*CommVault Feed

2015/04/29

【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編

第2回では、管理コンソールの起動、バックアップデバイスの登録、そしてファイルシステムのバックアップ方法をご説明しました。今回の第3回では、VMware vSphere 環境の仮想マシンのバックアップ方法について、ご紹介したいと思います。

 

VMware vSphere 環境の仮想マシンのバックアップについては、基本的には、2通りのバックアップ手法があります。1つ目の手法は、従来の物理サーバのバックアップと同様に、バックアップ対象の仮想マシンにエージェントをインストールしてバックアップする方法です。2つ目の手法は、仮想マシンのシステム障害などに備えて、仮想マシンとして全体のバックアップを取得する方法です。

 

バックアップ対象の仮想マシンにエージェントを導入するバックアップでは、ファイルのバックアップを取得するためのエージェント (FileSystem iDataAgent)や、アプリケーションをバックアップするための専用エージェント(Microsoft SQL Server iDataAgent 等)など、バックアップ対象に適した個々のデータのバックアップを取得することができます。

 

仮想マシン単位のバックアップでは、VMware が提供する vStorage APIs for Data Protection (VADP) 機能 (VMware の Change Block Tracking(詳細はこちら) 機能を使用することで増分バックアップの組み合わせを実現可) と連携させて、仮想マシン全体のイメージバックアップを取得することができますので、仮想マシンのシステム障害が発生した場合には、仮想マシン全体のイメージバックアップからシステム復旧を行うことができます。

Vm

【仮想マシンのバックアップ手法】

 

また、仮想マシン単位のバックアップでは、Simpana のバックアップジョブの Granular Recovery オプション(詳細化オプション) を使用することによって、仮想マシンのイメージバックアップからファイル単位のリストアを行うこともできます。

 

VADP と連携するバックアップは、バックアップソフトウェアの一部としてツール(vSphere Virtual Disk Development Kit) 組み込まれており、仮想マシンを保護する専用のエージェントとして、Simpana を含む、他のバックアップソフトウェアでも同様に提供されています。Simpana の場合、Virtual Server Agent for VMware というエージェントを使用することで VMware vSphere 環境上の仮想マシンのバックアップを取得できます。

 

VADP と連携するツール vSphere Virtual Disk Development Kit (VDDK) は、バックアップソフトウェアの一部として組み込まれていますので、例えば、最新バージョンの vSphere 6.0 環境上の仮想マシンをバックアップするために、バックアップソフトウェア側のアップデートを待つ必要があります。Simpana の場合、手動で VDDK をアップデートすることがサポートされていますので、vSphere 6.0 をサポートする VDDK を個別にアップデートすれば、バックアップソフトウェア側のアップデートを待たず、バックアップを行えるようになります。
※Simpana パッチの適用で対応する場合もありますので、別途お問い合わせください。

 

それでは、Simpana の MediaAgent (バックアップサーバ) に Virtual Server Agent for VMware をインストールして、VMware vSphere 環境上の仮想マシンのバックアップを取得してみましょう!

続きを読む »

2015/01/01

【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編

前回(第1回)は、Windows 環境にて、Simpana 管理サーバ "CommServe" Simapana バックアップサーバ "MediaAgent" をインストールしました。


第2回では、管理コンソールの起動、バックアップデバイスの登録(重複排除ディスク)、そしてバックアップ対象の追加(ファイルシステム・バックアップ)を行い、実際にバックアップを取得してみたいと思います。

Simpana 管理コンソールの起動

バックアップ設定を含む、データのリストア、ジョブの監視、バックアップデバイスの管理等、『Commcell Console』と呼ばれるSimpanaの管理コンソールを使用して、一元管理を行います。

  1. Simpana管理サーバ "CommServe" へログインし、「スタート「-「Simpana Administrative Console」を選択して、Simpana管理コンソール「Commcell Console」を起動します。

    1

  2. Simpanaの管理アカウントとそのアカウントのパスワードを入力して「OK」をクリックします。

    2

  3. ログイン後、下記のSimpana管理コンソール「Commcell Console」が表示されます。「Commcell Console」のウィンドウは次のコンポーネントで構成されています。

    3

    管理コンソール『CommCell Console』コンポーネント

    Photo

続きを読む »

2014/10/31

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編

本連載は、CommVault Simpana v10.0 R2 ベースの内容を記載しております。ご使用のバージョンによって、操作方法などが異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

また、本連載では、初めて CommVault Simpana を使用する方でもご安心ください!ステップ毎に実装できるように解説していきます。第1回から6回のシリーズでご紹介した機能等も取り上げて実際の設定を説明していきたいと思います。製品のご評価いただく場合にも、是非、本連載をご活用ください。


