*Veeam Feed

2018/11/07

Veeam Availability プラットフォーム: ハイパー アベイラビリティがHCIのバックアップへ

本記事の原文はVeeam社のSenior Writerである Julie Tepe氏によるものです。
原文を参照したい方は <こちら > をご覧ください。
情報は原文の投稿時のものですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が生じている場合があります。
当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら
ネットワールドのNutanix関連情報は、ぜひ当社のポータルから取得ください。
(初回はIDおよびパスワードの取得が必要です。)


2967ffac12be4b28ae2b3405111bad51_th

多くの方がご存じで、認識していきているように従来のITインフラ基盤は時代遅れになっています。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャが私たちが環境について考えている事を変えています。

そして、エンタープライズ事業者の方は次の動向を計画しています。

お客様はリスクとコスト(これは現在のレガシーなシステムで構成されているものを仮想化によるすばらしい機敏性を手に入れる事)を最小化したいと考えているのです。

これらの新しい優先順位により、IT部門の方はギアをシフトし日々負荷が高く稼働しているワークロードを予算内に収めるソリューションを探すことがプレッシャーとなっています。同感ですか?良いことにNutanixはお客様が求めているスケールを簡単に実現できるものなのです。

Nutanix のAHVはレガシーのソリューションからクラウドへ再注目しているお客様へ仮想化機能を提供、主導しマルチクラウド環境はビジネスのストレージサイロを排除し管理を分離することにより、ストレージスペース、ビジネス計画開発に必要なスタッフのリソースを節約する事が出来ます。

また、AHVではスナップショットを通したデータ保護と遠隔レプリケーションの機能がありますが、エンタープライズの高いスケーラビリティーがあっても、膨大なデーターリスクとIT部門の方が考慮しなければいけないオンラインでのダウタイムの可能性があります。

NutanixのAcropolisインフラストラクチャーはエンタープライズクラスで、エージェントが不要なデータ保護の為の冗長性が必要なのです。


NutanixはVeeam社とこの冗長性このギャップ(ここのギャップとはお客様が求めている事とITが提供できるもの)を埋めるために提携しました。

Hyper-Available HCIを包括したソリューションでお客様を安心させるものとなります。Nutanix エンタープライズのお客様は現在、IT管理者の方を夜中に起こす "データ保護" という頭痛から解放されています。

Veeam Availablity for Nutanix AHVはVeeamのPlatformの一部でNutanixユーザーの為に特別に設計されました。

これは簡単にWebベースのUIでの利用やPrismと同じような感覚で操作できるようにしているためです。

Veeam Availability for Nutanix AHVは実際にNutanixが作成するSnapshotと連携します。

2つのオプションによりお客様はNutanixAHVのSnapshotによる早いバックアップ、仮想マシンのバックアップや個別ファイル、アプリケーションアイテムの復旧といった事が出来るようになります。

Veeam Availability for Nutanix AHVは簡単操作で、慣れているデザインであるため安心して利用いただけるはずです。

アプリケーション第一の考えはこのソリューション開発における大部分を占めており、私たちが求めているエンタープライズクラスソリューションでの重要な利益を提供するものなので、インフラ全体でのデータロス、従来のインフラストラクチャに付随する管理コスト、やデータ保護の対応に関連するものです。

エンタプライズのお客様は現在HCIへの一歩を踏み出すだけでなく、Veeam Availability for Nutanix AHVによるデータ保護、投資を有効という機会があるのです。

VeeamはNutanix社とのパートナーとお客様へ全てのアプリケーションの保護の為のHyper-Availabilityをお客様へ提供できることをとても誇らしく思っています。

もっと多くの情報を知りたい方はwww.veeam.com.まで

記事担当者 : SI技術本部 カッシー @Nutanix_NTNX

2016/07/01

◆Cisco HyperFlex+Veeam コラボセミナー◆

ネットワールドらぼをご覧の皆さんこんにちは、ネットワールドSI技術本部

システムエンジニアの小野です。

2016年も半分が過ぎ、季節は夏!暑くなって参りました。

弊社メルマガの方では数回に渡ってご案内させていただきましたが、

『HyperFlex+Veeam』のコラボセミナーの日程が迫って参りました。

詳細は下記の通りです。

https://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/643?_ga=1.26350333.1379053860.1436487478

東 京: 2016.07.08(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 60名

福 岡: 2016.07.15(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 30名

大 阪: 2016.07.21(木) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 40名

名古屋: 2016.07.22(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 30名

大変多くのお客様よりご応募をいただき

東京は満員御礼となりましたが、名古屋、大阪、福岡はまだ空席がございますので、

一人でも多くのお客様にご参加いただければ幸いです。

Cisco HyperFlexそして、Veeamの魅力は当日ゆっくりお話させていただくとして、

今日は嬉しい参加者特典(ノベルティ)をご紹介したいと思います。

おっと、ノートPCの上にHyperFlex!?

Img_00661_3

実機と見紛うほど本物そっくりな、こいつを実機と並べてみました。

Img_00531

ちっちゃい、しかし本物そっくり!

Img_00601

側面はFIになっています。

Img_00651_2

背面も忠実に再現しています!おっと、これはHX240cですね。

中身は当日のお楽しみです!

デスクに飾っていただければ、HyperFlexをいつも身近に視覚的に

お楽しみいただくことができます。

本来ならば、最小構成3台ずつプレゼントしたいところですが、数量に限りがございますので

お一人様一つとさせていただきます。

今後HyperFlexのハンズオンセミナー等も企画中ですので、

ネットワールド×Cisco HyperFlexの今後に、ご期待ください。