アクセスランキング

フォトアルバム
お問い合わせ先
ネットワールド ブログ運営事務局
blog.doc-info@networld.co.jp

*Veeam Feed

2020/06/01

VMware vSphere 7 の仮想マシンをローカル、AWS S3へバックアップする (Veeam Backup & Replication V10 CP2)

こんにちは、ネットワールドの市川です。

今回は Veeam Backup & Replication のVMware vSphere 7 サポート開始に関する記事をお届けします。VMware vSphere 7 が、4月9日にリリースされ、バックアップメーカー各社の対応が始まっております。この度、Veeamもついに、Cumulative Patch 2 で、vSphere 7 のサポートが開始されました。

 

Veeam社 KB

KB3161: Veeam Backup & Replication 10 Cumulative Patch 2

https://www.veeam.com/kb3161

 

今回は、早速Veeam Backup & Replication V10を使用して、vSphere 7 環境のバックアップを検証しました。基本的なバックアップ、リストアに加え、SQLのエージェントレスバックアップ、アプリケーションアイテムのリストアも検証しております。

また、7/17(金)にクラウドバックアップWebセミナーを実施いたしますので、それに向けて、検証項目 4では、AWS S3へのコピーのクラウド連携も検証しております。まとめ部分でWebセミナーについてご案内しますので、是非ご参加ください。アジェンダはこちらです。

  • 構成のご紹介
  • 検証項目 1:仮想マシン(Windows/Linux) バックアップ
  • 検証項目 2:ファイルレベルリストア(Windows/Linux)
  • 検証項目 3:仮想マシンのフルリストア(Windows)
  • 検証項目 4:SQL バックアップ (AWS S3 へコピー)
  • 検証項目 5:アプリケーションアイテム(DB)のリストア
  • まとめ

構成のご紹介

今回の検証に使用した構成図は、下記の通りです。

 

1_3

 

前回の記事の「VBR v10 で気になるバックアップのパフォーマンス変化 (Veeam)」の構成で、VCSA及び、ESXiが7になった環境です。

2_3

3_3

4_3

こちらの環境のバックアップサーバに、Cumulative Patch 2が含まれたISOイメージを使用し、新たにVeeamをインストールし実施しています。今回も前回と同様に、Nested (*1) になっている関係上、実機と⽐較して少々遅く感じるものの機能検証などにはまったく問題ありません。

 

*1 : VMware ESXi の上にさらに VMware ESXi を構築して、⼊れ⼦状態になっていることを⽰します。

 

検証項目1:仮想マシンのバックアップ

VM01-Winと、VM02-Linux という名前の仮想マシンをローカルのRepositoryにバックアップします。

 

5_3

こちらは問題なく、バックアップが完了しました。

検証項目2:ファイルレベルのリストア(Windows/Linux)

続いて、ファイルレベルのリストア(FLR)です。

まずは、VM01-Winのテスト用ファイルを削除します。

6_4


  

その後、Veeam Explorerを使用し、FLRを実行しました。

 

7_3

 

無事にリストアが成功しました。WindowsのFLRは問題ないようですね。では続いて、Linux のファイルレベルリストアを確認していきます。LinuxのFLRはWindowsと異なり、ヘルパーアプライアンスが、ESXi上に作成されるので、そこも合わせて確認していきたいと思います。

まずは、先程と同様に、VM02-Linuxのテストファイルを削除します。

 

8_3

そして、ヘルパーアプライアンスの設定をして実行すると、

9_3

ヘルパーアプライアンス、Veeam Explorerの起動を確認できました。VeeamExplorerから、先程削除したテストファイルをリストアします。

 

10_3

 

Linuxのファイルリストアも無事に成功しました。

 

検証項目 3:仮想マシンのフルリストア(Windows)

続いて、先程バックアップした、VM01-Winのフルリストアを検証しました。

 

11_3

 

成功しました。フルリストアも問題なく、リストアが出来ました。

 

検証項目 4:SQLバックアップ (AWS S3へコピー)

続いて、Veeamの推しであるアプリケーションのエージェントレスバックアップの検証を実施しました。

ここで、バックアップ保存先をローカルだけでなく、SOBR(*2)を構築して、AWS S3のコピーも実行してみましょう。

 