Simpana 導入に必要な環境

Simpana の実装にあたり、次の環境をご準備ください。

  1. Simpana 管理サーバ "CommServe" 環境
    Simpana を導入するためには、Simpana 管理サーバ CommServe が必要です。CommServe は、Simpanaシステム内の設定の管理を行います。CommServe が実装可能な OS のプラットフォームは、Windows 環境になりますが、Windows OS の対応バージョンは、下記のURL をご参照ください。

    ◆System Requirements - CommServe
    http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/commserve.htm

    【CommServe 必要最低スペック】
    CPU: 2 Core (2.2 GHz以上) 
    Memory: 8 GB
    Disk1: 10GB (製品ソフトウェア/ログ領域) ※OS 領域を除く
    Disk2: 100GB (管理用SQLデータベース領域)  
    ※実際のご案件等のサイジングについては、別途ご相談ください。
    ※Disk1-2 は、別途専用のドライブをご準備ください。

  2. Simpana バックアップサーバ "MediaAgent" 環境
    バックアップサーバの役割を持つ MediaAgent は、幅広い OS のプラットフォームに対応しております。OS の対応バージョンは、下記の URL をご参照ください。


    ◆System Requirements - MediaAgent
    http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/ma.htm

    【MediaAgent 必要最低スペック】

    CPU: 2 Core (2.2 GHz以上)
    Memory: 16 GB
    Disk1: 10GB (製品ソフトウェア/ログ領域) ※OS領域を除く
    Disk2: 200GB (キャッシュ領域)
    Disk3: 200GB (重複排除用データベース領域) 
    Disk4: フルバックアップ時の対象総容量 (重複排除用バックアップディスク領域)
    ※実際のご案件等のサイジングについては、別途ご相談ください。
    ※Disk1-4 は、別途専用ドライブをご準備ください。
           
  3. 必要な追加ソフトウェア
    基本的には、製品プログラムと一緒にその他必要なソフトウェアが別途インストールされますが、.NET Framework 3.5 SP1 は、事前に手動でインストールを行うようにしてください。

  • .NET Framework 3.5 SP1
  • .NET Framework 4.0
  • Microsoft Visual C++ 2005
  • Microsoft Visual C++ 2008
  • Microsoft Visual C++ 2010
  • Java Runtime Environment 1.7.x (CommServeのみ)

 

今回の講座では、CommServe 1台、MediaAgent 1台の構成で Windows Server 2012 R2 環境にインストールを実施します。

続きを読む »

2014/07/29

第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

5週に渡り、毎週Simpanaの機能について公開してきましたが、Simpanaを使ってみたくなりましたか?

今回は、Virtualizationについてです。

【参考情報】

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_virtualization.htm

VMwareMicrosoft Hyper-V、UnixのVirtualization(Solaris、AIX、RedHat)などに対応しています。

仮想化といえばVMwarevSphere/ESXへの対応について、解説します。

【参考情報】

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/vs_vmware.htm

ESX/vSphereの対応は、 4.x, 5.0.x, 5.1.x, 5.5.x と幅広くより最新の環境についても素早く対応しています。
2013年の秋にリリースされたvSphere 5.5に対してもいち早く対応し、他メーカよりも早く対応表明がされました。

仮想環境用のモジュールは、VSAVirtual Server Agent)と呼ばれます。

Guest OSに、iDAをインストールして物理サーバと同じ方式でのバックアップにも対応していますが、vSphere/ESXの機能であるVADPvStorage APIs for Data Protection)に対応しており、環境に合わせた転送方式(SAN、Network、HotAdd)でのバックアップが可能となります。

仮想化といえば、最近流行りのクラウド。 クラウドについてはこちらを

ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ
YouTube: ハイブリッド/パブリック クラウド リソースを利用したディザスタ リカバリ

ごらんください。

今回で一旦の区切りとなります、補足などがあれば不定期で記事にして行きます。

それではまた、次回!!

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2014/07/22

第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management

今回のSimpanaは、SnapShot Managementの解説になります。

アレイベースのスナップショット機能と連携し、効率的なバックアップ/リカバリの機能をSimpanaは提供します。

【参考情報】

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_snapshot.htm

Simpana0715_image04_2

ディスクメーカ毎に、認定が取られており、動作する機能/方式もメーカ毎に違います。 また各種のiDAに合わせた(DBやApplicationと連携)機能も有しています。

これらの機能は、IntelliSnap技術を活用して、実現しています。

ディスク側のSnapShotの実行と管理、その対象データのバックアップを一連の流れで処理します。  

リストア時にも、バックアップ先(二次コピー)のテープやディスクから、あるいは、バックアップに使用したSnapShotからデータを戻すことも可能になります。 バックアップデータの保存場所を指定して、自由度のあるバックアップ&リカバリを一元的に管理できます。

