API と連携した方式 (NetAppおよびEMC)
  • NAS ベンダー提供の API とは連携しない方式 (Isilon、HDS、等)

 

続きを読む »

2015/10/14

【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2) およびリストア


第4回では、ストレージのスナップショットと連携する VMware vSphere 環境の仮想マシンのバックアップ方法をご紹介しました。今回の第5回では、Simpana の重複排除機能を利用した手法と、VMware 仮想マシンのリストア手法をご紹介します。

Simpana が持つデータ重複排除機能を使用することにより、ストレージやネットワークリソースを節約しながら、バックアップ時間が削減されます。

昨年、重複排除機能の概要をご紹介しましたように、Simpana の場合、標準機能として搭載されておりますが、一部のサードパーティ製のバックアップソフトウェアの場合、同機能が有償オプションとして提供されているものもありますが、最近は一般的な機能として活用されています。

Simpana で活用される主な重複排除機能として、重複排除データベース内のデータを並べ替えてフルバックアップを作成する合成バックアップDASH FULLや、リモートの複製先にないブロックのみを転送することで、複製処理のコストを削減するDASH COPYが提供されています。

 

【DASH FULL 処理フロー】

Dash_full

1.メタデータ情報の読取り
2.バックアップイメージの抽出は不要
3.メタデータ情報の合成
4.合成用のデータ格納領域は不要
5.メタデータ情報の書込み
6.重複排除処理は不要

【DASH COPY 処理フロー】

Dash_copy_2

1.ソース側で署名情報の取得
2.ターゲット側の DDB に対し、署名情報があるかを問合せ
3.ターゲット側で検出された場合、メタデータのみを送信
4.検出されない場合、メタデータおよびデータを送信

続きを読む »

2015/07/01

【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)

 

第3回では、VMware vSphere 環境の仮想マシンのバックアップ方法をご説明しました。今回の第4回では、ストレージのスナップショットと連携する VMware vSphere 環境の仮想マシンのバックアップ方法をご紹介したいと思います。

 

データ量の飛躍的な増大によって、エージェントベースのデータ保護からアレイベースのスナップショット管理の運用に移行傾向が高まっています。

 

Snapshot_3

スナップショットの利点

  • 瞬時のスナップショット作成
  • スナップショットの世代保持
  • マウント・閲覧等の利便性が高い
  • アプリケーションRPOおよびRTOを向上
  • アプリケーションへの影響も最小限に抑制

 

但し、ネイティブなアレイベースのスナップショットツールは、機能や自動化、アプリケーション認識のレベルがそれぞれ異なるため、運用管理面での課題が残ります。

Script

 

スナップショットの課題点

  • 複数のツール/コンソール
  • 複雑なスクリプト作成
  • 管理の複雑化
  • アプリケーション認識(限定的なアプリケーション対応)
  • ハードウェア連携のサポート有無

続きを読む »