12_3

 

今回は図のように、内蔵Diskと Amazon S3で、SOBR(*2)を作成しております。こちらをバックアップ保存先として、バックアップを実行していきます。

 

*2:Scale-Out Backup Repositoryの略称で、 Repositoryをプール化する機能です。ローカルとObject Storage でSOBRを構築することで、クラウドへバックアップデータのコピーや古くなったデータの移動を実施することができます。

 

13_3


 

まず、「SQL01」というジョブのオンプレへのバックアップが成功しました。その後、「SQL01 Offload」というジョブが自動的に実行され、AWS S3へのコピーも成功しました。

※SQL01 Offloadで、NAME欄が、「SQL01 SQL01」 となっていますがこちらは、バックアップジョブ名「SQL01」、仮想マシン名「SQL01」という表記となっています。

 

検証項目 5:アプリケーションアイテムレベルのリストア

続いて、アプリケーションアイテムレベルのリストアを検証します。「HandsOnDB」というテスト用データベースを削除します。

 

14_3

 

その後、Veeam Explorerを使用し、「HandsOnDB」をデータベース単位でリストアします。

 

15_3

 

リストアの成功を確認できました。

 

まとめ

以上の検証結果から、vSphere 7 環境でも問題なく、Veeamの機能が使用できることが確認できました。VMware vSphereのバージョンがあがることで、バックアップ品質テストを入念に行っていると聞いていますので、vSphere 7 環境でも、安心してVeeamを使って頂ければと思います。

最後に、7/17(金)バックアップベンダー8社を集めたクラウドバックアップWebセミナーを実施いたします。クラウドにおけるバックアップ製品のメリット・デメリットについて、バックアップベンダー全8社が徹底討論します。Veeamの詳しいクラウドバックアップが分かる他、他社7社と機能比較できるのは今ここだけです!

是非下記のURLからお申し込みください。

 

【Webセミナー】クラウドバックアップどうするの?メーカー8社がベストプラクティス徹底討論

https://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/2971

16_3

2020/05/01

VBR v10 で気になるバックアップのパフォーマンス変化 (Veeam)

こんにちは、ネットワールドの海野です。

今回は Veeam Backup & Replication のパフォーマンスに関する記事をお届けします。

バックアップで気になる点といえば、バックアップの取得やリストアに必要な時間が⼤きなポイントですが、VBR v10 のバックアップパフォーマンスが v9.5u4b と⽐べてどうなっているのかという内容をまとめてみました。

なお、今回の内容はあくまで弊社環境での結果をお伝えするという主旨であり、何らかのサイジング指針や、パフォーマンスの保証をするものではございませんので、ご注意をお願いいたします。

また、後述するように今回の内容はお客様のトレーニングのための Nested ESXi 環境によるものであり、正しいサイジング指針に従った場合のパフォーマンスではありませんので、重ねてご注意をお願いいたします。

従いまして、ここで示す所要時間やパフォーマンスは本番環境に適用されるものではありません。

以下、記事のアジェンダです。

  • ソフトウェアの性能・使⽤感
  • 注目!! VBR v10 対 v9.5u4b
  • ⽐較に利⽤した環境 : ネットワールドのハンズオントレーニングラボを利⽤して
  • ⽐較項⽬その1 : Active Directory
  • ⽐較項⽬その2 : SQL Server
  • その他の⽐較項⽬
  • 結果のまとめ
  • お知らせ

ソフトウェアの性能・使⽤感

私たちは仕事などで Windows 10 をインストールしたパソコンを使いますが、みなさまもご存知のとおり Windows 10 では Windows Update を重ねるごとに「動作が重くなっちゃった…」など使⽤感に変化が現れることが⼀般的です。

私⾃⾝は Citrix などの EUC 分野を得意としており、お客さまへ VDI の使⽤感などのアドバイスをすることもありますが、残念ながら上述のとおり機能追加や不具合修正、そしてセキュリティ強化の影響によりアップデートするごとにパフォーマンスが低下していくことは否定できません。

