株式会社ネットワールドのエンジニアがお届けする技術情報ブログです。
各製品のエキスパートたちが旬なトピックをご紹介します。

PowerScale UPS連携シャットダウン~事前準備編~

皆さんこんにちは。
ネットワールドのストレージ担当の多川です。

今日はIsilonからリブランドされた、PowerScaleのUPS連携について簡単に紹介したいと思います。

他のストレージ製品と同様にSSHを有効化するだけでシャットダウン連携できるのでは?
と思われるかもしれませんが、シャットダウンだけならSSHだけでできちゃいます。

ただし今回は起動まで連動させますが、PowerScaleはIsilon Gen6とは若干仕様が違います。

  • Isilon Gen6:通電でノード起動できたため、PDUかUPSの制御で電源オンできた
  • PowerScale:通電後、前面の電源ボタンを押す必要がある

電源オフはリモートで可能だけど電源オンはオンサイトして電源ボタンを押す、なんてことになると大変なのでOneFS9.0から実装されたIPMIを有効化して連動させることにしました。


ご存じない方のために簡単に説明しますとIPMIとは、Intelligent Platform Management Interfaceの略で、リモートから機器を管理・監視するための機能とお考え下さい。

f:id:networld-blog-post:20201223174448p:plain

IPMI設定概要

今回はIPMIを利用してリモートから電源オンをしたいと思います。

 

PowerScaleではIPMIはデフォルトで無効になっており、有効化しない限り利用することができません。以下はデフォルト値を確認した結果です。

f:id:networld-blog-post:20201223174612p:plain

IPMI設定(デフォルト値確認)

 

# isi ipmi network view
Remote IPMI management is not configured.

# isi ipmi settings view
        Enabled: -
Allocation Type: -

# isi ipmi features list
ID Feature Description Enabled
----------------------------------------------------
Power-Control Remote power control commands  No
SOL           Serial over Lan functionality  No
----------------------------------------------------
Total: 2

# isi ipmi nodes list
Lnn  IP Addr  Remote Ipmi Capable
----------------------------------
1    -        Yes
2    -        Yes
3    -        Yes
----------------------------------
Total: 3

見て頂くとわかりますが、使える機能は電源制御とSerial over LANがあります。

そのままIPMIを有効化していきます。

f:id:networld-blog-post:20201223174833p:plain

IPMI設定(有効化)

# isi ipmi settings modify --enabled=true --allocation-type=static
You are about to modify the global remote IPMI settings. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi settings view
        Enabled: Yes
Allocation Type: static

# isi ipmi network view
  Gateway: 0.0.0.0
Prefixlen: 0
IP Ranges: -

# isi ipmi network modify --gateway=10.40.4.254 --prefixlen=22 --ranges=10.40.5.21
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes
Saving the BMC LAN network configuration failed. Subnet 'subnet0' (10.40.4.0/22) overlaps with 10.40.4.0/22

ここで注意点です。
IPMIはPowerScaleで既に使用しているサブネットと同じサブネットを指定することができません。
(コマンド実行すると失敗し、設定できません。)

気を取り直して別のセグメントを指定します。
今度はレンジ指定で3つのIPアドレスを割り当てました。

f:id:networld-blog-post:20201223174918p:plain

IPMI(IP設定)

# isi ipmi network modify --gateway=192.168.200.254 --prefixlen=24 --ranges=192.168.200.11-13
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi network view
  Gateway: 192.168.200.254
Prefixlen: 24
IP Ranges: 192.168.200.11-192.168.200.13

# isi ipmi node list
Lnn  IP Addr        Remote Ipmi Capable
----------------------------------------
1    192.168.200.12 Yes
2    192.168.200.11 Yes
3    192.168.200.13 Yes
----------------------------------------
Total: 3

# isi ipmi network modify --clear-ranges
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes

すると、若番ノードから順にIPアドレスが振られていません。
このままでも使えはしますが、順に並んでいないと気持ち悪いです。日本人なので。

そこで悪あがきしてみたところ、順に並べることができました。

f:id:networld-blog-post:20201223175045p:plain

IPMI(IP設定)

# isi ipmi network modify --ranges 192.168.200.11-13
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes
# isi ipmi node list
Lnn  IP Addr        Remote Ipmi Capable
----------------------------------------
1    192.168.200.12 Yes
2    192.168.200.11 Yes
3    192.168.200.13 Yes
----------------------------------------
Total: 3

# isi ipmi network modify --remove-ranges 192.168.200.11-12
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi network modify --add-ranges 192.168.200.11-12
You are about to modify the remote IPMI network settings. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi node list
Lnn  IP Addr        Remote Ipmi Capable
----------------------------------------
1    192.168.200.11 Yes
2    192.168.200.12 Yes
3    192.168.200.13 Yes
----------------------------------------
Total: 3

