株式会社ネットワールドのエンジニアがお届けする技術情報ブログです。
各製品のエキスパートたちが旬なトピックをご紹介します。

Volume毎のノード振り分けについて

こんにちわ
ネットワールドストレージ担当小野です。

 

今回はPowerStoreの話をしたいと思います。
ネットワールド内でPowerStoreの検証を行っている際にノードの負荷分散、振り分けについて
なるほど!というようなことが一部分かったので、改めて紹介したいと思います。

まずPowerStoreでVolumeを作成するとノードの振り分け状態は「System_Select_At_Attach」という状態になります。
これはいわゆるまだどこのノードにも振り分けられていない状態ですね。スクリーンショット (130).png

 


では、いつのタイミングでノードに振り分けられるかということになりますが、
こちらは実際にホストにアサインしたタイミングとなります!

ホストにアサインした後の状態がこんな感じです。スクリーンショット (131).png

 

実際に「System select NodeA」「System select Node B」となっているのが分かるかと思います!
この状態だと何となく均一になっているように見えますが、数が多くなると異なったり、
奇数と偶数でNodeを振り分けたいなど色々なことが運用面でもあるかと思います・・・多分

そんな時はPSTCLIを使って変更することが可能なんです!!

pstcli volume -node_affinity コマンドというものがあり、これを使って変更することが出来ます。
オプションとして「System_Select_At_Attach」、「Preferred_Node_A」、「Preferred_Node_B」があり、
システムとしてアタッチしているものを変更する際はSystem_Select_At_Attachを使うことで変更できます。
スクリーンショット (133).pngスクリーンショット (134).pngスクリーンショット (135).png

 

真ん中あたりのNode_Affinityが変更されているのが分かるかと思います!
Preferred_Nodeの方で試しても同じ個所が変更されるので、ぜひお試しください!!

検証など行っているときにノードのへの偏りが発生した際にこのコマンドを使って均一にしてみたことがあったので、
今回改めて紹介させていただきました。
他にも色々なコマンドがあり、やりたいことが実装できそうなものがあれば紹介していきたいと思います。


Networld Techのブログ一覧はこちら!​

https://www.networld.co.jp/product/emc/tech-blog/