具体的な例として、VDI ベンチマークである LoginVSI を利⽤して VSImax (快適に VDI が利⽤できる上限数)を⽐較すると、まったくアップデートをしていない Windows 7 が⾮常に⾼い成績を出していることが分かります。

※注釈 : 下図は当時最新の Windows Update を適⽤した Windows 7 のLoginVSIによるVSImax の値を100%としたときの相対値で、数値(%)が⾼いほどよい性能を⽰します。

Image001

※出典 : GO-EUC - Windows 7 vs Windows 10 VDI Performance Test

注目!! VBR v10 対 v9.5u4b

さて、VBR v10 もバージョンアップを経て、以前の弊社セミナーでSEの市川が紹介したようにさまざまな新機能が追加されていますが、そのトレードオフとしてパフォーマンスが落ちるようなことがあるのかないのか気になるところですので、実際にバックアップの時間を比較してみました。
 

比較に利用した環境 : ネットワールドのハンズオントレーニングラボを利用して

まったく同じ条件で比較しないと意味がありませんので、このような環境を用意しました。

この環境はESXi まで含めて Nested で仮想化されており、あくまでトレーニングのためのものとお考えください。

※注釈 : Nested とは VMware ESXi の上にさらに VMware ESXi を構築して、入れ子状態になっていることを示します。

そのため、実機と比較してパフォーマンスは劣ります。

Image002

Image003

この環境はネットワールドのハンズオントレーニングで提供している環境です。

神保町にあるネットワールド本社8階、 GARAGE と呼ばれる施設に設置されたプライベートクラウドですが、Nested になっている関係上、実機と比較して遅いものの機能検証などには支障がありません。

また、今回のテーマであるパフォーマンス比較も「同じ条件」という縛りが必要ですので、v10 と v9.5u4b とでソフトウェアとしての相対的な比較は十分に可能と判断し、この環境で検証を実施しております。

ちなみに、普段のセミナーは v10 のインストールメディアを利用しており、今回の検証のためにv9.5u4b のメディアを格納して、それぞれをインストールした環境を構築しました。

比較項目その1 : Active Directory 仮想マシンのバックアップ

AD01 という Windows Server 2016 仮想マシンをバックアップして比較します。

Active Directory のドメインコントローラーの役割をインストール済みです。

これを VBR の vSphere におけるエージェントレスバックアップでバックアップを取得していきます。

なお、AD01 の使用領域は Windows のエクスプローラーにおいて 14.9GB と表示されていました。

Image004

では、気になる結果はどうでしょうか。

下図の左が v10 で、右が v9.5u4b の結果を示しています。

Image005

注目いただきたいのは Duration という項目で、バックアップの所要時間を示しますが、v10 が 6:26 、一方の v9.5u4b が 6:22 とわずか4秒ほど v10 が遅いという結果が得られました。

※注釈 : ここで示す時間は Nested ESXi のものであり、ボトルネックが Source となっていることから、本来の環境ではより高速なパフォーマンスが示されます。

比較項目その2 : SQL Server 仮想マシンのバックアップ

続いて SQL01 という Windows Server 2016 仮想マシンをバックアップして比較します。

SQL Server 2016 と Microsoft が提供するサンプルデータベースである AdventureWorks をリストアして稼働させています。

これも AD01 と同様にエージェントレスバックアップで取得していきます。

SQL01 の使用領域は Windows のエクスプローラーにおいて 26.3GB と表示されていました。

Image006

さて、その結果はというと、下図のとおりになりました。

Image007

同じく Duration に注目いただき、 v10 が 10:06、 v9.5u4b が 10:02 とこちらも4秒ほど v10 が遅いという結果になりました。

バックアップする容量に比例して差が大きくなるかとも予想しましたが、そんなことはなく実容量によらず、同じだけわずかに遅いという結果が示されました。

(今回の例ではそれぞれ同じく4秒の差を確認。)

※注釈 : ここで示す時間は Nested ESXi のものであり、ボトルネックが Source となっていることから、本来の環境ではより高速なパフォーマンスが示されます。