仮想環境で使われるVMwareのvSphere/ESXのVADP、NAS装置のNDMPなどのその分野で一般的な機能と連携したSnapShotにも対応しており、バックアップの頻度や、保存する世代数、保存期間に合わせて、細かな対応が行えます。

動作については、選択されるメーカのディスク装置と環境毎に、動作する機能の確認が必要となります。

メーカ毎に異なるディスク装置を単一プラットフォームで管理できることから、バックアップ製品としてではなく、データ統合管理ソリューションとしてSimpanaは位置づけられています。

それでは、今回の最後に、こちらを

Show Me Simpana - データ管理編
YouTube: Show Me Simpana - データ管理編

ご覧ください。

今回はここまで、次回はVirtualizationの解説になります。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2014/07/15

第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication

Simpanaも第四回目となりました。

画像表示に不具合がありましたので、再度編集をしなおしました。

今回は、Deduplicationの解説です。

【参考情報】

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/deduplication/c_deduplication_overview.htm

ここ数年流行りの重複排除dedupe)機能をSimpanaも有しています。

いくつかの方式で重複排除機能をSimpanaは使っています。

まず、基本的構成として、MA(Media Agent)Deduplication DataBase (DDB)を作成し、保管/管理を行います。  ※速いディスクを使うことで性能を発揮します。

MA側(Server Side)でのDedupe方式でバックアップすることが出来ます。

下記の図が、重複排除されたユニークなデータの流れです。

左のClient(iDA)からMAにはすべてのデータが渡され、MA内で重複排除処理がなされ、DDBへの登録とディスクへのデータ保存の流れとなります。2回目以降MA内での処理が多少短縮されますが、全体のバックアップ時間は短くなりません。

Simpana0623_dedupe01_2

次に、Source-Side Deduplicationは、iDA(iData Agent)側で重複排除する方式です。

この方式では、Clinet=iDA内で重複排除処理がなされる為、MAに渡されるデータは少なくなります。 一般的なFull/差分(増分)のバックアップと組み合わせることによりバックアップ時間の短縮が計れるようになります。

Simpana0623_dedupe02

MAを複数台で動作させる場合、重複データの管理は、個々のMAに依存します。

複数MA環境で、重複除外を一元管理したい場合には、Global Deduplicationを使うことで、複数MA間に渡り同一の重複データの管理を実現します。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dedup_global/getting_started.htm

次に、Simpanaの特徴的な機能として、重複排除データのコピー機能があります。その機能の名称をDASH copyといいます。 

DASHとは、 Deduplication Accelerate Streaming Hashの略です。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dash_copy/overview.htm

Simpana固有の機能として、重複排除したデータSizeのままデータをコピーする方式を持っています。

※こちらの機能を使う際には十分な要件確認が必要です。 頻繁なリストアには向いていません。 リストア時には十分な空き容量と時間が必要です。

[参考情報]
http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/dedup_tape/overview.htm

Deduplicationについてはここまで、次回は、SnapShot Management機能の解説になります。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2014/07/08

第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup

先週の基本構成の3階層の解説に続き、今回から4回続けて、以下の項目について順番に解説していきます。

Backup

Deduplication

SnapShot Management

Virtualization

始める前に、こちらを

Show Me Simpana - データ保護編

YouTube: Show Me Simpana - データ保護編

ご覧ください。

それでは、基本機能であるBackupについてです。

【参考情報】

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_backup_agents.htm

管理サーバのCS(CommServe)は、Windows2008/2012に限定されているのですが、バックアップ対象のOSは、多岐に渡ります。

 ・UNIX(AIX、HP-UX、Solaris)

 ・FreeBSD、Linux

 ・Open VMS

 ・Macintosh(OS X:10.5~10.9)

 ・Microsoft Windows(XP/Vista/7/8/8.1/2003/2008/2012)

などが対象の場合には、対象のOSに合わせて、クライアント・ソフトウェアであるiDA(intelligent Data Agent)が提供され、インストールすることで、管理サーバ:CS(CommServe)やバックアップサーバ:MA(Media Agent)と通信を行いバックアップを行います。

バックアップデータの保存先は、MAを介してディスク、テープ/VTLクラウドなどに対応しています。


OSに合わせたFileSystemとは別に、以下の製品にも対応しています。

 ・Active Directory

 ・Microsoft Exchange

 ・Microsoft SQL Server

 ・Oracle

などの DataBaseやApplicationにも対応しています。

今回はここまで、次回は、DeDuplication機能についての解説です。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2014/07/01

第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成

4月に紹介した新世代のデータ保護製品であるCommVault Systems社のSimpanaについて、興味が湧きましたか?