3つのIPレンジから2つのIPアドレスを除去し、再度2つのIPレンジを追加しました。
この時も順に並ぶ保証はないので、うまくいかなければ何度か試してください。

IPアドレスが設定できましたので、機能を有効化していきます。
PowerControlだけ有効化していれば電源制御は可能です。

f:id:networld-blog-post:20201223175130p:plain

IPMI(機能の有効化)

# isi ipmi features modify Power-Control --enabled=true
You are about to modify the setting for this feature. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi features list
ID            Feature Description           Enabled
----------------------------------------------------
Power-Control Remote power control commands Yes
SOL           Serial over Lan functionality No
----------------------------------------------------
Total: 2

# isi ipmi features modify SOL --enabled=true
You are about to modify the setting for this feature. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi features list
ID            Feature Description           Enabled
----------------------------------------------------
Power-Control Remote power control commands Yes
SOL           Serial over Lan functionality Yes
----------------------------------------------------
Total: 2

続いてIPMIで使用するユーザを設定していきます。
パスワードの要件が16文字以上20文字以内と比較的長めのパスワードが必要です。

f:id:networld-blog-post:20201223175207p:plain

IPMI(ユーザ設定)

# isi ipmi user view
Username: -

# isi ipmi user modify --username=ipmiuser --set-password
password: password
confirm: password
This will modify the remote IPMI user. Are you sure? (yes/[no]): yes
Error in field(s): password
Field: password has error: The string size in bytes must be greater than or equal to 16. Input validation failed.

# isi ipmi user modify --username=ipmiuser --set-password
password: passwordpasswordpassword
confirm: passwordpasswordpassword
This will modify the remote IPMI user. Are you sure? (yes/[no]): yes
Error in field(s): password
Field: password has error: The string size in bytes must be less than or equal to 20.
If the string contains non-ASCII characters that are larger than a single byte, the maximum character length will be smaller.
Input validation failed.

# isi ipmi user modify --username=ipmiuser --set-password
password: passwordpassword
confirm: passwordpassword
This will modify the remote IPMI user. Are you sure? (yes/[no]): yes

# isi ipmi user view
Username: ipmiuser

これでPowerScale側の設定は終わりましたので、次はiDRACを見ていきましょう。

ログインはいつものデフォルトcalvinではないのでご注意ください。
製品前面のタグを引っ張り出し、その裏面にパスワードが記載されています。

iDRAC側のユーザを見ていきましょう。

f:id:networld-blog-post:20201223175245p:plain

IPMIユーザのiDRAC上の表示

確認すると先ほど設定したIPMIユーザが存在しているのがわかりますね。

次に、実際にIPMIコマンドでPowerScaleにコマンド発行できるか試してみたいと思います。

Windows上で使えるIPMIツールは「Dell EMC iDRACツール」内に含まれていますので、テストはこのツールを使っていきます。

f:id:networld-blog-post:20201223175332p:plain

IPMIツールの入手

ダウンロード後、インストールするとIPMIを利用できます。

早速実行してみます。

f:id:networld-blog-post:20201223175412p:plain

IPMI動作確認
C:\>ipmitool.exe -I lanplus -H 192.168.200.11 -U ipmiuser -L OPERATOR -P passwordpassword power status
Chassis Power is on

今回は電源ステータスの取得をIPMIで行いましたが問題なく情報取得できました。

ただし、今回はUPSソリューションズ社のシャットダウンボックスという機器を使用してIPMI実行しますが、この機器は権限Operatorで実行できずAdministratorでの実行となってしまいます。

C:\>ipmitool.exe -I lanplus -H 192.168.200.11 -U ipmiuser -L ADMINISTRATOR -P passwordpassword power status
Set Session Privilege Level to ADMINISTRATOR failed: Unknown (0x81)
Error: Unable to establish IPMI v2 / RMCP+ session

そのため以下のようにiDRAC側でIPMIユーザの権限の変更をすると、Administratorで実行できるようになります。

f:id:networld-blog-post:20201223175456p:plain

IPMIユーザの権限変更
C:\>ipmitool.exe -I lanplus -H 192.168.200.11 -U ipmiuser -L ADMINISTRATOR -P passwordpassword power status
Chassis Power is on

ただしこの設定は、故障などでノード自体を交換すると再設定する必要がありますので、ご注意ください。

 

また、こんな事しなくてもPowerEdgeベースだからBIOSで通電と同時に自動起動の設定にすれば良いのでは?
と考えられるかもしれませんが、確認したところ残念ながらサポート範囲外となってしまうそうです。

 

ということで、今回はPowerScaleのシャットダウン連携準備編でした。
次回は実際のシャットダウン連携をお送りします。

次回もお楽しみに!

 

Networld Techのブログ一覧はこちら!

www.dell.com