その他、VBR の特色であるインスタントVMリカバリを比較してみたところ、v10 の方がおよそ30秒ほど速く処理できるという結果が得られています。

Image008

※注釈 : 念のため複数回を試行します。

なお、リストアでもバックアップと同様に、今回の検証の範囲内で目立つ有意差は確認できませんでした。

ただし、v10 と v9.5u4b のバックアップ実行時のメモリの様子を Windows 標準のタスクマネージャーで確認したところ、 v10 の方が 500MB ほどメモリの使用量が少ないという傾向が見受けられました。

この実態として SQL Server が使用しているメモリに違いが見受けられたのですが、 v10 の [What's new] で紹介されているデータムーバーによるメモリ最適化の作用である可能性も考えられます。

(v10 では 3.5GB、 v9.5u4b では 4GBを使用。)
 

結果のまとめ

今回の検証で得られた結果としては「新機能が追加されている v10 においても v9.5u4bと比較して、パフォーマンスが下がっているということはなかった!」ということです。

また、本環境においてはインスタントVMリカバリの速度やジョブ実行時のメモリ消費量など、改善されていると見受けられるポイントも確認できました。

これは、「バージョンアップしたからといって余分なリソースを用意しなくてもいい!」ということが言えます。

つまり、バージョンアップに際し、大きな追加コストは必要がないと考えることができるのはないでしょうか。

繰り返しになりますが、以上の内容はあくまで弊社環境での結果をお伝えするという主旨であり、サイジングの指針やパフォーマンスの保証をするものではございませんので、ご注意をお願いいたします。

また、前述のように今回の内容はお客様のトレーニングのための Nested ESXi 環境によるものであり、正しいサイジング指針に従った場合のパフォーマンスではありませんので、重ねてご注意をお願いいたします。

従いまして、ここで示す所要時間やパフォーマンスは本番環境に適用されるものではありません。

 

お知らせ

最後にお知らせですが、ネットワールドでは以前より Veeam Backup & Replication ハンズオンセミナーを開催しており、多くのお客様にご参加いただきご好評をいただいております。

Image009

しかしながら昨今の情勢を踏まえ、当社会場ではなくオンラインでの開催を検討しております。

オンラインハンズオンセミナーは現在スタッフが鋭意準備中ですので、オープンになった際は奮ってご参加くださいますようネットワールド Veeam チーム一同、心よりお願い申し上げます。

記事担当者 : SI技術本部 海野 航 (うんの わたる), 市川 裕基 (いちかわ ひろき)

2018/11/07

Veeam Availability プラットフォーム: ハイパー アベイラビリティがHCIのバックアップへ

本記事の原文はVeeam社のSenior Writerである Julie Tepe氏によるものです。
原文を参照したい方は <こちら > をご覧ください。
情報は原文の投稿時のものですので、現時点では投稿時の情報と製品とで差異が生じている場合があります。
当社のNutanix社製品についてはこちら。本ブログのNutanix関連記事のまとめページはこちら
ネットワールドのNutanix関連情報は、ぜひ当社のポータルから取得ください。
(初回はIDおよびパスワードの取得が必要です。)


2967ffac12be4b28ae2b3405111bad51_th

多くの方がご存じで、認識していきているように従来のITインフラ基盤は時代遅れになっています。

ハイパーコンバージドインフラストラクチャが私たちが環境について考えている事を変えています。

そして、エンタープライズ事業者の方は次の動向を計画しています。

お客様はリスクとコスト(これは現在のレガシーなシステムで構成されているものを仮想化によるすばらしい機敏性を手に入れる事)を最小化したいと考えているのです。

これらの新しい優先順位により、IT部門の方はギアをシフトし日々負荷が高く稼働しているワークロードを予算内に収めるソリューションを探すことがプレッシャーとなっています。同感ですか?良いことにNutanixはお客様が求めているスケールを簡単に実現できるものなのです。

Nutanix のAHVはレガシーのソリューションからクラウドへ再注目しているお客様へ仮想化機能を提供、主導しマルチクラウド環境はビジネスのストレージサイロを排除し管理を分離することにより、ストレージスペース、ビジネス計画開発に必要なスタッフのリソースを節約する事が出来ます。