今回から数回に渡り、Simpanaの基本構成、ならびに各種の機能について解説していきます。解説を始める前に、こちらを    

Show Me Simpana - データ アクセス編
YouTube: Show Me Simpana - データ アクセス編

ご覧ください。

それでは、基本的な構成について解説します。主要な構成は3つに別れ、Simpanaと比較されるSymantec社のNetBackupと同じように3階層の構成を取ります。

 

Simpana0613_image01

・管理制御を行う、CommServeCS)  ※Windows 2008/2012のみ対応

  内部にSQL Server 2008 or 2012を有して、管理を行う機能です。

 CSのシステム要件は、下記になります。

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/commserve.htm

 ※CommServeを管理する為にGUIが提供されており、CommCell Consoleの名称で呼ばれています。上記のシステム要件にも含まれています。

 

・バックアップを実施する、MediaAgentMA)  ※Windows/Linux/UNIXに対応

 テープデバイスやディスクへのバックアップデータを書き込む機能です。

MAのシステム要件は、下記になります。

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=system_requirements/ma.htm

 MAが使用するディスク/テープ装置などのhardwarematrixは、こちらです。

http://documentation.commvault.com/hardwarematrix/?q=

 

・バックアップ対象となる、iData AgentiDA

 各種OSのFileSystemや仮想環境、DataBaseやApplicationに合わせたAgentの機能です。

iDAのサポート対象については、個々の機能について以下から確認がすることができます。

Backup(File System、Application、DataBaseを含む機能です)

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_backup_agents.htm

Deduplication(重複排除に関連する機能です)

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=features/deduplication/c_deduplication_overview.htm

SnapShot Management(ディスク装置と連携した機能です)

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_snapshot.htm

Virtualization(仮想化に関連する機能です、VMwareやHyper-Vが含まれます)

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_virtualization.htm

Archive

http://documentation.commvault.com/commvault/v10/article?p=landing_pages/c_archive_agents.htm

Backup/Deduplication/Virtualization/Archiveなど多岐にわたり、機能に合わせてサポート可否を確認する必要があります。

今回はここまで、次回からはSimpanaの個別の機能について解説します。

Edit by :バックアップ製品担当 松村・安田

 

 

【過去の記事】

 

メーカのサイト:
Simpana早わかり講座

 

CommVault Simpana:番外
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ バイナリ作成編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ パッケージカスタマイズ(Mac OS)編
CommVault Simpana:番外 クライアントPCのバックアップ インストール(MacOS)編

 

導入編:

【連載】第1回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール編
【連載】第2回 始めてみよう!CommVault Simpana インストール後の作業とバックアップ編
【連載】第3回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ編
【連載】第4回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(1)
【連載】第5回 始めてみよう!CommVault Simpana VMwareバックアップ応用編(2)とリストア
【連載】第6回 始めてみよう!CommVault Simpana データアーカイブ機能を活用してみませんか?

 

製品紹介編:

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!
第二回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana 基本構成
第三回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Backup
第四回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Deduplication
第五回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana SnapShot Management
第六回、データ統合管理ソリューションCommVault Simpana Virtualization

 

Tips編:
【CommVault】次期バージョン v11の国内提供が始まりました! 
【CommVault】管理コンソールの言語表示の切り替えってできるの?
【CommVault】CommServe データベースの保護ってどうするの?
【CommVault】クラウドを活用しよう!Part 1

2014/04/01

第一回、最新!データ統合管理ソリューション CommVault Simpana のご紹介!

皆さん、初めまして。

本ブログでは、CommVault Systems (コンボルトシステムズ) 社の統合データ管理ソフトウェア Simpana (シンパナ) をご紹介します。

CommVault Systems 社 (CommVault 社の沿革は、こちら) は、ベル研究所内の開発グループとして1988年に設立され、AT&T Network Systems の戦略的事業に指定された後に、1996年に独立会社として法人化されました。その後、17年間、データ保護分野で数多くのソリューションを提供し、リーダーとしての地位を確立してきました。

その活躍については、2013年度のIT調査会社ガートナー社のMagic Quadrant (マジック・クアドラント) における「Magic Quadrant for Enterprise Backup/Recovery Software」と「Magic Quadrant for Enterprise Information Archiving」の分野で高く評価されており、業界内のリーダーに位置付けられています。

[参考情報]
CommVault is a Leader in the 2013 Magic Quadrant for Enterprise Backup/Recovery Software, for the third year in a row

CommVault named a ‘Leader’ and a ‘Champion’ in Information Archiving as Customers Turn Data into Insights
(David West 氏 : CommVault’s Senior Vice President of Worldwide Marketing and Business Development)

続きを読む »

アクセスランキング

お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp
フォトアルバム