また、AHVではスナップショットを通したデータ保護と遠隔レプリケーションの機能がありますが、エンタープライズの高いスケーラビリティーがあっても、膨大なデーターリスクとIT部門の方が考慮しなければいけないオンラインでのダウタイムの可能性があります。

NutanixのAcropolisインフラストラクチャーはエンタープライズクラスで、エージェントが不要なデータ保護の為の冗長性が必要なのです。


NutanixはVeeam社とこの冗長性このギャップ(ここのギャップとはお客様が求めている事とITが提供できるもの)を埋めるために提携しました。

Hyper-Available HCIを包括したソリューションでお客様を安心させるものとなります。Nutanix エンタープライズのお客様は現在、IT管理者の方を夜中に起こす "データ保護" という頭痛から解放されています。

Veeam Availablity for Nutanix AHVはVeeamのPlatformの一部でNutanixユーザーの為に特別に設計されました。

これは簡単にWebベースのUIでの利用やPrismと同じような感覚で操作できるようにしているためです。

Veeam Availability for Nutanix AHVは実際にNutanixが作成するSnapshotと連携します。

2つのオプションによりお客様はNutanixAHVのSnapshotによる早いバックアップ、仮想マシンのバックアップや個別ファイル、アプリケーションアイテムの復旧といった事が出来るようになります。

Veeam Availability for Nutanix AHVは簡単操作で、慣れているデザインであるため安心して利用いただけるはずです。

アプリケーション第一の考えはこのソリューション開発における大部分を占めており、私たちが求めているエンタープライズクラスソリューションでの重要な利益を提供するものなので、インフラ全体でのデータロス、従来のインフラストラクチャに付随する管理コスト、やデータ保護の対応に関連するものです。

エンタプライズのお客様は現在HCIへの一歩を踏み出すだけでなく、Veeam Availability for Nutanix AHVによるデータ保護、投資を有効という機会があるのです。

VeeamはNutanix社とのパートナーとお客様へ全てのアプリケーションの保護の為のHyper-Availabilityをお客様へ提供できることをとても誇らしく思っています。

もっと多くの情報を知りたい方はwww.veeam.com.まで

記事担当者 : SI技術本部 カッシー @Nutanix_NTNX

2016/07/01

◆Cisco HyperFlex+Veeam コラボセミナー◆

ネットワールドらぼをご覧の皆さんこんにちは、ネットワールドSI技術本部

システムエンジニアの小野です。

2016年も半分が過ぎ、季節は夏!暑くなって参りました。

弊社メルマガの方では数回に渡ってご案内させていただきましたが、

『HyperFlex+Veeam』のコラボセミナーの日程が迫って参りました。

詳細は下記の通りです。

https://networld.smartseminar.jp/public/seminar/view/643?_ga=1.26350333.1379053860.1436487478

東 京: 2016.07.08(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 60名

福 岡: 2016.07.15(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 30名

大 阪: 2016.07.21(木) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 40名

名古屋: 2016.07.22(金) 13:30~17:00(受付開始13:00~) 定員 30名

大変多くのお客様よりご応募をいただき

東京は満員御礼となりましたが、名古屋、大阪、福岡はまだ空席がございますので、

一人でも多くのお客様にご参加いただければ幸いです。

Cisco HyperFlexそして、Veeamの魅力は当日ゆっくりお話させていただくとして、

今日は嬉しい参加者特典(ノベルティ)をご紹介したいと思います。

おっと、ノートPCの上にHyperFlex!?

Img_00661_3

実機と見紛うほど本物そっくりな、こいつを実機と並べてみました。

Img_00531

ちっちゃい、しかし本物そっくり!

Img_00601

側面はFIになっています。

Img_00651_2

背面も忠実に再現しています!おっと、これはHX240cですね。

中身は当日のお楽しみです!

デスクに飾っていただければ、HyperFlexをいつも身近に視覚的に

お楽しみいただくことができます。

本来ならば、最小構成3台ずつプレゼントしたいところですが、数量に限りがございますので

お一人様一つとさせていただきます。

今後HyperFlexのハンズオンセミナー等も企画中ですので、

ネットワールド×Cisco HyperFlexの今後に、ご期待ください。